Gamer Blog [Loxley-Note]

ゲーム・自作PC・動画などの記事を中心としたサブカルチャーブログです。たぶん。

Coffee LakeデスクトップPC環境(Core i5 8600K + GeForce GTX1070) FF14ベンチマーク他と消費電力をチェックしてみた編



メインPCをCoffee Lake(Core i5 8600K+GeForce GTX1070)構成に変えたのでベンチマークや消費電力をチェックしてみました。 

loxley-note.hatenablog.jp

Coffee Lake環境の組み立て編はこちら。

loxley-note.hatenablog.jp

 

ベンチマーク結果

FINAL FANTASY XIV 紅蓮のリベレーター ベンチマーク

定番の「FINAL FANTASY XIV 紅蓮のリベレーター ベンチマーク」を実行してみました。秋葉原のPCパーツショップに行くと必ずと言っていいほどデモ代わりに動いているアレです。 

f:id:Loxley:20171230035049j:plain

ウルトラワイドモニタ環境ですが、「非常に快適」という結果でした。 

以下に設定詳細も載せておきます。 

 

FF14ベンチマークスコア詳細

ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター ベンチマーク

計測日時:2017/12/30 3:32:39

SCORE:12959平均フレームレート:87.834

評価:非常に快適 -非常に快適に動作すると思われます。お好みのグラフィック設定でお楽しみください。

ローディングタイム:

  シーン#1 2.325sec

  シーン#2 3.204sec

  シーン#3 2.543sec

  シーン#4 3.553sec

  シーン#5 6.360sec

  シーン#6 1.401sec

 合  計 19.388sec


DAT:s20171230033239.dat


画面サイズ: 2560x1080

スクリーンモード設定: フルスクリーンモード

DirectX バージョン: 11

グラフィック設定のプリセット: 最高品質

描画設定

-水濡れ表現を有効にする: 有効

-オクルージョンカリングを有効にする(見えないものの描画を簡略化する): 無効

-LODを有効にする(遠影表示に簡易モデルを使用し描画負荷を軽減する): 無効

-リアルタイムリフレクション: 最高品質

-アンチエイリアス: FXAA

-ライティングの品質: 高品質

-細かい草の表示量: 最大表示

-背景の細かい凹凸表現: 高品質

-水面の凹凸表現: 高品質

-照り返しの表現: 標準品質

影の表示設定

-自分: 表示する

-他人: 表示する影の表現

-キャラクターの影のLODを有効にする: 無効

-影の解像度: 高解像度:2048ピクセル

-影の表示距離: 最長表示

-ソフトシャドウ: 強く

テクスチャ品質

-テクスチャフィルタ: 異方性-テクスチャ異方性フィルタ: x16

揺れの表現

-自分: 適用する

-他人: 適用する

画面効果

-周辺減光を有効にする(画面の隅を自然に暗くする効果): 有効

-放射ブラーを有効にする(爆発などで周囲に向かって画面をぼかす効果): 有効

-SSAO(立体感を強調する効果): HBAO+:高品質

-グレア(光があふれる表現): 通常表現

カットシーン効果

-被写界深度表現を有効にする: 有効


システム環境:

Windows 10 Pro 64 ビット (6.2, ビルド 9200) (16299.rs3_release.170928-1534)

Intel(R) Core(TM) i5-8600K CPU @ 3.60GHz

16314.348MB

NVIDIA GeForce GTX 1070 (VRAM 8096 MB) 

 

ドラゴンクエストX ベンチマーク

こちらも定番ですね。同じくスクエニのMMORPG「ドラゴンクエストX」ベンチマークソフトの結果です。

f:id:Loxley:20171230143234j:plain

ドラクエXはRADEONに最適化されているのですが、このクラスのビデオカードだとほとんど影響はないですね。(ドラクエX自体が非常に軽いので)

 

GeForce GTX1060との比較

ZOTAC GTX1060 6GBでのベンチマーク実行結果はこちら。GTX1070と比較するとかなり大きな差があります。

loxley-note.hatenablog.jp

 

今回は「節電エコチェッカー」を購入して消費電力も計測してみました。記事の後半で結果を報告しています。

f:id:Loxley:20171230035143j:plain

 

その他のベンチマーク

アサシンクリード オリジンズ ゲーム内ベンチマーク

アサシンクリードのオプション画面にベンチマークがあったので実行してみました。

結果は「最高」とはいかず、ひとつ下の「超高」でした。

f:id:Loxley:20180101192823j:plain

Core i5 8600KとGTX1070、ウルトラワイドモニタの環境でこの結果ですからアサクリ オリジンズは相当重いゲームのようですね。

 

システム消費電力を計測

前述したように「節電 エコチェッカー ET30D」を購入したので試しに消費電力を計測してみました。 

f:id:Loxley:20171228180906j:plain

電源ケーブルと壁のコンセントの間に入れるだけで使えてしまうお手軽さ。便利です。 

節電 エコチェッカー ET30D

節電 エコチェッカー ET30D

 

 

システム起動直後~アイドル時の消費電力

アイドル時の消費電力は49W~60W付近を推移していました。(だいたい50W付近でした)

 

FF14紅蓮のリベレーターベンチマーク実行時の消費電力

FF14のベンチマーク実行時は180W~240W付近を推移していました。システム全体でこの消費電力ですから大したものです。

 

アサシンクリード オリジンズをプレイしたときの消費電力

Steamのウィンターセールで大人気のオープンワールドゲーム「アサシンクリード オリジンズ」の序盤をプレイしたときの消費電力をチェックすると概ね240W程でした。

f:id:Loxley:20171230110616j:plain

f:id:Loxley:20171230110622j:plain

ウルトラワイドモニタでのアサクリオリジンズのプレイはゲームへの没入感がすごい・・・!

