Gamer Blog [Loxley-Note]

スクエニ・任天堂のゲームを中心としたサブカルチャーブログです。たぶん。最近はFF14の記事中心です。

『FF14』パッチ4.0メインクエスト完了と紅蓮PvP装備「白狐装備」を取ってきた話

紅蓮のリベレーター(パッチ4.0)メインクエスト完了

週末にFINAL FANTASY XIV 紅蓮のリベレーター(パッチ4.0)のメインストーリーをクリアした。筆者が所属するフリーカンパニー(FC)、リンクエシェル(LS)といったゲーム内コミュニティの中ではかなり遅めのクリアだった。

どうやら先行組の大多数のプレイヤー達はサブクエストをあんまり消化しないものらしい。インスタンスダンジョン(ID)に通って装備を集めつつレベルを上げていたようだ。

筆者はレベリングIDにはシャキ待ちの早い学者で参加し、ついでに召喚士ジョブクエストもやっておいた。しかし、サブクエスト群の消化的にはこれが誤算だった。予想よりも貰える経験値が多すぎたのである。

 

FF14のメインストーリーはサブクエストを含み、無理なく一つのジョブをレベルキャップに到達できるよう、設計されている。これは新生エオルゼアも蒼天のイシュガルドも変わらない。(蒼天はLV59→60の間がちょっとアレだったが・・・)

 

しかし、巴術士クラスから派生する学者と召喚士はちょっとイレギュラーな存在なのである。通常1ジョブ分の経験値だけ貰えるところが、巴術士クラスの場合は学者と召喚士の2ジョブあるものだから両方のクエストをこなすとそれだけ多めにジョブクエストの経験値が(巴術士クラスに)貰えてしまう。

f:id:Loxley:20170626022405j:plain f:id:Loxley:20170626022415j:plain

そのためギラバニア湖畔地帯についた時にはレベルキャップの70に到達してしまい、サブクエスト(LV69のクエスト群)を消化すると経験値がもったいないなので、いずれ上げるであろうサブジョブ用に残しておくことにした。

 

メインクエストの感想についてはスクエニにいろいろ言いたいことは山ほどあるが、別の機会にするとして、とりあえず割愛しておく。

・・・と思ったが、一言だけ。ギラバニア湖畔地帯の風脈はかなり大変だった。以下の発言を信じた筆者涙目である。

吉田P:「紅蓮の風脈はそんなに意地悪なものはないはず」

風脈を取りに行ったプレイヤー達一同:「(=ω=#)<クッソ大変だったぞ!何だあれ!!」

f:id:Loxley:20170627002546j:plain

 

パッチ4.0 エンドコンテンツスタート

FF14ではパッチ2.0、3.0、4.0のメインクエストを終わらせるとそれぞれのエンドコンテンツが解放される。

パッチ4.0(紅蓮のリベレーター)ではレベルキャップが70になり、現在は2つのエキスパートダンジョンと2つの極蛮神戦が実装されている。

来月7月4日には8人レイド「次元の狭間オメガNORMAL」が実装され、さらに難易度の高いレイド「零式」は7月18日に実装予定となっている。

 

パッチ4.0xリリーススケジュールは以下の記事でも紹介している。

loxley-note.hatenablog.jp

 

プレイヤー達はレイドが実装されるまでアラガントームストーン:真理を集めてアイテムレベル(IL)を上げ極蛮神戦に挑戦し、さらに上のIL装備を狙う。

 

パッチの内容は偶数・奇数で異なり、偶数パッチでは難易度の高い8人レイドが追加され、奇数パッチではよりカジュアル層向けの24人レイドが追加される。

 

FF14のゲームシステムはだいたいこんな感じで構成されており、アラガントームストーンを入手しやすくするため、「ルーレット」というシステムも用意されている。

ルーレットにはエキスパートダンジョン、レベリングダンジョン、ギルドオーダー、蛮神戦と複数あり、デイリークエスト的に毎日消化するのだが、筆者がよくやるルーレットは「フロントライン」と呼ばれるPvPコンテンツだ。

 

フロントラインは短い時間でアラガントームストーンを手軽に入手できる。まだやったことのない人はぜひやってみてほしい。お勧めだ。

PvPコンテンツ専用の報酬も用意されていてモチベーションアップにもなる。

 

