Gamer Blog [Loxley-Note]

ゲーム・自作PC・動画などの記事を中心としたサブカルチャーブログです。たぶん。

『FF14』パッチ4.0でPvPコンテンツへの参加が面倒になったな、と思うこと

当ブログへのご来訪まことにありがとうございます。

FINAL FANTASY XIV 紅蓮のリベレーターではPvPコンテンツも大幅にリニューアルされた。内容的にライト層の参加も容易になっており、歓迎したい変更ばかりである。

が、一点だけ改悪というか面倒になった点がある。

ホットバー設定がPvPエリアでしかできず面倒である

jp.finalfantasyxiv.com

PvP専用の「PvPホットバー」が新たに追加されます。

ジョブでPvPエリアに入ると自動でPvPホットバーに切り替わり、PvPエリア限定で使用できます。

 これこれ。専用のホットバーに切り替わるのはいいのだが、そのセット内容の変更がPvPエリアでしか行えないこと。これが面倒なのである。 

 

テレポ代問題 

パッチ4.0メインストーリーを進めていてクガネをテレポの「お気に入り(無料)」に登録している人は多いと思う。メインストーリークエストやサブクエストをやっている合間に「そういえば今日のルーレットまだ回してないや」とフロントラインを選択しようにもそのホットバー設定はPvPエリアに行って実施せねばならないのだ。

既に東州オサード小大陸にストーリーを進めている人ならわかると思うが、エオルゼアへのテレポ代が高い。(リムサへの船代なら300Gだが)

f:id:Loxley:20170618145607j:plain

 

テレポの費用自体はホームポイントやFCやアパルトメントのゲートクリスタル、「お気に入り(有料で減額のみ)」でいくらか安く済ませることはできるが、ホットバーの設定はPvPエリアの一つであるウルヴズジェイルに出向かないとできないのはやはり面倒に感じる。

 

せめてゴールドソーサーのように片道無料の交通手段でもあれば毎日のちょっとした隙間時間でPvPコンテンツに出したいジョブのホットバー設定くらいはできるのだが。

 

ホットバー設定はけっこう時間がかかる

テレポが費用がかかるとなると筆者の場合は貧乏性のため、一気にホットバー設定を複数ジョブ分やっておきたいと思うようになる。これがとてもとても面倒なのだ。重い腰を上げねばならない。

 

というわけでせめてPvE・PvPホットバー設定切り替えUIくらいは街中でできるように実装してほしいところ。街中が難しいのであれば宿の自室でもよい。さすがにウルヴズジェイルとPvPエリアでしかホットバー設定できませんよ、では面倒だ。 

 

PvP報酬の「PvE経験値」はけっこうウマウマだけにこの仕様は惜しい。


調べるブログ(サブブログ) / YouTube Loxley Channel / エフエフアンテナ / FF14アンテナ / FF11ブログアンテナ / TOPに戻る

  • このページでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。
  • 当ブログ記事の2ch系まとめサイトへの無断転載を禁じます。
  • 投稿した記事内容は私的なものであり、所属する組織・団体に関連性はありません。
  • Loxley-Noteは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。