Gamer Blog [Loxley-Note]

ゲーム・自作PC・動画などの記事を中心としたサブカルチャーブログです。たぶん。

シネマチックアドベンチャーノベル「fault - milestone two side:above(Steam)」プレイレポート



久々にSteamのインディーズゲームをクリアしました。

プレイしたゲームは「fault - milestone two side:above」です。以前、このブログでも紹介した「fault milestone one」の続編になります。

loxley-note.hatenablog.jp

 

fault milestoneシリーズ、二作目も良作だった!

前作も小気味よい進行速度とよく練られたストーリーと世界設定で、非常に面白い作品でしたが、今作も演出とストーリーが素晴らしい仕上がりとなっています。

f:id:Loxley:20170820152042j:plain

store.steampowered.com

faultシリーズとは?

「fault」シリーズは「少年漫画を少女達でやる青年漫画調の冒険譚」をコンセプトとした全年齢対象ビジュアルノベルです。 映画のようなテンポと演出で、主人公達が出会う人々とのヒューマンドラマを描く作品です。 本シリーズは読み切り型の連作形式で、1作品1舞台で物語が展開していきます。 (fault milestone one がシリーズ第1話です。/略称: fault ms1) 中だるみのない質の良い作品づくりをしているため、1作品あたりのプレイ時間は4~6時間と短めです。 何部作になるかはまだ決定していませんが、長いシリーズになる予定です。 剣と魔法のバトルファンタジーというよりは、文化とキャラクターのドラマを軸にしたサイエンス・ファンタジーです。 くどくない設定で読みやすい作品となっていますので、ファンタジーの設定が苦手な方にもオススメです。 ぜひ彼女達の旅路とfaultの世界観を楽しんで下さい。 

上記、公式サイトより作品紹介文を引用しました。

fault Series | ALICE IN DISSONANCE

 

以下、本作の感想を書いていますが、本編中のネタバレを若干含んでいるため、気になる方はご注意ください。

 

今作の概要 

前作の脱出行で世界の反対側アウターポールへと飛ばされ、インナーポールへと戻ってきたセルフィーネ一行ですが、今作では道中立ち寄った港町の騒動に巻き込まれます。

 

見事な演出と膨大な世界設定

アドベンチャーゲームというと紙芝居的なゲームを予想しがちで、実際Steamにもその手の作品が非常に多いのですが、この作品「fault milestone」 シリーズはシネマチックアドベンチャーノベルと公式に宣伝しているだけあって、演出面が非常に優れた作品です。

また、旅をテーマにしていることもあり、行く先々の地域等の世界設定も非常に細かく、ゲーム内でも辞書がエクストラ機能として実装されています。気になる用語が出てきたらこの辞書で調べるのも楽しみの一つです。

 

ジャンル的に(インディーズではないですが)、TYPE-MOONの「魔法使いの夜」もノベルゲーとして人気がありますね。こちらも良作です。 (面白いわりにまったく移植される気配なし・・・)

魔法使いの夜 通常版

魔法使いの夜 通常版

 

 

兄妹の話に涙腺崩壊

今作は港町近くに済む兄妹がストーリーと密接に関わってくるのですが、この兄妹の置かれた環境があまりにも過酷で「がんばれ!がんばれ!」と思わず感情移入してしまいます。そしてセルフィーネの持つ能力が発揮され、大団円・・・となるかと思いますが、真実を知る主人公達は辛く後味の悪い結末を迎えることになります。

f:id:Loxley:20170820161041j:plain

「救えたと思っていた。しかし真実はあまりにも残酷すぎた」

 

しかし、この辛さもこの作品の魅力の一つなのです。

 

リトナの出番が少ない

今作は筆者のお気に入りキャラクター「リトナ」の出番が後半から減ってしまうのがちょっと残念な点でした。ストーリーと世界背景および設定を説明するため、セルフィーネが中心となり話は進みます。

f:id:Loxley:20170820152053j:plain

続編ではまた暴れてくれることを期待します。(本作は戦闘シーンの演出も魅力の一つなので)

 

リトナ・ラインヴァスタ

バトルクラフターとして非凡な才能を持つセルフィーネ姫のガーディアン。 10代という若さでその職に就いたが、突出した才能が災いし、気付かぬうちに他人を見下してしまうことも。人気者と呼ばれるにはほど遠く、友人も決して多くはない。 論理的で冷静沈着。抜け目がないように見え るが、繊細な心も持ち合わせている。代々王族のガーディアンとして仕えてきた家系でもあり、セルフィーネ姫とは幼い頃から共に過ごしてきた。セルフィーネからの絶対的な信頼は、リトナがロイヤルガーディアンになった理由の1 つでもある。 戦闘では硝子で作った剣や防壁を駆使した戦術を得意としている。 

上記、DLC ARTBOOKから引用しました。

DLC(PDFファイル)には漫画、キャラクター設定が載っているのでファンなら買って損はありません。

 

動画:fault milestone 2 PV

シネマチックアドベンチャーノベル『fault 』シリーズ期待の続編! fault milestone oneに続く、fault milestone two上篇の大型体験版が完成


調べるブログ(サブブログ) / YouTube Loxley Channel / FF14アンテナ / TOPに戻る

  • このページでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。
  • 当ブログ記事の2ch系まとめサイトへの無断転載を禁じます。
  • 投稿した記事内容は私的なものであり、所属する組織・団体に関連性はありません。
  • Loxley-Noteは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。