パッチ4.0にはPvP戦績報酬の追加もあった

パッチ4.0ではそんなPvPコンテンツにも新たな報酬が追加されていた。PvP戦績と交換する装備に白狐・黒狐装備が追加されていたのだ。

これまでPvP戦績は牙狼装備に交換していたのだが、最近は欲しいものもなくなってきていた。

loxley-note.hatenablog.jp

 

そんなわけでPvP戦績が余り気味だったのだが、やっと使う機会がきたようだ。

 

白狐装備

そろそろカンストしそうな勢いだったPvP戦績で白狐装備を早速入手してきた。

狐のお面を斜めに被っているのが可愛い。 

f:id:Loxley:20170626014602j:plain

白狐面

白狐道着

白狐手甲

白狐筒袴

白狐脚絆

 

フロントビュー

f:id:Loxley:20170626014616j:plain

 

サイドビュー

f:id:Loxley:20170626014626j:plain

サイドというかちょっと斜め。

 

リアビュー

f:id:Loxley:20170626014635j:plain

狐の尻尾風のデザインが可愛い。 

 

「アラガントームストーン:真理」目当てに当分フロントラインに通いそうなので、次はPvP戦績で黒狐装備を入手したいと思う。 (白狐はヒーラー系ジョブ、黒狐はソーサラー系ジョブが装備できる)

 

巴術士は2in1で便利かも

巴術士はパッチ2.0で追加されたクラスであり、上述したように学者と召喚士はその派生クラスだ。パッチ3.xで初めてカンストさせたが召喚士はほぼ放置していた。

しかし、現在はフィジカルボーナスが廃止され、学者・召喚士を気軽にジョブチェンジできるようになった。

loxley-note.hatenablog.jp

今後のメジャーバージョンアップでは、巴術士クラスを上げてDPS(召喚士)・ヒーラー(学者)どちらにでも対応できるようにしようと思う。

なによりも2つジョブを上げずに済むのが時間的に嬉しい。

 

さらにシャキ待ちの早いタンク職を上げられれば完璧なのだが、さすがにそこまで手が回っていない。

 

当面はDPS・ヒーラーの装備を揃えて、より難易度の高い新コンテンツに挑戦していこうと思う。

ちなみにFF14の高難易度コンテンツとは悪名高い「大縄跳び」である。ギスギスでストレス。非常にマゾい。(自分も含めて)FF14プレイヤーはよくやるなーこんなの。

 

FF14のエンドコンテンツ 

それでもFF14でエンドコンテンツをやりたい!という新規の方には、まず自分に合ったコミュニティを探すことをお勧めする。

FF14には便利なCF(コンテンツファインダー)・RF(レイドファインダー)が実装されているが、これはあくまでもプレイヤー同士をマッチングさせるための仕組みであり、目的が違うことやプレイヤースキルが違いすぎることで起こる悲劇も多々ある。

 

自分に合ったコミュニティでコツコツのびのびとプレイしていくほうが長い目で見た場合、続いていくと思われる。野良で闇落ちしてそのまま引退したプレイヤーは数知れず。

 

スクエニのCMではFF14を「600万人の冒険者がプレイするMMORPG」などと銘打っているが、9割くらいはもういないんじゃないかと思われる。MMORPGなのにふるいのかけ方が凄まじい。ほとんどがスクエニの須藤氏が実装したコンテンツが原因だと思うが。

※高難易度レイドやダンジョンの理不尽な初見殺しギミック開発担当者。「プロマシアの呪縛」で悪評が絶えない河本氏の上を行く嫌われぶりは他者の追随を許さない。ついたあだ名は「光の戦士絶対○すマン」。もちろん筆者も大っ嫌いである。٩(′д‵)۶
たぶん、この人物がいなければFF14はもっと商業的に成功していたと思う。ライト寄りでいいじゃん、国民的ゲームのFFなんだから。


調べるブログ(サブブログ) / エフエフアンテナ / FF14アンテナ / FF11ブログアンテナ / TOPに戻る

  • このページでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。
  • 当ブログ記事の2ch系まとめサイトへの無断転載を禁じます。
  • 投稿した記事内容は私的なものであり、所属する組織・団体に関連性はありません。
  • Loxley-Noteは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

(C)LOXLEY-NOTE