Gamer Blog [Loxley-Note]

ゲーム・自作PC・モバイル機器の記事を中心としたサブカルチャーブログです。たぶん。

『FF14』ドマ式麻雀で有段卓に挑戦してきた!



ドマ式麻雀の有段卓に挑戦!

最近は(筆者的に)FINAL FANTASY XIVのメインコンテンツ「ドマ式麻雀」の勝率があんまりよくないのだけど、気分を変えるためにあえて有段卓に挑戦してきた。

CF

有段卓は初段以上で挑戦可能で、一般卓と比べると若干マッチングに時間がかかる。一般卓はゴールデンタイムだとほぼ即シャキだが、有段卓だとメンツが集まるまでに数分かかる。といっても3分以内にマッチングするのだが。

 

不思議なことに「有段卓」なのに、なぜか若葉マーク(初心者マークみたいなもの)がいるのが解せない。が、そこはFF14なのでなんでもありというか、わりと冗談抜きで麻雀目当てにFF14をプレイしている人が多いのだろう。フリートライアルだとLV35までは課金せずに麻雀を延々楽しめるらしい。ちなみに筆者はレガシープレイヤーであり、月額1058円をスクエニに納めている。で、今年になってからはほぼFCチャットと麻雀しかやってない。 

ファイナルファンタジーXIV フリートライアル [ダウンロード]

ファイナルファンタジーXIV フリートライアル [ダウンロード]

 

 

五段と四段がいるんだが・・・

マッチングしてメンツをチェックすると、全員レート1600超えの「月下の雀士」は当然として五段と四段がいたりする。さらに一人はレート1800を超えている。

レート1800というとほぼ最下位はなく、最悪でも二位以内をキープしてきている猛者ということになる。

メンツ

絶望しか感じない。(=ω=) <ちょっと後悔した。

 

メンツ

対局を始めてみると、やっぱり五段のプレイヤーが強い。飛び抜けて強い。配牌がいいだけでなく組み立てが高速でつけ入る隙がない。

 

隙がないのだけど、五段の打ち方を見ていてあることに気がついた。

カケグルイ

手の内が読めた!(画像「賭ケグルイ」より)

 

この人、正攻法の雀士で多面待ちなのだ。つまり字牌は早々に捨て、数字牌で多面待ちの形にしてくる。見たところ字牌を絡めてのトイトイなど奇襲はしてこない。

 

ということはタンヤオ+ドラ+赤ドラ狙いで高速上がりで攻めてみたらいい勝負できるんじゃないか?さらにこれを自分が親の時に徹底したら?

 

メンツ

作戦成功で唯一五段と五分の勝負が出来るようになってきた。こうなるともう手数の勝負である。

配牌も良くて混一色・清一色も上がることが出来た。

 

以後、フリコミに注意してきな臭い勝負は避け、

メンツ

どうにかトップで終わることが出来た。

 

有段卓は作戦が必要

一般卓はビギナーもいるので配牌次第の運任せ勝負的なところがあるが、有段卓は作戦を立てて読み合いに勝たないと二位以内に入ることは難しいと思う。門前多面待ちが基本で、リーチをかけるとノーガードの殴り合いになってしまうので避けたほうが無難だと思う。

 

ちなみにこのゲームは(とてもそうとは思えなくなってきたけど)ファイナルファンタジーです。


サブブログ / YouTube Loxley Channel / FF14アンテナ / TOPに戻る

  • このページでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。
  • 当ブログ記事の2ch系まとめサイトへの無断転載を禁じます。
  • 投稿した記事内容は私的なものであり、所属する組織・団体に関連性はありません。
  • Loxley-Noteは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。