Gamer Blog [Loxley-Note]

ゲーム・自作PC・動画などの記事を中心としたサブカルチャーブログです。たぶん。

『FF14』パッチ4.05 召喚士の変更点についての考察

当ブログへのご来訪まことにありがとうございます。

パッチ4.05リリース

FINAL FANTASY XIVパッチ4.05が2017年7月18日にリリースされた。

パッチの内容はパッチノートを参照していただくとして、この記事では召喚士の変更点について考察したいと思う。 

jp.finalfantasyxiv.com

新たなレイドダンジョン「次元の狭間オメガ零式:デルタ編」や、宝物庫 アクアポリスに続く探索型パーティバトルコンテンツ「宝物庫 ウズネアカナル」実装のほか、ジョブアクションの調整、アラガントームストーン:万物の追加や、その他様々な調整や不具合修正などが行われたパッチ4.05が公開されました。

 

学者のパッチ4.05変更点については以下の記事を参照されたし。

loxley-note.hatenablog.jp

 

パッチ4.05 召喚士の変更点と考察

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/L/Loxley/20170615/20170615194041.jpg

以下は召喚士の修正されたアクションである。 数は少ないが上方修正だ。

名称   変更点
トランス・バハムート   バハムートエーテル付与条件が、「「エーテルフロー」を消費するアクションが対象に効果を発揮することで自身に付与される」 → 「「エーテルフロー」を消費するアクションを実行することで自身に付与される」 に変更されます。

 

以下は修正された召喚士の所感である。

IL320のLV70召喚士で試してみた。

 

召喚士の変更点所感

バハムートエーテルの付与条件が変更されたのは大きい。バハムートエーテルを増やすことに失敗がなくなったため、トランス・バハムートがやりやすくなった。

とりあえずバハムートエーテル取得失敗によるDPS低下は回避できたわけで非常に意味のある修正であると思う。(最初から考慮しておいてほしいものだが・・・)

 

木人の違和感

筆者の腕前ではオメガ零式1層の木人が壊せない(数パーセント残し)ので召喚士の装備をそのまま利用できる赤魔道士にジョブチェンジしようと検討中だ。

Youtubeのオメガ零式1層スキル回し動画を見たが、あれを実戦でやるのは無理だと思う。なんというか木人のスキル回しで出すDPSと実戦のスキル回しで出るDPSが剥離しているイメージがあるのだ。(動きの多い実戦を想定してルインラを多めにしている木人動画はいいと思ったが)

 

実戦ではパーティである分、シナジー効果が期待できる。その分、木人は厳しめにしているということだろうか。しかし、クロスワールドパーティ募集のコメントは木人を壊せることが条件なのだが・・・。

 

筆者はパッチ3.x時代の木人であれば吟遊詩人で24秒残しなど記録できているので、召喚士の(木人での)DPSの出し方には少し違和感がある。実戦ではまず採用しないスキル回しに意味があるのだろうか。

ちなみにパッチ3.x時代の吟遊詩人での木人討滅戦はまさしく実戦を想定したものであった。(かなりクリティカル発生率に依存したものではあったけれど)

 

以上の様に、いろいろと現状の召喚士のあり方に疑問を感じたので赤魔道士に鞍替えすることにしたわけである。赤魔道士強いね、ビックリ。

loxley-note.hatenablog.jp

 

デミ・バハムートのサイズ変更は?

デミ・バハムートの"/"コマンド使用によるサイズの変更は次のパッチ以降になったようだ。

なったようだが、実装される頃には筆者の赤魔道士はLV70になっていると思われるので使用するかはわからない。

 

大丈夫か?ジョブ調整

召喚士は機工士に次ぐ不人気ジョブになりそうな気がする。ファイナルファンタジーといえば召喚士、くらいに人気ジョブのはずなのだが・・・。

使う人が極端に減ったらテコ入れするのがバトルチームのジョブ修正ポリシーのようなのでしばらくはこのままかもしれない。

ナイトも占星術師も上方修正されるまではかなり時間を要したことだし。


調べるブログ(サブブログ) / YouTube Loxley Channel / エフエフアンテナ / FF14アンテナ / FF11ブログアンテナ / TOPに戻る

  • このページでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。
  • 当ブログ記事の2ch系まとめサイトへの無断転載を禁じます。
  • 投稿した記事内容は私的なものであり、所属する組織・団体に関連性はありません。
  • Loxley-Noteは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。