Gamer Blog [Loxley-Note]

スクエニ・任天堂のゲームを中心としたサブカルチャーブログです。たぶん。最近はFF14の記事中心です。

『FF14』ダン・スカーのボスバトルはもう少しどうにかならなかったのかと思う件

Sponsored

FINAL FANTASY XIVの新拡張パッケージ「紅蓮のリベレーター」のアーリーアクセスが始まるまで3週間を切った。

筆者の最近のFF14プレイ状況といえば、赤魔道士のレベル上げの準備をしたり、ルーレットを回して金策をしたり、簡易制作でクラフターを上げたり、その材料集めついでにギャザラーを上げるといった程度だ。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/L/Loxley/20170430/20170430152125.jpg

loxley-note.hatenablog.jp

MMORPGらしく、大変のんびりした遊び方をしている。これはこれでいいかもしれない。しかし、クロの空想帳とマハ古銭、プロトアルテマクエスト等を目当てに通うマハシリーズのボス戦だけはどうにかならないだろうか。はっきりいって面倒くさくてやる気が出ない。

※以下、パッチ2.x、3.xを進めている新規・復帰者の方はネタバレになるのでご注意願いたい。 

ディアボロス戦が面倒くさい

なにが面倒くさいって、それはダン・スカーのボス「ディアボロス」戦だ。

ディアボロス自体、HPが多くて面倒くさい相手なのだが、なにより面倒なのがこの異界の門。

f:id:Loxley:20170530000843j:plain

削って削って門のHP0%に→HP全回復→また削って削って・・・ 

賽の河原の石積みか、これは!(# ゚Д゚) 

グラフィックと演出、BGMがいいだけにこれは残念過ぎる。

演出はいい仕事をしていて、スカアハを吸収して強化される等ボスキャラ格をよく表現しているし、BGMは非常によく雰囲気を盛り上げている。(祖堅サウンド最高だ!) 

THE FAR EDGE OF FATE: FINAL FANTASY XIV ORIGINAL SOUNDTRACK【映像付サントラ/Blu-ray Disc Music】

THE FAR EDGE OF FATE: FINAL FANTASY XIV ORIGINAL SOUNDTRACK【映像付サントラ/Blu-ray Disc Music】

  • アーティスト: ゲーム・ミュージック
  • 出版社/メーカー: スクウェア・エニックス
  • 発売日: 2017/06/07
  • メディア: Blu-ray Audio
  • この商品を含むブログを見る
 

 

なのにバトルがダメすぎる。

 

道中に追加されたプロトアルテマのほうがまだマシだった。これをハードにしたほうがまだ良かったのでは。(ここの戦闘けっこう面白い)

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/L/Loxley/20170312/20170312014252.jpg

loxley-note.hatenablog.jp

 

パッチ4.xの24人レイドはボスのデザインを牙狼の雨宮監督が担当するらしいし、バトルはもうちょっとひねって作ってくれればと思う。(でもなぜかFF11以降、スクエニ伝統というか斜め下にいくんだよなー・・・)

2年間キャスター化された詩人のことは忘れるから、パッチ4.xは本当にがんばってほしい。バトルチーム頼むよ!o(`ω´ )o


調べるブログ(サブブログ) / エフエフアンテナ / FF14アンテナ / FF11ブログアンテナ / TOPに戻る

  • このページでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。
  • 当ブログ記事の2ch系まとめサイトへの無断転載を禁じます。
  • 投稿した記事内容は私的なものであり、所属する組織・団体に関連性はありません。
  • Loxley-Noteは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。