Gamer Blog [Loxley-Note]

ゲーム・自作PC・動画などの記事を中心としたサブカルチャーブログです。たぶん。

『世界樹の迷宮X(3DS)』探索日記:レベルが20となり初期パーティメンバーの役割が明確化してきた話



8月2日に発売された3DS用ゲーム「世界樹の迷宮X(クロス)」の初期パーティメンバーがやっとレベル20に達した。

進捗は第三迷宮「原始ノ大密林」と小迷宮「巨人の遺跡」をそれぞれ攻略中、といった状況だ。

やっと役割が明確化

レベル20でVeteranスキルの取得も開放され、やっとそれぞれのメンバーも役割を果たせるようになってきたと思う。

筆者のパーティ編成を以下に記す。

  • ヒーロー・・・メイン盾兼アタッカー
  • プリンセス・・・支援(バフ要員)
  • レンジャー・・・アタッカー、探索、属性攻撃、妨害
  • ガンナー・・・アタッカー、妨害
  • メディック・・・回復兼デバッファー

 

現在の編成に関する所感を以下に書き出してみた。

ヒーロー

最初は不安視していたヒーローのメイン盾だが、「鼓舞」「勇者の絆」「シールドアーツ」の習得段階が進むと盾職としてはかなり使えるようになってきた。削り役としては残像による手数増加も大きい。パーティが危機的状態に陥った場合のフォースブースト、フォースブレイクにもいいものが揃っていると思う。

 

プリンセス

バッファー兼ヒーラーとして非常に優秀なプリンス・プリンセス。序盤から活躍していたものの、中盤以降は削り能力を持たないとしんどいかもしれない。エレメンタルボムIがVeteranになって開放されるので試してみたい。

 

レンジャー

属性攻撃、妨害スキルが揃っていて探索活動もこなしてくれる野外活動のエキスパート。 ここから先は探索・妨害・削りのどれを伸ばしていくか悩みそう。

 

ガンナー

Noviceの頃から優秀なスキルが揃っていたが、Masterまで進まないと単体で属性攻撃を持っていないのが残念なところ。Veteranで習得する「ペネトレイター」は貫通攻撃が可能になり、かつパッシブスキルなので非常に使える。ぜひ憶えておくべき。

 

メディック

レベル10台まで特にやらせることもなく、回復も余剰で存在感皆無だったが、Noviceのヘッドドロップ、Veteranのスタードロップを習得してから戦闘中のデバッファーとしても活躍できるようになった。

 

以上、ゾディアックがいないため属性攻撃に弱点があるが、元々バッファー(プリンセス)に頼る編成であったため気にしないことにする。

 

レベル20ともなるとステータスについては、各職業の特色によってずいぶんと差がついてくることになる。

loxley-note.hatenablog.jp

 

レベル上げ効率について

筆者はDLC「冒険者育成計画」および「冒険者開運計画」を購入していない。というのも本ゲームにおいてバランスブレイカーである可能性があるためだ。

一応、ここまでのダンジョン探索からアトラスQAチームのレベリング検証はきっちりなされているという認識なので、それを壊すDLCはゲームの楽しみを奪うのではないかと考えている。(Twitterでその手の危惧をしている方を何人か見かけた)

DLCを使用するのであれば第二パーティ、収穫専用パーティなどに限った方がよいだろう。BASICでのレベル上げはちょうどよい難易度だが、エキスパートやヒロイックのレベル上げが苦しいからと言って経験値アップDLCを買ってバランスを崩壊させるのは本末転倒かなとも思う。人それぞれではあるが。

 

f:id:Loxley:20180805140236j:plain

 

最後に筆者ギルドのカードを更新しておいたので必要な方はQRコード登録をお願いします。(ΦωΦ)b

f:id:Loxley:20180805090836j:plain

 


調べるブログ(サブブログ) / YouTube Loxley Channel / FF14アンテナ / TOPに戻る

  • このページでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。
  • 当ブログ記事の2ch系まとめサイトへの無断転載を禁じます。
  • 投稿した記事内容は私的なものであり、所属する組織・団体に関連性はありません。
  • Loxley-Noteは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。