Gamer Blog [Loxley-Note]

スクエニ・任天堂のゲームを中心としたサブカルチャーブログです。たぶん。最近はFF14の記事中心です。

『FF14』召喚士にジョブチェンジしてコンプ目的の極スサノオ討滅戦パーティに参加したら一発クリアできた!

FINAL FANTASY XIV 紅蓮のリベレーター(パッチ4.0)のエンドコンテンツを引き続き遊んでいる。

パッチ4.0ではスタートからジョブを学者メインで遊んできたのだが、極スサノオだけは練習パーティではどうにも突破できない状況が続いていた。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/L/Loxley/20170629/20170629005547.jpg

loxley-note.hatenablog.jp

そこで、学者LV70ということは召喚士もLV70ということでDPSロール枠での参加を検討してみたところ、なかなか良い結果が出たのである。

召喚士でコンプリート目的の募集に参加して一発クリア!

召喚士の練習をひと通りした上で、クロスワールドパーティ募集で「コンプリート目的」のパーティに参加したところ、なんと一発でクリアできたのである。極スサノオは「ヒーラーゲー」と言われているくらい、ヒーラーに負担がかかるバトルのようで、学者での戦闘を経験していると召喚士での役割はそれほど難しくはなかった。

なにせ、

  • 敵の攻撃パターンを理解して
  • 最適と思われる行動を取り
  • とにかく削る

これだけである。

極スサノオ戦のDPSは簡単で、ヒーラーと比べるとヌルゲーというか、ノーミスクリアであった。

f:id:Loxley:20170708161733j:plain

最初から召喚士でエンドコンテンツ行けばよかった。(=ω=) 

あの前半~後半練習パーティに参加し続けた日々はいったい・・・。

 

学者の場合、本体とフェアリーを手動で操作しないと他のヒーラーに回復力で追いつかない。ギミックを理解しつつ、とにかく練習してプレイヤースキルを向上させた結果、召喚士を使うとヌルゲーと化してしまったようである。初めてDPSで挑んだ極蛮神戦の結果が初勝利とはうれしい誤算であった。

 

武器:須佐之男経典 もゲット!

2回目はRFに参加したところ、早速召喚士の武器「須佐之男経典」もゲットできた。

f:id:Loxley:20170708162310j:plain

本カバーはなかなか重厚な作り。 1冊ウン万円もしそうであるが、ロウェナ商会が大量に印刷させたのか在庫数は非常に多いようだ。

f:id:Loxley:20170708162423j:plain

ページを開くと中身は和風の文字が見える。

ハイマテリジャを初装着した! 

f:id:Loxley:20170708162506j:plain

早速新しい武器「須佐之男経典」に「天眼のハイマテリジャ」を装着しておいた。召喚士のサブステータスはダイレクトヒットとスペルスピードを上げていこうと思う。

ダイレクトヒットはダメージを底上げし、スペルスピードはDoTダメージ上昇と魔法を撃つ回数を増やす。

召喚士はDPSを出すために、トライディザスターによるルイン系強化バフの効果間内にルインジャを数多く撃つことが求められる。スペルスピードは上げておいて損はないサブステータスだと思う。短縮された詠唱時間の分、他のことができるからだ。

 

ではしばらくの間、またエンドコンテンツに通い続け、召喚士の装備強化に勤しみたいと思う。

当面の活動はパッチ4.05で実装されるオメガ零式に備えて、装備の強化目的でエンドコンテンツ通いと、修理・食事、素材目的でクラフターとギャザラー上げがプレイの中心となるだろう。


調べるブログ(サブブログ) / エフエフアンテナ / FF14アンテナ / FF11ブログアンテナ / TOPに戻る

  • このページでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。
  • 当ブログ記事の2ch系まとめサイトへの無断転載を禁じます。
  • 投稿した記事内容は私的なものであり、所属する組織・団体に関連性はありません。
  • Loxley-Noteは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

(C)LOXLEY-NOTE