読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Gamer Blog [Loxley-Note]

スクエニ・任天堂のゲームを中心としたサブカルチャーブログです。たぶん。

エクスペリエンス新作『死印』の体験版がダウンロード開始!

 3DダンジョンRPG作品で人気のゲームメーカー「エクスペリエンス」が6月1日にPS Vita用新作ゲームを発売する。タイトルは「死印(しいん)」、このメーカーには珍しくホラーアドベンチャーゲームを発売するようだ。

ホラーADV「死印」

f:id:Loxley:20170520181728j:plain

東京都H市、この郊外都市に最近奇妙な噂話が広がっていた。 “シルシ”を持つ者は死ぬ── 突如体にまるで噛まれたような痣 “シルシ” が刻まれ、 原因不明の死を遂げるというものだ。 事実この町では、人が謎の不審死を遂げる 怪奇事件が発生していた。 この事件は都市伝説的に、どこかで幽霊に遭遇したせいだ、 知らぬ間に呪いに祟られるようなことをした、 などと様々な憶測を元に広まっていった。 記憶を失ったあなたは、“シルシ” を持つ者を保護するという洋館の前にいた。 何かに引き寄せられる様に洋館の扉を開くと、そこで美しい人形に出会う。 「ようこそ、九条館へ──」 続けて人形は語る。 「このままでは、あなたは死にます」 「ただ、助かる方法がない訳ではない」 “死” へのカウントダウンはすでに始まっていた… 

本作はPS Storeで体験版が既にダウンロード可能となっている。気になる方は体験版をダウンロードして試してみるとよいだろう。 ちなみに筆者はエクスペリエンスのゲームのファンなのでメーカー買いするつもりだ。

エクスペリエンスの新作だから欲しい

エクスペリエンスといえば3DダンジョンRPG。「剣の街の異邦人」はRPGファンにとって最高の作品であったが、本作はアドベンチャーということでエクスペリエンスらしいテイストとなっているかが気になるところだ。 

新釈・剣の街の異邦人 ~黒の宮殿~ - PS Vita

新釈・剣の街の異邦人 ~黒の宮殿~ - PS Vita

 

 

体験版をちょっとだけやってみた

エクスペリエンスのことだし、体験版のセーブデータは引き継げるだろうと思って早速プレイしてみた。内容的にはいわゆる「学校の怪談」風である。序盤は廃校となった建物に入り、屋内をライトで照らしながら調べて進むのだが、一瞬だけ幽霊が見えたりしてけっこう怖い。油断していると不意打ちで叫び声が聞こえてきたりして激コワである。

f:id:Loxley:20170521193355j:plain

エクスペリエンス作品のUIはわりと作り込まれていて快適にプレイできるものが多いのだが、本作はわざとレスポンスを悪くしてもどかしさを演出しているようにも見える。焦らしたり、急かしたりで恐怖感を煽ろうとしているのだろう。

 

夜のプレイは無理だなーこれ。怖すぎる・・・。

廃校で窓の外見て、「え?今誰かいなかった?」となったときがもう。((((;゚Д゚))))

 

意外と良作の多いPS Vita

任天堂の3DSと比べると人気がないPS Vita。はっきり言って負け組ハードだが、RPGやアドベンチャーゲーム系においては力作が揃っていると思う。PS Plusに加入すればフリーダウンロードタイトルを毎月楽しめるし、懐に余裕があればVita本体を買っておくとよいだろう。ホールド感もよいし操作性もなかなか。人気はないがSONYらしい良ハードだ。

死印

死印

 
PlayStation Vita Wi-Fiモデル ブラック (PCH-2000ZA11)

PlayStation Vita Wi-Fiモデル ブラック (PCH-2000ZA11)

 

 

Youtube:PS Vita『死印』 第一弾PV



調べるブログ(サブブログ) / ゲーム用周辺機器を探す(Amazon) / エフエフアンテナ / FF14アンテナ / FF11ブログアンテナ / TOPに戻る

  • このページでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。
  • 当ブログ記事の2ch系まとめサイトへの無断転載を禁じます。
  • 投稿した記事内容は私的なものであり、所属する組織・団体に関連性はありません。
  • Loxley-Noteは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

(C)LOXLEY-NOTE