Gamer Blog [Loxley-Note]

ゲーム・自作PC・動画などの記事を中心としたサブカルチャーブログです。たぶん。

『ワールドエンド・シンドローム』Nintendo Switch版プレイレポート:神代沙也ルートをクリアした話



Nintendo Switch用ADVゲーム「ワールドエンド・シンドローム」をプレイ中である。

このゲームは夏休み前の序盤パートと夏休みに入ってからの一ヶ月間のパートに別れている。ゲームの攻略内容はこの「夏休みパート」を何度もまわって真実にたどり着く、といった感じのようだ。(たぶん)

※以下、若干ネタバレあり

続けてみるとなかなか面白い

前回、本作についてキャラクター同士の会話や、システム面にちょっと違和感を感じたという記事を書いた。

loxley-note.hatenablog.jp

 

夏休みパートに入って最初にBAD END、神代沙也ルートをクリアし、
「相変わらずシステム面に違和感と使いにくさを感じるが、ストーリーはなかなか面白い」
という感想に変わった。

どことなくキャラクターの会話にぎこちなさを感じたのは序盤パートのみで、夏休みパートに入ってからは「ミス研」のメンバーの会話のテンポがよく、ストーリーを進めるのがなかなか楽しい。

ただし、システム面はかなり古臭い。「レイジングループ」など他の作品の場合、どのルートをたどったか等、ストレスなくシナリオを進めることができるように配慮されているが本作にはそれが期待できない。

レイジングループ|オンラインコード版

レイジングループ|オンラインコード版

 

ゲーム中、ミッションのクイズで回答を選択することになるが、Failed判定になった場合、タイトルに戻ってセーブデータからやり直すのが非常に手間だ。

このセーブ方式も問題でゲーム中、自由にセーブができない。ゲームカートリッジを複数交換しながらプレイしている人には不便だろう。

 

ちなみに筆者が購入したのはダウンロード版。
ダウンロード版にした理由はゲームカードを入れ替えるのが面倒だったからということと、Nintendo Switch用のゲームは中古で売る気がないから。(ついでにいうとダウンロード版の方がmicroSDカードを使う分若干速い) 

ワールドエンド・シンドローム - Switch

ワールドエンド・シンドローム - Switch

 

 

ゲームカードよりDL版でmicroSDを利用した方が速い件については以下の記事で紹介している。

loxley-note.hatenablog.jp

 

神代沙也ルートをクリアする 

夏休み編に入ると選択肢が一つしかなく、いきなりBAD ENDとなる(これは電撃オンラインなど各メディア誌で本作発売前に掲載されている内容) 。

で、筆者が最初に選んだルートは(結果的に)神代沙也ルートとなった。

ヒロインクラスの「楠瀬舞実」「甘奈未海」は最初からルートが開放されていないようで、他のキャラクタールートをクリアしてから開放となるようだ。

f:id:Loxley:20180908214736j:plain

というわけで神代沙也ルートをじっくりプレイすることにしたわけだが、準ヒロインクラスと思っていたこのキャラクターがなかなかいい。いわゆるツンデレ系担当と予想していたのだが、15歳という設定の割には思慮深く、それでいてお嬢様である故か世間知らずなところも魅力的である。

BAD END以降の最初のルートは続きが見たくて一気に終わらせた。が、魅果町の伝承どおりというか、黄泉人伝説に巻き込まれてしまったようで再び夏休み最初からプレイを始めることになる。(つまりTrue Endではないということ)

 

甘奈未海ルートはまだまだ先

次はミステリアスな登場人物、「甘奈未海」ルートをプレイしてみたかったのだが、前述したように解放条件があるようで、このキャラクターのルートを遊べるのはまだまだ先のようだ。 

f:id:Loxley:20180908214743j:plain

キャラクタールートを一つ一つクリアし、魅果町と黄泉人伝説の謎を解き明かしていくのがこのゲームの目標となっているようだ。 

しかしながら全く関心のないキャラクターのルートを終えてからお目当てのキャラクターのルートがプレイできるようになるのはもどかしい。

週末だけプレイし、1~2ヶ月くらいでのんびりクリアするくらいのプレイスタイルのほうが楽しめそうだと思う。

急ぎでなければのんびりと「ながらプレイ」をお勧めする。システム面はかなり古くさいので「急がばまわれ」くらいの心構えでないと早々に飽きるかもしれないのでご注意を。


調べるブログ(サブブログ) / YouTube Loxley Channel / FF14アンテナ / TOPに戻る

  • このページでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。
  • 当ブログ記事の2ch系まとめサイトへの無断転載を禁じます。
  • 投稿した記事内容は私的なものであり、所属する組織・団体に関連性はありません。
  • Loxley-Noteは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。