Gamer Blog [Loxley-Note]

ゲーム・自作PC・動画などの記事を中心としたサブカルチャーブログです。たぶん。

『世界樹の迷宮X(3DS)』探索日記:勇者パーティ、ゴーレムに初敗北を喫する



8月2日に発売された3DS用ゲーム「世界樹の迷宮X(クロス)」を自身初の試み、「パラディンなし・ヒーロー盾構成」でプレイ中だ。 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/L/Loxley/20180626/20180626212143.jpg

その後どうにか第二の迷宮「碧照ノ樹海」をクリアし、現在は第三の迷宮「原始ノ大密林」を攻略中だ。

しかし、B1Fを踏破したところで小迷宮「巨人の遺跡」が気になり、寄り道してみることにした。これまでの小迷宮はさほど難易度の高いダンジョンではなかったため、持久力だけは自信のあるギルド「野クル」ならばなんとかなるだろうと思ったのである。

 

ちなみにワールドマップおよび小迷宮の採用は本作が初とのこと。

loxley-note.hatenablog.jp

 

ゴーレムに初敗北を喫する

街の酒場でとある人物の話を聞いて「巨人の遺跡」に向かうとNPCと合流することになる。合流してそのままダンジョン内を探索し、クエスト目的はすんなり果たせた。

しかしNPCの話す内容からどうも奥に強いボスがいる模様。

道中、苦労することもなかったのでボスと戦う十分は強さはあるだろうとふんで扉を開けたのだが・・・。

 

結果は惨敗。強すぎる。

相手はいかにもメカ風のゴーレムで、物理耐性があり、属性攻撃には弱い。

dic.pixiv.net

 

そこでプリンセスのアームズ系スキルを多用して削っていたのだが、ターンが進むと突然ゴーレムが「リフレクション」なる技を発動する。これは属性攻撃をしてきた相手に強烈なカウンターを繰り出す技のようで、自パーティの該当メンバーは弾かれた属性攻撃で即死することになる。

だったらしょうがないということで(持久力には自身のあるパーティだし)チマチマと物理攻撃で削っていくことにした。

すると今度は「リジェネ」なる毎ターン回復スキルを使用し、こちらが削ったHP以上に回復していくのである。エグイ。(=ω=;)

頭・腕封じ攻撃もなかなか成功せず、ジリ貧になってそのままゲームオーバー。(難易度BASICなのでワンチャンあるのだが、それに気が付かずゲームを終了させてしまった)

 

現在はリベンジのために「原始ノ大密林」でレベル上げ中だ。小迷宮クリアのために第三迷宮でレベリングというのは本末転倒かもしれないが、誰と競うわけでもないし、のんびり攻略していこうと思う。

 

ヒーローは攻守に活躍できる

しかし思いの外、ヒーローの盾適正は高く、攻撃と防御を兼ね備えていることはわかった。(ドラクエでいうと勇者なわけだからそりゃそうなのだが)

f:id:Loxley:20180805003727j:plain

パラディンだと壁役に徹するしかないわけだが、ヒーローの場合、「シールドアーツ」スキルを使用することで自分の攻撃番まで守備力を上げることができる。

さらに筆者のパーティ編成ではプリンセスを入れているので攻撃・防御の号令との相性もいい。属性が必要な時はアームズ系スキルを使用する。

 

レベル10台半ばでゴーレムに初挑戦した時は敗北するしかなかったが、第三迷宮クリア後にリベンジしようと思う。

 

世界樹の迷宮クロス|オンラインコード版

世界樹の迷宮クロス|オンラインコード版

 

 


調べるブログ(サブブログ) / YouTube Loxley Channel / FF14アンテナ / TOPに戻る

  • このページでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。
  • 当ブログ記事の2ch系まとめサイトへの無断転載を禁じます。
  • 投稿した記事内容は私的なものであり、所属する組織・団体に関連性はありません。
  • Loxley-Noteは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。