Gamer Blog [Loxley-Note]

ゲーム・自作PC・動画などの記事を中心としたサブカルチャーブログです。たぶん。

配信されたばかりのスマホゲー『フリージング・エクステンション』を始めてみた!



「フリージング・エクステンション」リリースされる

8月23日(木)にスマートフォン用ゲーム「フリージング・エクステンション」がリリースされた。リリース当日はアクセス集中でゲームが進まなかったり、Googleアカウントとの連携が出来なかったりと問題が発生していたようだが、とりあえずは好評のようだ。

f:id:Loxley:20180824211256j:plain

筆者は原作漫画の「フリージング」のファンであり、シリーズをKindle版で全て購読している。 が、スマホゲーだし、どうせ期待ハズレだろうと思っていた。原作が人気のスマホゲーは期待ハズレの出来のものが多く、開発費の早期回収を目的とした重課金であることも多い。

そんなわけで原作ファンの筆者はアプリがリリースされることは知っていたものの、あんまり期待はしていなかった。

 

 

Live2D利用か?キャラがグリグリ動く

で、リリース翌日、まともにゲームができそうなのでダウンロードしてプレイしてみたのだが、これが予想以上の出来で。

フリージングのキャラクターが「デスティニーチャイルド(以降デスチャ)」のように2Dでグリグリ動くのだ。

システム面もデスチャと似通っている。

 

そうなるとできの良いキャラゲーなわけで、

f:id:Loxley:20180824211307j:plain

ヒロインだけど☆3のサテライザーはさっさとパーティ編成から外し、無料で引いた強キャラに変更していく。 

 

☆5キャラ

トップクラスのパンドラ「ユリア・ムンベルク」が出た瞬間、えらい序盤から大量放出するゲームだなと思ったのだが、

f:id:Loxley:20180824211317j:plain

続けて最強のパンドラ「イ・スナ」が出たところで、これはサービス開始直後のボーナスタイムだと筆者の中で確定した。

f:id:Loxley:20180824211327j:plain

 

☆4キャラ

さらにガチャは続く。

「シフォン・フェアチャイルド」を引いてしまい、個人的に驚いたのだが、ゲーム内では☆4の扱い。

f:id:Loxley:20180824211341j:plain

 

「アミリア・エヴァンス」は登場回数は少ないのだが、☆4。

f:id:Loxley:20180824211352j:plain

 

現役を引退している教官「キム・ユミ」が☆4。

f:id:Loxley:20180824211403j:plain

 

☆3キャラ

個人的にはフリージングの中でもかなり好きなキャラ「アーネット・マックミルラン」は☆3の扱い。これは仕方のないところか。ドラゴンボールでいうと桃白白あたりが登場していた頃の中堅キャラだし。

f:id:Loxley:20180824211413j:plain

 

で、リセマラなど面倒なことはやったこともない筆者の序盤は、とりあえずこんな編成にして強化していこうと思ったのだが、

f:id:Loxley:20180824211426j:plain

 

デスチャのように、1回だけ購入できる激安の「120円スタートダッシュパック」なるものが!

f:id:Loxley:20180824211436j:plain

チャリーン(←課金の音) 

 

アディオス!無課金勢! 

筆者は良作にはきっちりお布施する派なのだ。

 

そんなわけでさらにガチャに挑戦する。

 

☆4の「ホーリー・ローズ」と、

f:id:Loxley:20180824211444j:plain

 

☆4の「キャシー・ロックハート」をゲット!

f:id:Loxley:20180824211452j:plain

パンドラ最強クラスが続々集まり、ハイテンションでそのままキャラを強化してゲームを始めた。

 

システムはデスチャに近い

先に韓国でリリースされている作品のためか、ゲームシステムはデスチャに近い。キャラの強化や進化、装備などほぼデスチャの知識でいける。スマホゲーというと新作が出るたびにシステムや操作面をチュートリアルで憶えなければならず、うんざりしていて最近はFGOくらいしかやってなかったのだが、このゲームのバトルやシステムはさほど複雑ではなく、わりと気軽に始めることができる。

バトルについてもよくある地水火風や近接遠隔攻撃といった属性による有利・不利ではなく、ジャンケンによる強弱になっているのも非常にわかりやすい。

 

この週末のゲームはフリージング中心でプレイしようと思う。

 

というか原作ファン的には是が非でも「シャルル・ボナパルト」が欲しいのだが、

フリージング10 (ヴァルキリーコミックス)

残念ながらゲームで登場するキャラは原作絵ではないらしい。 

 

補足:フレンド申請

ゲーム内にフレンド申請なるものがあるが、できるだけ速やかに編成でリーダーをサテライザーから他のキャラに変えておこう。(デフォルトキャラ以外の方がフレンド申請が来やすい)

 

原作はこちら 

フリージング1 (ヴァルキリーコミックス)

フリージング1 (ヴァルキリーコミックス)

 

人類を襲う「異次元体」との戦いで姉を失った少年 カズヤは、異次元体対応作戦学校「ゼネティックス」へと編入する。 そこは未知の敵との戦いに備え、少年少女たちがしのぎを削る学園だった! 学園最強の女生徒、サテライザーに姉の面影を感じたカズヤは、彼女へと近づいていくが……。 禁断の学園SFアクション、ここに開幕!! 

フリージングはKindle Unlimited対象です。面白いよ。

 


調べるブログ(サブブログ) / YouTube Loxley Channel / FF14アンテナ / TOPに戻る

  • このページでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。
  • 当ブログ記事の2ch系まとめサイトへの無断転載を禁じます。
  • 投稿した記事内容は私的なものであり、所属する組織・団体に関連性はありません。
  • Loxley-Noteは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。