Gamer Blog [Loxley-Note]

ゲーム・自作PC・モバイル機器の記事を中心としたサブカルチャーブログです。たぶん。

『FF14』侍始めました

侍を始める

FINAL FANTASY XIV 紅蓮のリベレーターで実装されたものの、長らく放置してきたジョブ「侍」ですが、時間を見つけてレベル上げするようになりました。 

f:id:Loxley:20190921092201j:plain

ミラプリはモグステで購入した「東方女学生衣装セット」です。スノウホワイトで染色するとなかなか似合います。('ω')

侍の利点 

侍を上げ始めた理由としては、やはりモンクと装備が共有できることでしょう。武器を除いて格闘士・モンク・侍が共通で装備できるものが多いんです。特にレイドダンジョン報酬・交換装備品は枠が同じなので。

 

最近はモンクでハイエンドコンテンツに通っていますが、侍なら武器だけ別に入手すれば即一線級として活用できるので便利です。(もちろんスキル回しなど十分に練習する必要はありますが)

loxley-note.hatenablog.jp

侍の惜しい点 

ただ、現状の侍をメインジョブとして使うのは難しいかなーと思っていることもありまして。それは一部ウェポンスキルに「キャスト」があるからです。

ソーサラーをやらなくなったのはこのキャストにうんざりしたからなんですよね。AoE避けに滑り撃ちで対応しますが、粘って被弾とか情けないこともやってしまいました。先に安全地帯に逃げてから高威力の魔法を撃てばいいんですが、それは敵の技やタイムライン等を憶えてからになるので、コンテンツ実装直後は(ソーサラーは)不利に感じることが多々ありました。

というわけで侍の居合術もキャストでなく、インスタントになってくれないものかと思います。('ω')

『FF14』白魔道士レベル65ジョブクエスト「荒れ狂う魔力」は難しい?

白魔道士レベル65ジョブクエスト「荒れ狂う魔力」

FINAL FANTASY XIVではコンテンツファインダーによるマッチングが行われ、タンク・ヒーラーといったジョブは比較的マッチングに時間がかからず、時間のない社会人でもお手軽にレベル上げできるのが魅力です。

久々に筆者もヒーラー職を上げようと思い、主にアライアンスレイド、ノーマルレイド、蛮神戦のルーレットで経験値を稼ぎ、白魔道士がレベル65になりました。

レベル65になると白魔道士のジョブクエストが受注できるので、早速ギラバニア地方のカストルム・オリエンスに行ってみたわけです。

f:id:Loxley:20190917000858j:plain

幻術士・白魔道士のクエストといえばおなじみのNPC、シルフィーが出てきます。

※以下、白魔道士ジョブクエストのネタバレを含みます。

 

FF14ではなぜかヒーラー職のクエストは難しいものが多いのですが、学者と比べれば白魔道士のクエストはさほど難しくはないだろうと考えていたわけです。しかしこれが間違いでした。('ω';)

ラスボス出現で敗北する

白魔道士ジョブクエストによくある、いわゆるウェーブタイプのクエストだったのですが、途中まで簡単だったので余裕でクリアできると思っていました。出てくる雑魚はストンジャ、アサイズ、ホーリーで簡単に溶けますし。

ところが、ラスボスのガーゴイルが出てきて様子が変わります。

f:id:Loxley:20190917000911j:plain

コイツ(もしくは取り巻きの雑魚)の攻撃、どうやら毒があるようで攻撃自体は痛くないのに毒でモリモリHPが減っていきます。エスナしようとすると回復ができず、あえなく敗北しました。 そういえば新生でウルダハを選んだ時のクエストもガーゴイルで毒に苦労したっけ・・・。

最後は力押し

雑魚寝かせ、ボスマラソンの正攻法でも厳しかったので、最終的にホーリー連打で力押ししたわけですが、対策を立てないとかなり強い敵でしたね。学者のジョブクエストの難易度に匹敵するかも?

f:id:Loxley:20190917000920j:plain

勝てはしたものの、白魔道士のジョブクエストは今後も難易度が高いものが出てくるんでしょうか。出てくるんだろうなぁ。('ω';) 

『FF14』暗黒騎士LV54ジョブクエスト「大いなる魂」

久々の暗黒騎士クエスト 

FINAL FANTASY XIV 漆黒のヴィランズが発売されて2ヶ月以上が経過したが、筆者はまだまだ飽きることなく様々なコンテンツに挑戦中である。特にパッチ5.0以降で追加された高難易度レイドコンテンツ「エデン零式」と新ジョブ「踊り子」「ガンブレイカー」などを遊んでいて時間が足りないほどだ。

