Gamer Blog [Loxley-Note]

ゲーム・自作PC・動画などの記事を中心としたサブカルチャーブログです。たぶん。

『FF14』描画制限をかけると消費電力はどの程度変わるのか調べてみました



節電エコチェッカーを使う

先日、消費電力を計測する「節電 エコチェッカー ET30D」を購入し、所有しているPCの消費電力をいろいろと調べていました。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/L/Loxley/20171230/20171230035143.jpg 

節電 エコチェッカー ET30D

節電 エコチェッカー ET30D

 

 

年末年始休みで時間のある筆者はベンチマークやら仮想通貨マイニングなどの消費電力を調べていたのですが、気になるのは長時間プレイするMMORPGの消費電力です。

loxley-note.hatenablog.jp

FINAL FANTASY XIV(FF14)のようなMMORPGをプレイする時はアプリケーションを一日起動しっぱなしという人も多いと思います。ではこのゲーム、どのくらいの電力を消費しているのでしょうか。

以下の環境でシステム消費電力を計測してみました。

  • Core i5 8600K
  • DDR4メモリ 16GB
  • Manli GeForce GTX1070
  • M.2 SSD 1TB
  • HDD 2TB x2
  • Blu-Rayドライブ
  • SilverStone 1200W Gold
  • ウルトラワイドモニタ

 

ウルトラワイドモニタはFPSゲームをプレイするので「LG34UC79G-B」を使用しています。

 

描画制限をかけて消費電力を測定する 

FF14には描画制限を設定する機能があるのでfps制限を変えてみます。

f:id:Loxley:20180102132925j:plain

無制限と36fpsは意味がないので省略します。 

 

リフレッシュレート 144fps

とりあえずヌルヌル動かしたいのでZotac GeForce GTX1060 6GBを使っていた頃からリフレッシュレートは144fpsにしていました。(それと後述するウィンドウモードでのカクツキがきになったので)

概ね、230Wほどの消費電力でした。

アサシンクリード オリジンズの消費電力と変わらないのでこのまま長時間放置は電気代的によくないですね。

 

リフレッシュレート 72fps

リフレッシュレートを72fpsに制限して消費電力を計測すると消費電力は180~190Wほどになりました。

 

FF14のウィンドウモードはエーテライトやマーケット付近にいるとカクツキが気になり、リフレッシュレートを最大に設定していました。

loxley-note.hatenablog.jp

しかし現在のバージョンのFF14はこの問題が解決しているようですね。72~73fpsから大きく落ち込むことはありませんでした。 

 

アプリケーション非アクティブ時にfps設定を制限する

消費電力は概ね100W以下で推移していました。

 

離席時にfps設定を制限する

離席にするとfpsは18に制限され、消費電力は115Wほどになりました。

 

総括

長時間プレイする、あるいは放置しておく可能性のあるFF14はリフレッシュレートの制限と離席時のfps制限を行うと電気代をかなり抑えることができそうです。('ω')


調べるブログ(サブブログ) / YouTube Loxley Channel / FF14アンテナ / TOPに戻る

  • このページでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。
  • 当ブログ記事の2ch系まとめサイトへの無断転載を禁じます。
  • 投稿した記事内容は私的なものであり、所属する組織・団体に関連性はありません。
  • Loxley-Noteは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。