Gamer Blog [Loxley-Note]

ゲーム・自作PC・動画などの記事を中心としたサブカルチャーブログです。たぶん。

『FF14』4.06aパッチノートを読む

Sponsored

FINAL FANTASY XIV パッチ4.06aのパッチノートが公開された。

FF14ではパッチ毎に修正内容についてきめ細やかな情報が記載される。そのパッチノートを見てプレイヤー達は一喜一憂するわけだが、今回は主にPvPの修正がメインであるため、影響のあるプレイヤーはいつもよりは少ないと思われる。(PvPやらない人もいるだろうし)

今回のパッチは各ジョブ、PvPでの上方修正

公開された4.06aパッチノートを読んでみた。

jp.finalfantasyxiv.com

皆さんからのフィードバックをもとにPvPアクションの調整が行われたパッチ4.06aが公開されました!

以下、筆者がフロントライン、フィースト(カジュアル)で多用するジョブ(暗黒騎士、機工士、赤魔道士)について修正の影響をチェックしてみた。

暗黒騎士

名称   変更点
グリットスタンス   ・被ダメージ減少効果が、20% → 25% に変更されます。
・与ダメージ減少効果が、20% → 25% に変更されます。
パワースラッシュ   対象が受ける回復魔法の減少効果が、20% → 10% に変更されます。

 

グリットスタンスが上方修正されて喜んでいたのもつかの間、パワースラッシュが弱体されているではないか。

ヒーラーを倒すのに多少手間取るようになるかな。

 

機工士 

名称   変更点
HP   HPが、10,000 → 11,500 に変更されます。

 

単純にHPが増えて上方修正。PvP強ジョブの座はそのまま。

 

赤魔道士

名称   変更点
HP   HPが、10,000 → 11,000 に変更されます。
ヴァルエアロ   威力が、1,500 → 1,750 に変更されます。
ヴァルサンダー   威力が、1,500 → 1,750 に変更されます。
インパクト   威力が、1,750 → 2,000 に変更されます。
マナフィケーション   リキャストタイムが、60秒 → 45秒 に変更されます。

 

PvEだけでなく、PvPでも優遇の赤魔道士。完全に上方修正である。威力アップが嬉しい。

個人的にはマナフィケーション(バランスゲージの蓄積量を現在の2倍にする)の修正よりMP回復アップ効果が欲しかった。PvPの赤魔道士はけっこうMP食いなのだ。

 

その他のPvP関連

アディショナルアクション

名称   変更点
快気   リキャストタイムが、60秒 → 45秒 に変更されます。

 

快気は自身のHPを25%回復する貴重なアクションである。そのリキャストが45秒に短縮されたのは歓迎したい。

 

全体的に見た感想

全体的にPvPのバランス調整がメインの修正対象となるパッチ4.06aだが、修正内容はけっこういいのではないだろうか。マイナーバージョンに「a」が付くくらいだから数値いじりと不具合修正くらいだろうと思っていたことだし。

 

そういえば来月の9月8日に「ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター バトルジョブ&ダンジョン公式ガイド (SE-MOOK) 」が発売されるが、パッチ4.06a移行は反映されないのでご注意されたし。

※本書掲載内容の一部は、2017年8月24日までの開発中のデータをもとに制作しております。  

ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター バトルジョブ&ダンジョン公式ガイド (SE-MOOK)

ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター バトルジョブ&ダンジョン公式ガイド (SE-MOOK)

 

出版部門への影響を考慮してPvPメインの修正を盛り込んできたのだろうか。偶然かな。(=ω=) 


調べるブログ(サブブログ) / YouTube Loxley Channel / エフエフアンテナ / FF14アンテナ / FF11ブログアンテナ / TOPに戻る

  • このページでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。
  • 当ブログ記事の2ch系まとめサイトへの無断転載を禁じます。
  • 投稿した記事内容は私的なものであり、所属する組織・団体に関連性はありません。
  • Loxley-Noteは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。