が、そろそろ経験値稼ぎのルーレットを他ジョブにも使うことができるくらいの余裕ができてきたので長らく放置していた暗黒騎士のレベル上げを再開してみることにした。

※以下、暗黒騎士ジョブクエストのネタバレあり

暗黒騎士レベル54ジョブクエスト「大いなる魂」

暗黒騎士ジョブクエストの続きはいつものようにイシュガルドから。

f:id:Loxley:20190916151939j:plain

忘れられた騎士亭のシドゥルグからクエストを受注し、少女リエルをアドネール占星台を経由してグリダニアの幻術士ギルドまで連れていくことになる。

キャンプ・ドラゴンヘッドを経てアドネール占星台へ。

しかし、ここでバトルコンテンツが始まる。

f:id:Loxley:20190916151949j:plain

少女リエルを護衛してアドネール占星台まで移動するが、道中で神殿騎士団が異端者の疑いありとして一行を襲ってくる。

f:id:Loxley:20190916152001j:plain

が、こいつらは驚くほど弱い。一行の背後から襲ってくるのでアンリーシュでヘイトを集めて範囲攻撃であっさり片付く。(暗黒騎士の序盤のクエストはけっこう大変だった気がするのに) 

グリダニアに到着してエ・スミ・ヤンに話をし、少女リエルを見てもらう。

f:id:Loxley:20190916152012j:plain

少女リエルにはまるでドラゴン族のような強大な力が宿っているそうだが、特に竜の血を飲まされただとかそういうことはないらしい。(本人談) 

f:id:Loxley:20190916152021j:plain

少女リエルに悪態をつきつつもなにかと世話を焼くシドゥルグがけっこういいヤツ。('ω')

 

この後イシュガルドに戻って報酬を受け取る。新たなアビリティはプランジカット。飛び込みタイプのアクションで、これがあると範囲攻撃を避けた後に一気に距離を詰めることができて便利。 

f:id:Loxley:20190916152031j:plain

 

漆黒で使いやすくなった暗黒騎士

蒼天~紅蓮のリベレータまで人気はありながらもダークアーツ周りの煩雑さで嫌気がしていた暗黒騎士だったが、漆黒のヴィランズではアクション数の見直しが行われており、さすが主役ジョブというくらいの使いやすさになっている。

個人的な感想としてはガンブレイカーがDPS寄りでテクニカルな操作を要求されるタンクジョブだとすると、暗黒騎士はまさに王道というかどっしりと構えた守りのタンクジョブといえる。実際、各種8人用コンテンツでもMTになることが多いようだ。なにしろ硬い。

暗黒騎士はアクション数が見直しされて使いやすくなっているし、クエストのシナリオも良いし、これからタンクを上げようという人にオススメのジョブだと思う。

 

暗黒騎士のジョブクエスト一覧はこちら。

loxley-note.hatenablog.jp

『FF14』出遅れモンクがエデン零式1層をクリア!

モンクでコンテンツに挑戦する日々

FINAL FANTASY XIV 漆黒のヴィランズで最近使ってるジョブは主にモンクです。パッチ5.05で調整されたのですが、これが思いの外神調整で嬉々としてモンクでコンテンツに通っています。極イノセンス、極ティターニアはそれぞれ40周はやったような。

loxley-note.hatenablog.jp

 

極ティターニアはマウントは取れたもののロット運がよくなく、極イノセンスはそもそもマウントアイテムのドロップを見たこともありません。(武器運も悪い)

loxley-note.hatenablog.jp

エデン零式に挑戦 

しかし、極コンテンツにも飽きてきまして、そろそろ次の難易度のコンテンツ、つまり零式に挑戦したいのですが、出遅れモンクの筆者は幻想装備を踊り子に取ってしまったため、未だにロンカ混じりなわけです。

f:id:Loxley:20190909001014j:plain

零式の練習募集を見ると「IL450」はともかくとして、「ロンカ☓」なものもあって、なかなか参加できません。モンクも武器だけは一応IL460にしてあるのですが。うーむ。

loxley-note.hatenablog.jp

練習パーティに参加する 

というわけでエデン零式1層を最初から練習する予定のパーティに入れてもらいました。初見混じりマクロもコピペでクリアできるとは思わなかったのですが、ギミックを奇数回・偶数回みたいに分けて憶えると攻略は意外と簡単でした。このヴァイス・デルタアタックの違いが曲者なんですよね。あとピュアレイとか。

