Gamer Blog [Loxley-Note]

ゲーム・自作PCの記事を中心としたサブカルチャーブログです。たぶん。

年末年始休み用に『Diablo3(Nintendo Swicth)』を購入しました



Nintendo Swicth用のDiablo3が発売された

昨日、Nintendo Switch用の「Diablo3」が発売されました。発売されるギリギリまで購入するか悩んでいたんですが、決め手となったのはgamewatch誌のレビュー記事でした。

game.watch.impress.co.jp

筆者はPC版の「ディアブロ III」を今でも時々プレイしている。しかし、6年半前に発売された時点では、それほど熱中しなかった。過去のシリーズは下手をすると数千時間プレイしたかもしれないが、「ディアブロ III」はせいぜい数十時間でいったん見切りをつけた。  はっきり言おう。初期の「ディアブロ III」は駄作だった。しかし今の「ディアブロ III」は紛れもない名作になった。過去の2作品と比べても遜色ないか、それ以上だと感じている。いったい何が本作を駄作にして、なぜ名作になったのか。 

これ、本当のことでして、PC版のDiablo3って初期の頃は失敗作と言っていいレベルの出来だったんですよね。で、拡張パッケージ(クルセイダーが登場したあたりかな)が出た頃から面白くなってきたんですよね。初期は本当に酷かった。ハクスラなのに自分がフレンドと苦労してゲットしてきた武器よりオークションで捨て値で売ってある武器の方が強くて。

そんなこともあって筆者も初期は40時間ほどプレイしてやめてしまいました。その後拡張パッケージが発売されてクルセイダーで20時間ほどプレイしましたけど。

 

Nintendo Switch版はどうか?

Diablo3はPS4で日本語版が先に発売されていたわけですが、筆者は購入しませんでした。なんとなくDiabloってマウスでプレイするものだよなーという気がしていまして。 

Diablo3 for NS

で、今回初めてCS機のDiablo3をプレイしてみたわけですけど出来はなかなかいいですね。クルセイダーを選択してシーズンで始めたんですけど、Joy-Conは軽くて操作しやすいです。(長時間プレイするならProコンの方がいいですけど)

特にハクスラであるDiabloシリーズと携帯機としても使えるNintendo Switchの相性はよくマッチしていると思います。プレイ中にスリープ中断して本体を持って移動、そのまま継続してプレイができる。ホント、悪魔的な中毒性のあるゲームです。

PVはやや盛り過ぎかなーとも思いましたが、この中毒性を表現したかったのかもしれませんね。 

youtu.be

Nintendo Switch版独自の要素としては特典アイテムが保管箱に入っていることでしょうか。(amiiboポータルとガノフ装飾?)

amiiboポータルはメニューから選択してコントローラーにamiiboをかざすとそこそこ強い敵が出てきて戦闘になります。倒すとアイテムが入手できます。

 

楽天でダウンロード版を購入

ちなみに筆者はダウンロード版を購入しました。(ゲームカードを入れ替えるのが面倒なので) 

購入は楽天からです。ダウンロード版の購入はポイント込みだと楽天が一番安いんじゃないかな。Nintendo e-shopとAmazonは利用する人が多いですけど、楽天のダウンロードはあんまり知られていないイメージです。


調べるブログ(サブブログ) / YouTube Loxley Channel / FF14アンテナ / TOPに戻る

  • このページでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。
  • 当ブログ記事の2ch系まとめサイトへの無断転載を禁じます。
  • 投稿した記事内容は私的なものであり、所属する組織・団体に関連性はありません。
  • Loxley-Noteは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。