Gamer Blog [Loxley-Note]

スクエニ・任天堂のゲームを中心としたサブカルチャーブログです。たぶん。最近はFF14の記事中心です。

『FF14』パッチ4.0新エリアを探検しつつFATEに参加するのが楽しい

「FINAL FANTASY XIV 紅蓮のリベレーター」のメインストーリーを進めている。FF14プレイヤーの中でも比較的ライト層に位置する筆者の進みは遅い。

これまで「ギラバニア辺境地帯」、「ギラバニア山岳地帯」、「紅玉海」、「ヤンサ」、「アジムステップ」をゲーム中に登場する暁のメンバーと共に旅してきた。

f:id:Loxley:20170621203251j:plain

紅蓮のリベレーターのメインストーリーのシナリオは秀逸で、事前に公式および吉田Pから展開されていた、

  • 帝国支配下の属州に住まう人々、その困難な暮らしと絶望
  • 「ヨツユはたいがい酷い奴」 by 吉田P
  • 観光地としての紅玉海
  • アジムステップの広さと開放感

等についても十分に堪能した。

進捗的には学者がレベル66ということもあり、おそらく折り返しに入ったところだろう。全貌はネタバレ回避のためネットの情報を探っていないので不明だ。インスタンスダンジョンや蛮神戦も全て初見未予習で進めている。

お使いが続くサブクエストはパッチ4.0になろうと相変わらずつまらないが、新しく追加されたFATE(Full Active Time Event)はなかなか楽しい。

一期一会のFATEが面白い

f:id:Loxley:20170621203041j:plain

FATEは新生エオルゼアのローンチに導入されたフィールドコンテンツだ。正直言って使い古されたコンテンツだし、元々洋ゲーのRiftで先に導入されていたものだ。何の目新しさもない。 

 

しかし、新エリアの探索を行ってクエストであちこち移動している時に出くわすFATEは面白い。最初は2~3人で戦っていたFATEに人が集まってきたり、ボスFATEの助力を請うshoutを見て駆けつけたり、冒険者同士が集まり、何かをするのがとにかく楽しいのだ。

大人数でのフィールドバトルはまさにMMORPGであり、一期一会のコンテンツでもある。(そのうち新生・蒼天の時のように効率化し、パーティで周回してレベル上げするコンテンツになるかもしれないが)

 

インスタンスダンジョンを周回する人、モブハンに勤しむ人、観光ついでにFATEを連戦する人。あるいは職人として資産を稼ぐ人やギャザラーで新エリアの収集品開拓をする人など。

様々な遊びと時間の過ごし方があるMMORPG「FINAL FANTASY XIV」。

根性版をプレイしていた頃はこんなに人が集まるなんて思いもしなかった。高難易度レイドなど新たなコンテンツが追加されるまで、しばらくはこのお祭り騒ぎを楽しんでいきたいと思う。

 

これまでのFF14の開発パターンだと、奇数パッチの開発に時間がかかりすぎて客が離れていったのだが、今後はどうなるだろうか。

loxley-note.hatenablog.jp


調べるブログ(サブブログ) / エフエフアンテナ / FF14アンテナ / FF11ブログアンテナ / TOPに戻る

  • このページでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。
  • 当ブログ記事の2ch系まとめサイトへの無断転載を禁じます。
  • 投稿した記事内容は私的なものであり、所属する組織・団体に関連性はありません。
  • Loxley-Noteは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

(C)LOXLEY-NOTE