Gamer Blog [Loxley-Note]

スクエニ・任天堂のゲームを中心としたサブカルチャーブログです。たぶん。最近はFF14の記事中心です。

第36回FFXIV PLL前日、テスト放送で黒魔道士アクション「三連魔」と新UIがちょっとだけお披露目!

Sponsored

第36回「FINAL FANTASY XIV プロデューサーレターLIVE(PLL)」に先立ってテスト放送が行われた。

f:id:Loxley:20170522012245j:plain

気になるのはバックのリアル「ひんがしの国」的な風景。 2年前の古城のようにメディアツアーのために借用したのだろうか。

PLL本放送は5月23日1時から。日本では深夜のPLLとなるが、モルボル氏が「生で見る価値はある!」と珍しく煽っていたので筆者もぜひとも視聴しようと思う。

live.nicovideo.jp

今回のFFXIVプロデューサーレターLIVEは、6月20日(火)発売予定の 新たな拡張パッケージ「ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター」の最新情報を、 ドイツ・ハンブルクからお届けします。 ■日時 2017年5月23日(火)1:00頃より

モルボル氏、声が出ない

じつはモルボル氏、テスト放送前に声が出ないとツイートしていたので、ニコ生では心配するプレイヤー達のコメントも流れた。

 

いくつかポロリもあったテスト放送 

モルボル氏:「テスト放送なので新情報はありません」

と発言はあったものの、そこはFFXIV PLL、あっさりポロリネタを出していた。

 

風脈

紅蓮のリベレーターでは蒼天編と同様、風脈を開放して空を飛べるようになるのは既報のとおりである。 

f:id:Loxley:20170522012256j:plain

スクリーンショットにはモンクと一緒に風脈が撮影されていた。

 

クガネと黒魔道士の新アクション「三連魔」

吉田P達の手前にあるデスクにはゲーミングデバイスG13が映っていた。 

Logicool ロジクール アドバンス ゲームボード G13r

Logicool ロジクール アドバンス ゲームボード G13r

 

既報の通り、PLLでは吉田P実演による新アクションの説明が行われるのだろう。

loxley-note.hatenablog.jp

このテスト放送では黒魔道士がメインジョブのプレイヤー向けにちょっとしたサービスカットが放送された。(吉田Pのメインジョブは黒魔道士であり、過去にも「吉田撃ち」を始めとして黒魔道士の新情報・テクニック等は取り上げられやすい)

f:id:Loxley:20170522012303j:plain

ひんがしの国エリアの新たな街「クガネ」と思われる街中で踊るララフェル。

 

f:id:Loxley:20170522012309j:plain

UIが見えたところでニコ生のコメント欄がざわつく。どうやら新UIを一部先行公開しているようだ。 

 

f:id:Loxley:20170522012315j:plain

公式フォーラムでポロリされていた黒魔道士の新アクション「三連魔」もテスト放送で初お披露目していた。(実機で生で一般向けに紹介されたのは今回が初だと思う) 

loxley-note.hatenablog.jp

この「三連魔」なる新アクションだが左上にちらっと見えた説明では

"効果時間中に実行する3回の詠唱をともなう魔法について詠唱時間なしで詠唱することができる"

というものらしい。 

f:id:Loxley:20170522012321j:plain

黒魔道士は他DPSと比べ、レイドでの火力が泣き所であった。通常は「滑り撃ち」するが詠唱がキャンセルされるとダメージが0なのが辛いところだ(インスタントアクションは火力が低いし)。筆者も新生編初期の頃、黒魔道士で初期アムダに挑戦したことがあるが、デモンズウォールでDPSが低かったらしく白姫様から苦言を呈され涙した経験がある。セツナイ。(ToT)<仲間と戦うMMORPG FF14。

黒魔道士については今回のバトルシステム変更に合わせて、レイドで活躍できるような仕様変更も盛り込まれるのではないかと期待している。

また、UIが表示されるエリアの中央やや左の影のような表示にも注意したい。バトルになると利用するもののようだ。 

 

そのバトルシステムだが、変更はかなり大きいようで、吉田Pからサブステータスの意味も大きく変わると発言があった。

2日続けて深夜の放送となり、終了時刻も決まっていないそうだが、FF14プレイヤー的にはぜひとも生で見ておきたい番組だと思われる。 

 

ワールド移転優遇措置に関する情報はくるか 

筆者が個人的に気になっているのは先日のメンテナンスで発表された過密ワールドからの移転優遇措置だ。マイハウス欲しい勢にとっては重要な措置であり、優遇措置がEUDCだけでなく国内でも適用されるかについて注目したい。

loxley-note.hatenablog.jp


調べるブログ(サブブログ) / エフエフアンテナ / FF14アンテナ / FF11ブログアンテナ / TOPに戻る

  • このページでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。
  • 当ブログ記事の2ch系まとめサイトへの無断転載を禁じます。
  • 投稿した記事内容は私的なものであり、所属する組織・団体に関連性はありません。
  • Loxley-Noteは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。