Gamer Blog [Loxley-Note]

ゲーム・自作PC・動画などの記事を中心としたサブカルチャーブログです。たぶん。

『Battlefield1』新MAP「Lupkow Pass」で戦ってきました!(動画あり)

Sponsored

Battlefield1の拡張パックが一部先行公開され、新MAP「Lupkow Pass」を遊べるようになっていたので早速プレイしてきました。

f:id:Loxley:20170826001153j:plain

今回の新MAPは雪景色のフィールドです。

 

バトルフィールド 1  [オンラインコード]

バトルフィールド 1 [オンラインコード]

 

 

Lupkow PassはどんなMAPか?

公式サイトに新MAPの説明があったので引用します。 

Lupkow Pass:新マップの詳細

Lupkow Passはバトルフィールド史上最大級の拡張パック、「バトルフィールド 1 In the Name of the Tsar」の最初のマップです。拡張パック本編は9月に配信され、さらに5つのマップが登場します。 

 

Lupkow Passは、オーストリア=ハンガリー軍がロシア軍の押さえるカルパティア山脈の峠に仕掛けた1915年1月の戦いに基づき、ロシア軍が凍てつく陣地で守りにつく中、厳しくも美しい環境で繰り広げられる戦闘を体験することができます。 

 

f:id:Loxley:20170825151915j:plain

Google Mapで検索するとだいたいこのあたりらしいです。 

 

Lupkow Passプレイ感想

一番使い慣れている看護兵でプレイしてきました。 

 

高低差のあるMAPなので嫌な予感がしていましたが、予想通りスナイパー天国になっていました。とにかく高所にある陣地を抑えないときついですね。外周の芋砂は無視して拠点制圧をさっさとやってしまったほうがいいでしょう。

看護兵の場合、遭遇戦はあまりないのでマークスマンライフルに倍率の大きいスコープを付けておいたほうがいいです。

雪上だとBFBC2みたいな障害物の多いMAPがいいと思うのですが、やたらと景色が開けていてスナイパーから身を隠すのが大変ですね。

ポイント差がついてしまうと装甲列車が登場してきました。とんでもない火力です。

 

MAP:Lupkow Pass

f:id:Loxley:20170826141851j:plain

拠点D(デフ)あたりが激戦区です。

 

 

補足(プレイ環境など)

上記スクリーンショットおよび動画が横長なのは筆者の環境がウルトラワイドモニタを使用しているためです。この記事で紹介したBF1の新MAP「Lupkow Pass」だと視界の全てが雪景色になり、戦場の臨場感が凄いです!

ウルトラワイドといっても2560x1080の解像度であれば、GeForce GTX1060で十分快適に動作します。2万円半ばのミドルスペックビデオカードでこの性能は素晴らしいですね!

 

レビュー記事紹介

上記のモニタ「LG 34UC79G-B」は以下の記事でレビューを書いています。興味がある方は読んでみてください。

loxley-note.hatenablog.jp

 

使用しているPC環境はこちらの記事で紹介しています。 

loxley-note.hatenablog.jp


調べるブログ(サブブログ) / YouTube Loxley Channel / エフエフアンテナ / FF14アンテナ / FF11ブログアンテナ / TOPに戻る

  • このページでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。
  • 当ブログ記事の2ch系まとめサイトへの無断転載を禁じます。
  • 投稿した記事内容は私的なものであり、所属する組織・団体に関連性はありません。
  • Loxley-Noteは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。