Gamer Blog [Loxley-Note]

ゲーム・自作PC・動画などの記事を中心としたサブカルチャーブログです。たぶん。

『ARMS』初日のバトル高勝率は木村タツヤスタイルが要因だった!

当ブログへのご来訪まことにありがとうございます。

任天堂が今年6月16日に発売する新格闘スポーツゲーム「ARMS」が熱い。筆者も先行オンライン体験会初日に朝、夜の部をプレイした。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/L/Loxley/20170527/20170527102727.jpg

loxley-note.hatenablog.jp

初日はお目当てのキャラ(ツインテーラ)が実装されていなかったため、闘うラーメン少女「ミェンミェン」を多用することになった。このキャラ、一見人気枠かと思いきや、これがなかなかどうしてスタンダードな能力を有していて使いやすい。

ちなみに各キャラクター共通の基本的な操作については公式でも紹介されている。

loxley-note.hatenablog.jp

この記事では体験会初日の高勝率戦術について備忘録がてら紹介しておこうと思う。

以下はミェンミェンの憶えておくと便利な技だ。足技で敵のパンチを弾く技はマスターしておきたい。

 

初日に高勝率を達成した「木村タツヤスタイル」 

木村タツヤは大人気ボクシング漫画「はじめの一歩」に登場するアウトボクサーだ。そのアウトボクサーが作中でも屈指の実力を持つ「死神」こと「間柴了」に挑む際に習得したのがフィニッシュブロー「ドラゴンフィッシュ・ブロー」である。  

はじめの一歩(32) (講談社コミックス)

はじめの一歩(32) (講談社コミックス)

 

相手の意識外から放たれるこのパンチはとてつもない威力を持つ。

ちなみにはじめの一歩ファンには真柴vs木村戦は今でも高評価の一戦だ。総集編を持っている人は大事にしよう。

 

このドラゴンフィッシュ・ブローとアウトボクサーらしい足を使った戦術、「木村タツヤスタイル」をARMS体験会に持ち込んだところ、9割ほどの高勝率を達成できたので紹介しておきたい。(しかしバレーだけは勝てない、あのモードはク○だ・・・)

 

バトル準備

ミェンミェンの標準アームは

  • ドラゴン
  • メガボルト
  • ホットリング

の3種だ。筆者は他キャラでも装着するアームは左に防御系か重い攻撃を行うものを選ぶ。右はジャブ系かフリッカー系のパンチを放つアームを選ぶ。

f:id:Loxley:20170528080021j:plain

左は好みで分かれるがドラゴンは既に対策を練られている感じがしたので重量級のメガボルトで敵のパンチを弾いたほうがいいかもしれない。

重要なのは右手のアームでこれはチャクラム系のホットリングが必須装備だ。

 

上記で述べた「木村タツヤスタイル」の肝は相手の意識外から放つパンチ、これをチャクラム系の高角度に曲がるパンチで実現する。避けたはずの、あるいは意識外から飛んでくるパンチに相手は混乱する。

f:id:Loxley:20170528082308j:plain

そのまま敵をリング中央に配置し足を使って周囲をぐるぐるぐる廻る。削って削って削りまくってガードした敵はタイミングよく投げる。

相手が初心者だからと舐めてかかってはいけない。自分だって初めてプレイしているのだ。相手を間柴了か沢村竜平だと思って気合のドラゴンフィッシュ・ブローを決めよう。

はじめの一歩 間柴vs木村 死刑執行 [DVD]

はじめの一歩 間柴vs木村 死刑執行 [DVD]

 

 

バトルロイヤルでも木村タツヤスタイルは有効

3人以上が投げ込まれるバトルモードでも木村タツヤスタイルは有効だ。はじめの一歩の登場人物「木村達也(こちらがこのキャラの本名、タツヤはリングネーム)」は影が薄い。3人以上のバトルの場合、乱戦となりやすいが重要なのは自分がまっさきに狙われないように速やかに相手の視界外に消えることだ。このとき作中でも屈指の影の薄さを発揮する木村達也作戦が有効である。とにかく敵のパンチを叩き落として要所でガード、漁夫の利作戦を徹底する。2対1でフルボッコにされるなど論外だ。

  • 「長いものには巻かれろ」
  • 「強い方につく」
  • 「オレより弱いやつに会いに行く」

木村タツヤスタイルは最高だ。勝てる、ほぼ間違いなく勝てる。ただし戦い方がクズすぎてフレンド登録申請はこないだろう。泣きそう。

 

リアル周囲の状況に気をつけよう、安全第一

そして最大の敵は対戦相手ではないかもしれない。

筆者はリビングでNintendo SwitchをTVモードでプレイしているのだが、操作方法はJoy-Conの「いいね持ち」だ。もちろんストラップも付けて安全対策は施している。

しかし試合に熱くなると思わず、パンチが大振りになってしまいリビングのテーブルで拳を強打してしまった。非常に痛い。(´;ω;`)

プレイヤー諸君にはリアル周囲の安全に注意してプレイしていただきたいと思う。

 

任天堂の新格闘スポーツ「ARMS」は6月16日発売予定。

 


調べるブログ(サブブログ) / YouTube Loxley Channel / エフエフアンテナ / FF14アンテナ / FF11ブログアンテナ / TOPに戻る

  • このページでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。
  • 当ブログ記事の2ch系まとめサイトへの無断転載を禁じます。
  • 投稿した記事内容は私的なものであり、所属する組織・団体に関連性はありません。
  • Loxley-Noteは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。