Gamer Blog [Loxley-Note]

スクエニ・任天堂のゲームを中心としたサブカルチャーブログです。たぶん。最近はFF14の記事中心です。

『FF14』パッチ4.0のバフエフェクトがわかりにくくないか?って話

2017年6月16日に開始された「FFXIV 紅蓮のリベレーター」のアーリーアクセス期間も終了し、ライト層に位置する筆者もヒーラー(学者)でどうにかレベル60台中盤までの新インスタンスダンジョン(ID)に通えるようになった。 

新IDはなかなか面白い趣向が施してあり楽しめるのだが、困ったのは新アクションの内容である。正直他ジョブのアクションまでは把握していない。特に脳筋近接DPSは興味が無いのでまったくもって情報収集などしていなかったのである。

 

わかりにくいバフのエフェクト

竜騎士の新アクションに「ドラゴンサイト」というアビリティがある。

f:id:Loxley:20170621152559p:plain

筆者は竜騎士のアクションを全くチェックしていなかったのでIDで初めて目にして面食らった。なんと竜騎士がアビリティを使用した相手と赤いラインで結ばれるのである。

予備知識のない筆者は
「敵ボスの即死攻撃か何かかっ!?避けなきゃ!」
と思って必死に離れるのだが、なぜだか竜騎士さんが必死になって追いかけてくる。

 

後で調べてみると、「ドラゴンサイト」というアビリティを使うと与ダメージUPの効果があるようだ。

f:id:Loxley:20170621111940j:plain

なるほどなるほど。いろんな新アクションがあるものだ。

そういえば、侍以外はパーティメンバーに良い効果を与えるバフを持つという事前情報もあったなー (シナジーとかそんなの)。

 

それはいいとして何故にヒーラー(学者)の自分にドラゴンサイトを使ってくるのか。効果範囲が狭いなら隣にいるモンクさんに使えばいいと思うのだが(6mはさすがに狭すぎないか)。

筆者は今後のレイドに備えて学者使用時に手動で妖精さんを操作してMPを節約する練習をしているので、あんまり攻撃とかしたくないのだ。DoT撃つくらいでいいじゃん。

ほら、ヒーラー渾身のエアロ!」(ただし一発)とかいうじゃん?あれは白魔だけど。

 

それに、(ドラクエXの)齋藤Pと吉田Pも14時間生放送の直樹の部屋で言っていたではないか。

齋藤P:「え?FF14てヒーラーが攻撃するの?」

吉田P:「DPSがDPS出せばいいんですよ」

 

解せぬ。(=ω=)

 

小さいバフアイコン

上記はわかりにくいバフの例だが、視認しにくいというバフもある。例えば連続魔だ。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/L/Loxley/20170616/20170616163721.png

連続魔は詠唱が必要な魔法を発動すると次の魔法で詠唱をキャンセルできるのだが、今連続魔効果中か否かはステータスのバフアイコンで確認する。 

 

確認するのだが、これがもう視認しにくいというかわかりにくい。ステータスバーを大きくすればいいじゃんとか言われるかもしれないが、そういう問題ではない。なんだこのバフ・デバフ監視ゲー。

 

「ジョブごとのアクションを整理し、バフを確認しやすくし、プレイヤー間の格差を小さくする」などとPLLで言っていた気がするのだが。

 

とりあえず今後の改修に期待する。PLLでシンプルなHUDも用意するとか言ってたし。 

 

6月22日発売の「週刊ファミ通2017年7月6日号」では開発スタッフへのインタビューも掲載されているそうなので読んでみようかな。暗黒・学者・白魔は興味がある。

www.famitsu.com

タンク&ヒーラーのジョブ検証リポートや、ジョブ専用HUD(ゲージ)を生み出したUI部門への開発スタッフインタビュー。そして、全ユーザー注視の的であるバトルの展望についてもコメントいただいたぞ。 

週刊ファミ通 2017年7月6日号

週刊ファミ通 2017年7月6日号

 

 

Youtune:「FFXIV 紅蓮のリベレーター」ジョブアクション動画

 


調べるブログ(サブブログ) / エフエフアンテナ / FF14アンテナ / FF11ブログアンテナ / TOPに戻る

  • このページでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。
  • 当ブログ記事の2ch系まとめサイトへの無断転載を禁じます。
  • 投稿した記事内容は私的なものであり、所属する組織・団体に関連性はありません。
  • Loxley-Noteは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

(C)LOXLEY-NOTE