 

雑魚フェーズ(DPSチェック)も難なく越えると奇数回・偶数回で異なるギミックを処理するだけなので、まずは時間切れまで進み、

f:id:Loxley:20190909001023j:plain

その後開始40分ほどでクリアまで辿り着きました。時間切れを一度見るとあとは早いですよね。ギミック憶えるために緩めていたDPSを上げていくだけなので。

 

f:id:Loxley:20190909001034j:plain

次はエデン零式2層を予習して攻略せねば。

2層難しいんですよね。タイムライン憶えないときつそうです。(=ω=)

その前にNエデンと幻想でIL450以上(現在のIL449)にしないと・・・。やることはまだまだ多いです。

『FF14』パッチ5.05で強化されたモンクが超面白い!

モンクがレベル80に!

一ヶ月ちょっと前にFINAL FANTASY XIV のジョブの一つ、モンクを上げ始めたという記事を書きました。 

loxley-note.hatenablog.jp

その後、レベル50を越えてからはこれは戦闘経験が重要だなーと思い、DD(ディープダンジョン)には通わず、主にルーレットでレベルを上げていきました。コンボやバフ、デバフ、踏鳴での疾風迅雷遷移スキップなど多彩なアクションがあるので、DDで上げると正直戦力になりそうにないんですよね。場数を踏むことが重要です。

f:id:Loxley:20190908161554j:plain

モンクの強化が来た!

そんなわけでレベル80になったわけですが、その間にちょうどいいタイミングでパッチ5.05でモンクの強化が来まして。

jp.finalfantasyxiv.com

 

格闘士/モンク

名称   変更点
壱の型   効果時間が 10秒 → 15秒 に変更されます。
弐の型   効果時間が 10秒 → 15秒 に変更されます。
参の型   効果時間が 10秒 → 15秒 に変更されます。
マントラ   範囲が 7m → 15m に変更されます。
演武   効果に「参の型効果中追加効果:自身に付与されている「疾風迅雷」の効果時間を最大まで延長する。」が追加されます。
闘気   効果に「自身が非戦闘状態であれば5スタックを付与する。」 が追加されます。
金剛の極意   効果時間中にダメージを受けた際に付与される金剛の決意の効果に「方向指定条件のあるアクションをどの方向から実行しても成功させる」が追加されます。
紅蓮の極意   ・「ウェポンスキルのリキャストタイムが15%延長する」 が削除されます。
・与ダメージ上昇効果の効果量が 30% → 25% に変更されます。
陰陽闘気斬   発動条件に「自身が戦闘状態」が追加されます。
万象闘気圏   発動条件に「自身が戦闘状態」が追加されます。

 

「大丈夫か、こんな強化して後で弱体されるんじゃ・・・ 」

 

などとうっすらと不安を感じつつも、レベル80になって様々なコンテンツに参加して主にプレイヤースキル向上と装備の充実などやっておりました。 

全体的に見て神調整ですよね。特にアクションの各バランス調整が素晴らしい。効果時間の延長なども行われているのでFF14を始めたばかりの初心者にもおすすめできるかも?新生時代は竜騎士が初心者向けと公式でも紹介されていたのですが、今は難しいジョブになっていますからね。竜騎士も上げてますけど、ジョブガイド見てアクション憶え直すかな。

loxley-note.hatenablog.jp

その点、モンクはアクションは多いものの、疾風迅雷を維持しつつバフ・デバフをタイミングよく使い「後は殴るだけ」なので楽といえば楽です。極とかでのギミック処理も優遇されるし。スキル回しは木人の「開幕ぶっぱ」を除けば、基本コンボルート中にアクション(羅刹衝、蒼気砲など)挟むだけ。コンテンツで苦戦する方向指定も「金剛の極意」とトゥルーノースで軽々とこなせます。

踊り子のように遠隔DPSだと誘導とかもあるので、憶えることが非常に多くて煩雑なんですよね。(タンク、ヒーラーはもっとシビア)

f:id:Loxley:20190908161607j:plain

こちらはDPSのシャキ待ちが長いので、待っている間にハウジングをやっていたら怪しいオブジェクトが出来た場面、です。

ミラプリ 

近接DPSだとララフェルのサイズでは他のプレイヤーに隠れて見えなくなるため、ミコッテに幻想薬で姿を変えたんですが、ミラプリが結構楽しいですね。

特に道士袍服がお気に入りです。

f:id:Loxley:20190908161619j:plain

頭装備だけはあんまり気に入ったものがないので英魂装備をミラプリしたところ、 

f:id:Loxley:20190908161628j:plain

イノセンス・アタッカーイヤーとなかなか合うなと思いました。 

極ティターニア、極イノセンス周回はもう十分にやったので、今後はNエデン、幻想装備を集めてエデン零式に挑みたいと思います。

『FF14』漆黒のヴィランズ バトルジョブ&ダンジョン公式ガイド 9月24日発売!

