Gamer Blog [Loxley-Note]

ゲーム・自作PC・動画などの記事を中心としたサブカルチャーブログです。たぶん。

原作ファンも納得の出来のスマホゲー「ダンまち メモリア・フレーゼ」をプレイしてみました!



期待していたテラバトル2がちょっと隙間時間に遊ぶには重厚すぎる作りだったので、別のスマホゲーを探したところ、「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか(ダンまち)」のゲームを見つけたので遊んでみました。

danmemo.com

 

「ダンまち メモリア・フレーゼ」がリリースされているのは知っていたんですが、話題的にはミストウォーカーの新作のほうが注目度が高かったのでそちらに気をとられて忘れていたんですよね。 

ダンまち〜メモリア・フレーゼ〜

ダンまち〜メモリア・フレーゼ〜

  • Wright Flyer Studios
  • ゲーム
  • 無料

 

ゲームの概要と感想

スマホゲーのRPGとしてはオーソドックスな作りです。ストーリー、町の移動、バトルフィールドで構成されており、パーティメンバーはガチャで入手します。 

 

ガチャで入手するパーティメンバーが原作にも登場しているキャラクターであるのが魅力ですね。個人的にお気に入りのキャラクターを引いたときはうれしい!('ω'*)b

f:id:Loxley:20170924200506j:plain

 

登場するキャラクターにはそれぞれクエストも用意されていて、クリアすると報酬がもらえました。 

f:id:Loxley:20170924200517j:plain

 

パーティ編成は複数セットできるようなのでファミリア毎に編成するのも面白いかも。神の恩恵は加護としてキャラクターに装備できるようでした。 筆者はとりあえずヘスティア、ロキファミリアのパーティを作っておきました。

 

キャラクタークエストがあるのは原作ファンにとってうれしいですね。筆者も原作のファンなので小説・テレビ版以外でもストーリーを楽しめる本作はなかなかよい作りだと思いました。スマホゲーの求められる「隙間時間で遊ぶ」という目的にも合致していると思います。

 

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか (GA文庫)

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか (GA文庫)

 

調べるブログ:仮想通貨とマイニング(サブブログ) / YouTube Loxley Channel / エフエフアンテナ / FF14アンテナ / FF11ブログアンテナ / TOPに戻る

  • このページでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。
  • 当ブログ記事の2ch系まとめサイトへの無断転載を禁じます。
  • 投稿した記事内容は私的なものであり、所属する組織・団体に関連性はありません。
  • Loxley-Noteは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。