Gamer Blog [Loxley-Note]

ゲーム・自作PC・動画などの記事を中心としたサブカルチャーブログです。たぶん。

『FF14』根性版の思い出(03)「新生祭2017に参加し、霊災前のザナラーンをふと思い出す」

Sponsored

今年もFINAL FANTASY XIVで新生祭が始まったので早速参加してきました。

詳しくはネタバレになるので伏せておくとして、ミニゲームなども作り込まれており、大変手間の掛かった作りになっていました。紅蓮のリベレーター(パッチ4.0)から続くパッチ4.1へと忙しいでしょうに、スクエニ開発陣も新生祭には格別の思い入れがあるのでしょうね。

f:id:Loxley:20170827102809j:plain

loxley-note.hatenablog.jp

 

新生祭2017ではクエストで西ザナラーンに行くことになったのですが、荒涼としたザナラーンの風景にふと根性版時代を思い出しました。

 

根性版のザナラーン

根性版ではフィールドがシームレスにつながっていたので当時のSSを見ても西ザナラーンなのか東ザナラーンなのか今となっては区別がつきませんが、当時フィールドではリーヴ権の残った人同士で戦闘リーヴを行い、アニマを奢り合いながら転戦していましたね。

※根性版ではテレポはアニマというポイントを消費していました。一定時間ごとに回復するのでポイント節約のためにソロでは走って移動し、パーティではアニマを奢ったり奢ってもらったりしていました。

冒険者A:「ここは私がアニマを」

冒険者B:「いやいや私が」

なんてことはなく、誰かが飛んで「ありがとー」みたいな。

 

根性版:ザナラーンの風景

根性版の戦闘リーヴは多人数でプレイできるのでよくshoutで参加者を募集していました。皆当時としてはハイスペックのPCで遊んでいたと思いますが、ビデオカードの温度は80~90℃くらいで秋なのに暑かったですねー。

f:id:Loxley:20170827102859j:plain

ここはノフィカの井戸の近くですね。懐かしい。

初期はけっこう人気のリーヴがあったんですよ。 ウルダハは首都とも呼ばれていたくらいで人が集めやすかったように記憶しています。

 

走って移動していた根性版でも後にチョコボが実装され、気軽に移動できるようになりました。 

f:id:Loxley:20170827102914j:plain

この頃の根性版でもフィールドでのシームレス移動などWorld of Warcraftを意識した作りになっていました。シームレスを意識するあまり、町の入口から街の中への移動距離が長かったのを憶えています。(じつはこれ、シームレスタイプのゲームは他も同様の作りだったりしますが) 

f:id:Loxley:20170827104735j:plain

 

新生版のザナラーンとノフィカの井戸

新生祭2017のクエストで久々にノフィカの井戸に行ってきました。8月27日0時を過ぎ、深夜だというのに夜更かししてクエストを進めるプレイヤーが多いですね。

 

動画:新生ノフィカの井戸周辺にて

 

 

動画:新生祭2017のミニゲーム 

ヒントの説明は以下の記事とYoutube動画のコメントに書いています。

『FF14』新生祭2017に早速行ってきました(ネタバレ注意)

 

プレイヤーに感謝するFF14スタッフ

毎年、FF14では新生祭をやっていくようですが、このイベントはスクエニ開発陣の自分達への戒めもあってか、ミニゲームやイベントなど忙しい中、プレイヤーを楽しませる作りになっています。

f:id:Loxley:20170827102835j:plain

本当、よくあの状況から新生できたよなーと感慨深いものを感じた新生祭2017でした。普通ならサービス停止して開発資金を他に回すところですから。 

※根性版へのクレームは本当に酷かったらしく、新生ローンチ前の株主からの突き上げとか、社内はお通夜状態だったとかこぼれ話がPLL等で紹介されています。筆者はFF14をレガシー契約できるようになったら休止してドラクエXで遊んでいたのであまり知りませんが。

 

 

根性版~新生への歴史は以下の書籍が詳しいです。読み物としても面白いですよ。

吉田の日々赤裸々。 『ファイナルファンタジーXIV』はなぜ新生できたのか

吉田の日々赤裸々。 『ファイナルファンタジーXIV』はなぜ新生できたのか

 

 

FF14根性版の思い出、過去の記事はこちら。

根性版の思い出(02)「旧ラノシアの思い出とリローンチに賭けたスクエニの本気度」

根性版の思い出(01)「黒衣森、迷いの森」

 


調べるブログ(サブブログ) / YouTube Loxley Channel / エフエフアンテナ / FF14アンテナ / FF11ブログアンテナ / TOPに戻る

  • このページでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。
  • 当ブログ記事の2ch系まとめサイトへの無断転載を禁じます。
  • 投稿した記事内容は私的なものであり、所属する組織・団体に関連性はありません。
  • Loxley-Noteは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。