FINAL FANTASY XIV 公式Twitterアカウントが新刊の紹介をツイートしていたのでチェックしてみると、

新拡張パッケージ「漆黒のヴィランズ」の攻略本でした。いつものいわゆるムック本ですね。

ファイナルファンタジーXIV: 漆黒のヴィランズ バトルジョブ&ダンジョン公式ガイド (SE-MOOK)」 

 

ファイナルファンタジーXIV: 漆黒のヴィランズ バトルジョブ&ダンジョン公式ガイド (SE-MOOK)

ファイナルファンタジーXIV: 漆黒のヴィランズ バトルジョブ&ダンジョン公式ガイド (SE-MOOK)

 

17のバトルジョブを徹底解説&『漆黒のヴィランズ』新ダンジョンを完全攻略! 『FFXIV』を始めたばかりのプレイヤーに向けたバトルの基本的な解説はもちろん、 ジョブごとに各アクションの活用方法や専用UIも丁寧に紹介しています。 レベル上げの最中やレベルシンク時にも役立つように、Lv50/60/70/80という 各レベル帯でのスキル回しや立ち回りも徹底解説。 全ジョブを極めたいプレイヤーも必読な一冊です。 また、『漆黒のヴィランズ』で新たに追加された8つのダンジョンをマップと共に攻略。 宝箱のデータやボスとの戦い方を網羅しているので、ぜひコンテンツファインダーのお供にどうぞ。 

 

内容的にはライト層向けで零式に通っている層には既にやり尽くした感のあるジョブ・ダンジョンばかりでしょうけど、これから他のジョブをやってみたいという人には役に立つ本かも?

筆者も早速予約しておきました。

『FF14』第54回PLLは9月15日 13時から!ゲストは齊藤陽介さん、ヨコオタロウさんです!

次回の FINAL FANTASY XIV 第54回プロデューサーレターLIVEは9月15日13時、東京ゲームショウの会場から配信されるそうです。公式ページで告知されていました。

ゲストは齊藤陽介さん、ヨコオタロウさん。新アライアンスレイド「YoRHa:Dark Apocalypse」の情報公開があるんでしょうか?

f:id:Loxley:20190823213121j:plain

 

jp.finalfantasyxiv.com

第54回FFXIVプロデューサーレターLIVE 9月15日(日)13:00~15:00

東京ゲームショウの会場から「パッチ5.1コンテンツ特集Part1」をお届けします。 さらに後半では、新アライアンスレイド「YoRHa:Dark Apocalypse」のゲストクリエイターである齊藤陽介さん、ヨコオタロウさんをお招きしスペシャルトークセッションも行われますので、ぜひお楽しみに! 

 

配信はtwitchのFFXIV公式チャンネルで、ニコニコ動画とYoutubeはURLが決定次第告知するそうです。

www.twitch.tv

 

個人的にはニーア・オートマタとどのくらい世界設定観が共有されるのかが気になります。ストーリーのヨコオ節が楽しみ。('ω')

NieR:Automata World Guide ニーア オートマタ 美術記録集 ≪廃墟都市調査報告書≫ (SE-MOOK)

NieR:Automata World Guide ニーア オートマタ 美術記録集 ≪廃墟都市調査報告書≫ (SE-MOOK)

 

 

『FF14』漆黒Aモブ高速巡回!モブハン弾丸ツアーに行ってきた!

FINAL FANTASY XIV 漆黒のヴィランズで追加されたロールクエストも残すはタンクジョブのみ。最近は今後のエンドコンテンツ実装予定を考慮して、クラフターに時間を費やし始めました。イシュガルド関連で何かコンテンツが追加されるそうですし。

ジョブは赤魔道士、踊り子、学者がレベル80になり、どこのコンテンツに行くにしても便利に使い分けできるようになってきました。

loxley-note.hatenablog.jp

 

