Gamer Blog [Loxley-Note]

ゲーム・自作PC・動画などの記事を中心としたサブカルチャーブログです。たぶん。

『FF14』初見で行った新アライアンスレイドダンジョン「楽欲の僧院 オーボンヌ」は禁忌都市マハを思い出す地獄だった



FINAL FANTASY XIV パッチリリース当日は新コンテンツ「ドマ式麻雀」に夢中になってしまい、他の新コンテンツを一部しか回ることができませんでした。 

loxley-note.hatenablog.jp

二日目は青龍戦と「楽欲の僧院 オーボンヌ」のクリアが目標です。後者はコンテンツ開放までが長かったですねぇ・・・。

以下、若干ネタバレあり。

 

楽欲の僧院 オーボンヌ

リターン・トゥ・イヴァリースシリーズ第三弾、「楽欲の僧院 オーボンヌ」は初日からその高難易度で時間切れやギブアップが予想されていました。FF14のアライアンスレイドダンジョンはギミックが解明されるまでだいたい難易度が高いんですよねぇ。初見殺しもあるし。

オーボンヌ

筆者はリリース当日にオーボンヌを開放はしたものの、突入は後回しにしていました。FCやらネットの情報を聞くにけっこう大変そうだということは知っていたのですが、まさかここまで大変だとは。

 

雷神シド

初日はネタバレを避けるためFCでも詳しく聞く人はいなかったのですが、おそらくオーボンヌで一番大変なのはラスボス手前の中ボス「雷神シド」ではないでしょうか。シドは筆者が初オーボンヌで一番苦労したボスです。実際ここ以外は全滅もありませんでしたし。(そもそもパーティに赤魔道士が3人いて全滅て・・・)

ダンジョンクリア時、40分以上は残り時間があったのですが、半分以上はこのボスの攻略に時間を費やした気がします。(4回全滅して5回目で全員パターンを把握してあっさりクリア)

雷神シド

バトルフィールドを見た瞬間、禁忌都市マハを思い出しました。あー、これは「アレ」が来るな、と。 

loxley-note.hatenablog.jp

で、案の定各アラ外周に捨てにいく処理はあるのですが、それはまだ序の口で。範囲攻撃や追従攻撃等の種類をきっちり把握して回避したり、ギミックをちゃんと処理しないと全滅します。(しました)

攻撃パターンさえ理解してしまえば怖い敵ではないのですが、二日目でこれだけ苦労したのですから、初日は時間切れやギブアップが多発してもおかしくないですね。

 

オーボンヌをクリア

時間的余裕はあったものの、それでもFF14名物ギブアップ投票が何度も表示されましたし、これから週末にかけてクリア難易度は変わらないような気がしました。これから極青龍戦に人気が集中するでしょうし、アライアンスレイドダンジョンに経験者があまり来なくなりそう。安定するのは来週のリセット日以降かな。

ちなみにドロップ品はIL390防具で、筆者は遠隔魔法DPSの腰装備をいただいてきました。


調べるブログ(サブブログ) / YouTube Loxley Channel / FF14アンテナ / TOPに戻る

  • このページでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。
  • 当ブログ記事の2ch系まとめサイトへの無断転載を禁じます。
  • 投稿した記事内容は私的なものであり、所属する組織・団体に関連性はありません。
  • Loxley-Noteは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。