Gamer Blog [Loxley-Note]

スクエニ・任天堂のゲームを中心としたサブカルチャーブログです。たぶん。最近はFF14の記事中心です。

『FF14』LV70召喚士のプレイ所感と学者との使い分け

スクエニが開発・運営するMMORPG「FINAL FANTASY XIV」をプレイ中だ。新拡張パッケージ「紅蓮のリベレーター(パッチ4.0)」のメインクエストはクリアし、現在は主にエンドコンテンツ等で遊んでいる。 

つい最近まではヒーラー(学者)でエンドコンテンツに参加していたのだが、DPS(召喚士)の装備が揃ってきたので今後は召喚士でエンドコンテンツに挑戦していくつもりである。 

f:id:Loxley:20170708214119j:plain

loxley-note.hatenablog.jp

以下はLV70召喚士のプレイ所感と、同じく巴術士からの派生ジョブである学者を使用する際のメリットと使い分けについて記述している。

 

LV70召喚士のプレイ所感 

学者がLV70なので同じ巴術士からの派生ジョブである召喚士も自動的にLV70となる。これまでも蒼天編(パッチ3.x)では学者をカンストさせていたので使う機会はあったはずなのだが、当時はフィジカルボーナスをジョブチェンジするごとに振り直すのが面倒で全く触っていないジョブになっていた。

ところが、紅蓮編(パッチ4.0)で状況が変わる。これまで足枷になっていたフィジカルボーナスが廃止されたのだ。 

loxley-note.hatenablog.jp

つまり、ボーナス値の振り分けし直しという面倒な作業が不要になったので召喚士を始めたわけだ。

元々ペットジョブ好きであったし、FFといえば召喚士といえるほど著名でもある。ネットの評判を見ても弱いようには見えなかったのでやってみることにした。

f:id:Loxley:20170709155259j:plain

学者で真理装備とラクシュミ装備は揃えておいたので、所要時間と装備的には有利な条件で始めることができたのも大きいが、LV70召喚士をプレイしてひと通り使いこなせるようになった今の感想は

「召喚士は簡単な割に強い」

である。

 

スキル回しが決まっている

FF14公式のジョブガイドで各アクションの仕様を把握すると、召喚士のスキル回しはじつは決まっていることがわかる。

ファイナルファンタジーXIV: ジョブガイド「召喚士」

スキル回しに組むこむのはDoT2種とトライディザスターによるルイン強化、トランスバハムート、トランス深度2でのサモン・バハムート。

DPSの伸びはどれだけ効率よくバハムートを呼び出せるか、強化されたルインを撃てるかにかかっている。

f:id:Loxley:20170708162423j:plain

 

さらにInstant魔法も持っているので、移動にも強い。バハムート系の履行は詠唱が必要ないので移動攻撃だって可能だ。木人相手に強いジョブはいると思うが、実戦でのギミック処理で大きくDPSを落とすと思う(黒魔道士がその最たる例だろう)。その点、召喚士だと移動にあまり左右されないので大きくDPSを落とすことは避けられる。

 

召喚士はペットジョブということで一見煩雑な操作に見えるが、そんなことはなく、学者に比べるとペット操作ははるかに簡単だ。イフリート・エギを召喚してフリーファイトを実行し、本体の方のスキル回しとギミック処理に専念すればいい。回復はヒーラー様がやってくれるし、いざというとき用にドレインも使用可能だ(召喚士のフィジクは使い物にならないのでホットバーから外した)。ドレインの回復量が少ないと思って軽んじてはならない。回復と同時に攻撃もしているのだ。トータルで考えると優秀な魔法である。

 

パーティ半壊時の立て直しにも参加できる

召喚士は迅速魔→リザレクでヒーラーが落ちた時の立て直しにも参加できる。赤魔道士ほどではないが、万能感がある。正直ここまで便利なジョブだとは思っていなかった。強くて便利なジョブ、それがエンドコンテンツで召喚士を使用した筆者のイメージだ。(パッチ4.0の機工士も面白そうだが、なぜか人気がない。機工士は人気でいうとブービー賞だ)

 

バハムートが邪魔

パッチ4.0の召喚士の難点は2つある。一つはスキル回しに失敗すると挽回が難しいこと。エーテルフローを利用するアクションで失敗すると次のエーテルフロー補充を待つことになるので結果的にバハムート召喚・履行が遅くなり、DPSに影響する。

もう一つは召喚士したバハムートが大きすぎて邪魔なのである。極スサノオ討滅戦後半に呼び出すとまことに肩身が狭い。(ヽ´ω`)

できればバトルフィールド上でなく、外周を飛んでいてくれないだろうか・・・。

 

学者の利点

お手軽で強い召喚士だが、どんな時でもどんな場面でも使えるわけではない。DPSである以上、パーティへの参加しやすさは学者にはかなわない。

以下の点では無理に召喚士を使用せず、学者を使用したほうがいいだろう。

シャキ待ちの速さ

ルーレットに参加するならヒーラーである学者のほうが有利だ。「アラガントームストーン:真理」や今後実装される「万物」を貯めるならヒーラーの方が早い。 なにしろシャキ待ち時間が圧倒的に違う。

loxley-note.hatenablog.jp

 

レベリングルーレットの不足ロールボーナスで不活性クラスターを狙う

パッチ4.01 hotfixではレベリングルーレットの不足ロールボーナスに「不活性クラスター」が追加された。これはタンク不足を解決しようと試みられた対策だが、別にタンクだけもらえるというわけではない。ヒーラーが不足しているならヒーラーでももらえるのだ。

f:id:Loxley:20170710002015j:plain

loxley-note.hatenablog.jp

召喚士の装備にはハイマテリジャを装着したい。そこでレベリングルーレットの不足ロールボーナスを利用してお手軽にハイマテリジャを集めるのである。

 

今後は装備の準備に学者、エンドコンテンツは召喚士というプレイスタイルでいこうと思う。不足ロールボーナス用に暗黒騎士を上げている最中だが、これはまだまだ時間がかかりそうだ。


調べるブログ(サブブログ) / エフエフアンテナ / FF14アンテナ / FF11ブログアンテナ / TOPに戻る

  • このページでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。
  • 当ブログ記事の2ch系まとめサイトへの無断転載を禁じます。
  • 投稿した記事内容は私的なものであり、所属する組織・団体に関連性はありません。
  • Loxley-Noteは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

(C)LOXLEY-NOTE