そんな筆者が最近足繁く通っているのが漆黒エリアのモブハン(Aモブ)ツアーです。

f:id:Loxley:20190820002702j:plain

他ワールドのモブハンツアーにも参加するようになりましたが、どこのワールドでもレイクランドのジョッブ砦集合なんですね。

大賑わいの漆黒モブハンツアー

このツアー、大変人気がありまして一度に数百人が集合してエリアを次々と変えながらAモブを駆逐していきます。(12x3インスタンスで36連戦)

プレイヤー同士が連れ立って飛びだっていくさまはなかなか見ものです。

f:id:Loxley:20190820002715j:plain

最近は参加者が多すぎるのかAモブを倒した後に次のモブの座標が示されるようになりました。戦闘中はほとんどモブが見えません。学者で参加するとエーテルフロー使うのも一苦労です。ほとんど破陣法と士気高揚、フェアリーとセラフだけ使ってるかも。あとは戦闘不能になった人の救助でリザレクくらいですね。

 

注意するAモブ

大人数で一気にAモブを屠っていく弾丸ツアーなんですけど、注意するべきモブは複数います。 

アム・アレーン

マリクテンダー

巨大なサボテンモンスターです。 即死攻撃を持っているので注意。 

イル・メグ

泥人

個人的にはこの泥人が一番イヤな相手です。「ドロドロ内無双」「ドロドロ外無双」という技を使ってくるんですが、モブハン初期の頃ならともかく参加者が多い今だと見てから避けるのもきついですね。戦闘不能者が続出するモブです。

f:id:Loxley:20190820002728j:plain

 

ポールディア

巨大なレッサーデーモンの形状をしたモブです。前方と後方に扇状の範囲攻撃をしてきて避けるのは困難ですね。ボスの向きを見ておくしかありません。・・・いや人多すぎて敵見えないし。('ω')

ラケティカ大森林

グラスマン

巨大なゴリラのモブです。こいつの使う範囲攻撃(ドラミング)が強烈なのでヒーラーで参加するなら味方を落とさないように注意。筆者は最初に一発破陣法で攻撃を当てたら、あとはひたすら士気高揚、フェアリー、セラフで範囲回復をやってました。(エーテルフローを当てようにももう見えない・・・)

パーティメンバーを蘇生して次のAモブへ

これはモブハンツアーの主催者側も呼びかけてることなんですが、モブハンツアーに参加するならパーティメンバーの蘇生をやってから次のモブに向かうべきです。 特にタンクで参加してくれている人たちはモブが見えない中、最前線で戦っているので。

マナーを守って楽しくプレイしたいですね。('ω')v 

『FF14』学者もレベル80に!ロールクエスト3つ目をクリアしました!

FINAL FANTASY XIV 漆黒のヴィランズではこれまでのジョブクエストからロールクエストに変わるという大きな変更がありました。(レベル80になるとジョブクエストもありますが)

筆者はこれまで赤魔道士(遠隔魔法DPS)、踊り子(遠隔物理DPS)をレベル80にしましたが、今週ルーレット系コンテンツを学者でこなしてヒーラーもレベル80になりました。ヒーラーのロールクエストもコンプリートです。

※以下、若干パッチ5.0 ストーリーのネタバレがあります。

影の王と第一世界の光の戦士

ロールクエストは第一世界の光の戦士(作中、蒼天のイシュガルドでは闇の戦士として登場)達のストーリーを追う話なわけですけど、「影の王」なるラスボスの情報が出てきたのが気になりますね。作中では100年も前に倒されているわけですけど、今後のパッチで世界設定的な説明が行われるのかな?蒼天のイシュガルドも建国までのストーリーはかなり細かく設定がありましたし。

学者AF

さて、学者の英雄装備ですが、今回もなかなか細かい意匠が施されていて素晴らしい出来でした。

ひと目で学者とわかるデザインなのですが、今回気に入ったのは腕装備です。この手のタイプは見たことないかも。けっこうオシャレ。染色可能だったらもっといい。

f:id:Loxley:20190818035107j:plain


既にロンカ装備は取ってあるんですが、学者AF武器ももらっておきました。ロンカ装備一式にミラプリしています。

f:id:Loxley:20190818035116j:plain

 

AFは揃える楽しみもありますね。

f:id:Loxley:20190818035125j:plain

ちなみにロンカ装備には武略(クリティカル)の信力(信仰)を嵌めておきました。どちらも嵌めることが出来ない場合(嵌めるとオーバーする場合)はスペルスピードです。

次に上げるロールはタンク

パッチ5.0で導入されたロールクエストも残るはタンクのみになりました。

筆者は4つあるタンクジョブ中、ガンブレイカーを上げるつもりです。いろいろ弄ってみたんですがガンブレイカーがタンクの中では一番使いやすいかも。MP使わなくてシンプルなので。

