Gamer Blog [Loxley-Note]

ゲーム・自作PC・動画などの記事を中心としたサブカルチャーブログです。たぶん。

Coffee LakeデスクトップPC環境 組み立て編



年末進行も終わって年末年始休暇となりました。

時間ができたのでメインPCとPCパーツ検証兼マイニングPCの組み立てとセットアップ作業をやってみました。(休み初日だというのに・・・) 

今回購入したPCパーツ(Coffe Lake環境一式)の紹介は以下の記事に記載しています。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/L/Loxley/20171223/20171223063650.jpg

loxley-note.hatenablog.jp

 

 

組み立て前に 

Coffee LakeとRyzen

Coffee Lakeは「AMD Ryzen」の登場に慌てたIntelが急遽登場させたもので、LGA1151を採用しているわりには過去のハードウェアとの互換性がなかったりとけっこうチグハグな印象のCPUです。Sky Lake、Kaby Lakeのマザーボードでは使うことができません。一式買い直しです。(1年ほど前にKaby Lakeに乗り換えたばかりだというのに)

 

正直、一式買い直すのならRyzenでも良かったような気がします。昔からAMDのCPUは重負荷環境に強く、Ryzenでさらに進化した感じですね。コストパフォーマンス、ワットパフォーマンス的にもかなり優秀なCPUです。

AMD CPU Ryzen7 1700 with WraithSpire 65W cooler AM4 YD1700BBAEBOX

AMD CPU Ryzen7 1700 with WraithSpire 65W cooler AM4 YD1700BBAEBOX

 

 

普通にPCゲームを遊ぶ程度ならKaby Lakeのi5でも十分な性能なのですが、裏でVMを動かしたり、配信・録画等を行うと4コアでは力不足なケースも出てきて、この機会に買い替えることにしました。

Core i5 7500+H270+GTX1060はミドルレンジのPCとしてはコストパフォーマンスに優れた構成なのですが、Ryzen人気の今となっては力不足の感が否めません。

loxley-note.hatenablog.jp

 

購入したパーツ

メインPC用に購入したパーツはAmazonから届いた以下の4点と、

別のお店で購入したビデオカード「Manli GeForce GTX1070」です。 

 

Manli GeForce GTX1070について

GeForce GTX1070はNTT-Xストアのセールで購入しました。

ウルトラワイドモニタを使用しているんですが、GTX1060 6GBモデルだと60fpsを切るケースがあってちょっとストレスになってきたのでメインPCを組み直すついでにビデオカードも一つ上のグレードに買い替えることにしました。 

ウルトラワイドモニタでのゲームプレイは没入感すごいですよ! 

loxley-note.hatenablog.jp

 

さて、Manliはあまり聞かない会社名ですが、海外では長いこと続いているブランドで人気があるようですね。代理店はマスタードシード社のようです。

 

外箱はこんなのでした。

f:id:Loxley:20171229231342j:plain

 

中身は簡素です。

f:id:Loxley:20171229231352j:plain

 

冷却のため、トリプルファンを搭載しています。

f:id:Loxley:20171229231403j:plain

 

裏面は排熱効果もあるプレート装着仕様。トリプルファンと背面のプレート効果のおかげでずいぶん冷えるカードです。

f:id:Loxley:20171229231415j:plain

裏面のプレートの質感に感動しました。これはいい作り!(^o^) 

 

PCを組み立てる

さて、前置きが長くなりましたが、いよいよ組み立てです。

マザーボード上にパーツを取り付ける

CPU(Core i5 8600K)を取り出してマザーボードに取り付けます。CPUクーラーを取り付けた後では面倒なので先にM2 SSDとDDR4メモリも装着しておきます。

f:id:Loxley:20171229231550j:plain

 

グリス塗りすぎた・・・。

f:id:Loxley:20171229231609j:plain

M2 SSDスロットは2つありますが、筆者は上の方に取り付けておきました。 

 

ドデカイCPUクーラーを取り付ける

サイズの虎徹Mark IIを取り付けました。組立時間の半分コイツの装着に費やしたような・・・。

f:id:Loxley:20171229231625j:plain

 

OS(Windows10)をインストールする

OSをM2 SSDにインストールするので今は必要のないSATAケーブルは抜いておきます。

f:id:Loxley:20171229231645j:plain

インストールの際に必要でない機器はケーブルを抜いておいたほうがトラブルを回避しやすいです。 

 

ちなみに使っているケースは「Fractal Design ミドルタワー型PCケース(Black Pearl) FD-CA-DEF-R5-BK」です。

静音仕様で冷却性能も良く満足しています。筆者はとあるPCショップのワケアリ品(箱潰れ品)を見つけて安く購入しました。

この前のPCケースはZ9 Plusを使用していたのですが、安物ケースだと剛性が低くてベコベコになってしまいました。

 

電源ON

電源を投入しました。

何度かビデオカード周辺からピピッと音がして再起動しますが、UEFI画面が映るのを待ちます。

f:id:Loxley:20171229231706j:plain

 

UEFIで設定する

UEFIの設定と言ってもやるのは起動順序の変更くらいです。

問題なくUEFIの設定を終えました。

 

UEFIの画面で注目したのは「AIO PUMP」の表示。今時のマザーボードは水冷クーラーのポンプ駆動部のケーブルを接続する箇所まで名前が付いているんですね。

f:id:Loxley:20171229231728j:plain

筆者は大型の空冷クーラーのほうが静かで好みなので使いませんが、いろいろと凝ってるマザーボードですね。ASUS製品って派手さはないですけどこういうところが好きでよく買っています。デザインもいいですよね。

 

OSインストール

Blu-Rayドライブから起動し、M2 SSDにOSをインストールします。

認識等のトラブルは発生せず、Windows10x64 Proのインストールも終了しました。 

Windows 10 Pro 32bit/64bit 日本語版 (最新) | USBフラッシュドライブ

Windows 10 Pro 32bit/64bit 日本語版 (最新) | USBフラッシュドライブ

 

 

Windows10のアップデートを待つ

とりあえず異常はなさそうだったので、

f:id:Loxley:20171229231743j:plain

 

ケーブル類を接続してサイドパネルを装着し、あとは長い長いWindows10のアップデート待ちです。

アップデートが進まないとGeForceのドライバがインストールエラーになるので待つしかないんですよね。

f:id:Loxley:20171229231802j:plain

GeForce GTX1070がちょっと長かったのでフロントのストレージ格納ユニットは取り外しました。ATX PCケースのわりに大きいですけど、自作しやすいようにいろいろと便利な仕掛けが施されているケースです。

 

ビデオカードの垂れ下がり防止に

GeForce GTX1070は重量級のビデオカードなので垂れ下がりの防止に専用の器具を買っておくといいかもしれません。 

以下の記事でも紹介しています。 

loxley-note.hatenablog.jp

 


調べるブログ:仮想通貨とマイニング(サブブログ) / YouTube Loxley Channel / エフエフアンテナ / FF14アンテナ / FF11ブログアンテナ / TOPに戻る

  • このページでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。
  • 当ブログ記事の2ch系まとめサイトへの無断転載を禁じます。
  • 投稿した記事内容は私的なものであり、所属する組織・団体に関連性はありません。
  • Loxley-Noteは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。