 

アサシンクリード オリジンズ ベンチマーク実行時の消費電力

ベンチマークでの消費電力は最高238W程度でした。

 

電源について

筆者の使用している電源は1200W 80Plus Goldですが、これはパーツを流用したためで、 

もっと負荷の高いベンチマークを実行するとしても750W 80Plus GOLDの電源があればよいと思います。 

 

750W 80Plus GOLDの電源も持っているのですが、検証兼仮想通貨マイニング機の方で使用しておりメインPCの電源と交換するのが面倒だったんです。

f:id:Loxley:20171230035239j:plain

↑床に置いているのが750W電源です。 

 

電源についてはドスパラの以下の記事が詳しかったです。

80PLUSで消費電力はどう変化するのか? STANDARDからTITANIUMの電源でチェック! Text by 林 佑樹|ものテクアーカイブス|パソコン(PC)通販のドスパラ【公式】

 

ゲーム+日常利用程度の用途なら500W 80Plus BRONZでも要件は満たせそうです。 (上の写真の机の上に置いている方の電源です)

SilverStone 500W 80PLUS BRONZE ATX電源 SST-ST50F-ESB

SilverStone 500W 80PLUS BRONZE ATX電源 SST-ST50F-ESB

 

 

SilverStoneの電源は高品質・高耐久で長く使えるのでお勧めです。これまでいくつも同社の電源を購入していますがハズレはなかったですね。

 

番外編:モナコインマイニングのハッシュレートと消費電力

自作PC界隈でも最近はメジャーな話になってきた感のある仮想通貨マイニングですが、その一つ「モナコイン」のマイニングをやってみました。 

モナコインマイニングのハッシュレート

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/L/Loxley/20170813/20170813111030.png

Manli GeForce GTX1070だとモナコインマイニングのハッシュレートは37MH/sくらい出ていました。

f:id:Loxley:20171230002852j:plain

 

メインPCを使っていないときはマイニングするとお得です

上記は景気良くPower Limit 100%でぶん回していますが、実際のマイニングではPCを長時間稼働させ続けるため、消費電力を下げることが必要になります。(そうしないと電気代がかさみ、利益が出にくいのです)

f:id:Loxley:20171230002548j:plain

MSI Afterburnerを使用してPower Limitを65%にした結果、ハッシュレートは33~34 MH/sとなりました。

 

ハイエンド構成のPCで空き時間にマイニングすると、電気代を差し引いてFF14の月額料金+おまけで課金アイテムを買うくらいの利益は出るようです。(あくまでも現時点での話であり、消費電力と対象となる仮想通貨の相場、マイニングの難易度によっては無理かもしれません)

loxley-note.hatenablog.jp

 

マイニングで入手した仮想通貨は取引所で売却します。

loxley-tips.hatenablog.jp

 

筆者は仮想通貨の取引手数料の安いZaif を利用しています。 

 

 

モナコインマイニングの消費電力

以下はモナコインマイニング時の消費電力です。

Power Limit 100%の場合

175~187Wの消費電力で37.64MH/sのハッシュレートを確認しました。 

Power Limit 70%の場合

149~156Wの消費電力で34.62MH/sのハッシュレートを確認しました。

65%までPower Limitを下げて確認はしたのですが、あまり下げすぎるとメディア機能関連の警告が表示されたので70%に止めておくことにしました。 

マイニング専用機なら50~60%程度のPower Limitに設定して運用すると利益率が向上すると思います。

 

PCの空き時間でマイニング

持ち主が寝てるか不在している間に(PCが)マイニングでゲームの月額代金とアイテム課金費用程度を稼いでくれるわけですからいい時代になったものだなーと思います。1~2年で購入したPCパーツ代まで回収できちゃう可能性もありますし。

 

最近は仮想通貨「Monero」を中心にマイニングしています。消費電力が低めなのと(多コアの)CPUマイニングでも効果があるのが嬉しいですね。

loxley-tips.hatenablog.jp


調べるブログ:仮想通貨とマイニング(サブブログ) / YouTube Loxley Channel / エフエフアンテナ / FF14アンテナ / FF11ブログアンテナ / TOPに戻る

  • このページでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。
  • 当ブログ記事の2ch系まとめサイトへの無断転載を禁じます。
  • 投稿した記事内容は私的なものであり、所属する組織・団体に関連性はありません。
  • Loxley-Noteは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。