レベル上げは専らデイリー討伐手配書(紅蓮のベテランモブハント)と蛮族クエスト、そしてアメノミハシラ通いです。

f:id:Loxley:20190818035133j:plain

アメノミハシラでズルワーンのチョコボ装備が出ました。 鑑定でサベネア装備も出ますし、経験値意外もなかなかおいしいです。

ロールクエストのコンプリートが目的なら70までアメノミハシラで上げ、それ以降は漆黒エリアのナッツモブハント手配書で上げるのもいいかも。漆黒エリアのレベリングダンジョンはタンク初心者には難しいというか、なぜエキスパートダンジョンの方が簡単なのか。レベル80手前だと装備が充実していないし、即死攻撃があるせいでしょうか。

まとめる気ないのにわんさかモンスターが登場したりかなり痛いダンジョン多いですよね。 (ノД`)

CFのタンク報酬がおいしい 

しかしタンクを上げておくとコンテンツルーレットの報酬が美味しいんですよね。現状、CFリストを見ているとタンク不足なケースが一番多く、次いでヒーラー、DPSはたまにアライアンスルーレットで不足するくらいです。

漆黒のヴィランズでもタンク不足が続きそうですね。

 

『FF14』踊り子で極ティターニア討滅戦、極イノセンス討滅戦をクリア

FINAL FANTASY XIV 紅蓮のリベレーター発売後に赤魔道士をメインにして2年近くプレイしてみましたが、ソーサラー系の詠唱と滑り撃ちがどうにもストレスになってきて、漆黒のヴィランズのメインストーリー後にエンドコンテンツそっちのけで踊り子を上げ始めたのですが、これが思いの外操作性がよく、メインジョブを踊り子に変更しました。

そのためエンドコンテンツ着手が他プレイヤーよりかなり遅くなってしまいました。

極ティターニア討滅戦と極イノセンス討滅戦の現状

連休中になんとか極ティターニア討滅戦に続き、極イノセンス討滅戦もクリアできましたが、やはりパッチ5.0リリース当初と比べると募集はかなり少なくパーティに参加するのに苦労しました。「コンプリート済み」であればさほどマッチングに時間はかからないのですが「練習」だとマッチングは絶望的です。

f:id:Loxley:20190812050332j:plain

極ティターニアは初心者向け練習パーティに潜り込み、 ギミックを理解しさえすればRFでもクリアは余裕でしたが、個人的に極イノセンスの方が敵のある技を理解するまで床ペロしまくりでした。

何が起こっているのかわからないまま戦闘不能になっていたのが「断罪の旋回」です。「断罪の飛翔」と同時に繰り出される技なのですが、この技は発動するとしばらく立ってから戻ってくるんですね。自分も含めて練習パーティではここで即死するプレイヤーが多かったです。 

f:id:Loxley:20190812050341j:plain

理解さえすれば、ひたすら「避けゲー」の極イノセンス討滅戦。慣れると時間切れよりかなり前に倒すことができるようになりました。 

希望の闇エデン零式:覚醒編1初見ツアー

極ティターニア、極イノセンスを周回して装備を集め、次に向かうのはエデン零式なわけですが、ガッツリ攻略に入る前にまずは初見ツアーに参加してきました。

f:id:Loxley:20190812050350j:plain

とりあえずDPSチェックまで進んで解散。雰囲気だけ感じ取ってきました。

 

個人的にはギャザクラのレベル上げと戦闘職のロールクエストをクリアするためにタンクとヒーラーを上げるほうが優先です。現在は物理DPSとソーサラーのロールクエストはクリアしました。

零式はバージョンアップ後に「超える力」がついてからでもいいかな。

 

最近上げ始めたモンクもLV80まで上げたいですし。

loxley-note.hatenablog.jp

 

そういえばモンクのジョブクエで戦闘があったんですけど、

f:id:Loxley:20190812050500j:plain

敵はフェザーステップを使ってきて、プレイヤーアクションからは削除されていてもデータは残っていて使うんですね。(ジョブクエを改修するのが面倒なのかもしれませんが) 


サブブログ / YouTube Loxley Channel / FF14アンテナ / TOPに戻る

  • このページでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。
  • 当ブログ記事の2ch系まとめサイトへの無断転載を禁じます。
  • 投稿した記事内容は私的なものであり、所属する組織・団体に関連性はありません。
  • Loxley-Noteは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。