Gamer Blog [Loxley-Note]

スクエニ・任天堂のゲームを中心としたサブカルチャーブログです。たぶん。最近はFF14の記事中心です。

ファイナルファンタジーXIが15周年!ファミ通で16ページの特集記事が掲載、中村悠一氏も登場!

今から15年ほど遡った昔、意欲に溢れた一つのMMORPG作品が世に送り出されました。その作品の名は「ファイナルファンタジーXI」。当時コンシューマー機(PlayStation2)向けに発売されたこの作品は幅広い年齢層に受け入れられオンラインゲームとしても大ヒットとなりました。(リリース日は5月16日。一週間ほどログインしにくい状況が続き、新聞にも掲載されましたね。筆者はFF11のパッケージは入手していたものの、BBユニットが手違いで外付型が届けられてしまい、一週間遅れのスタートとなりました)

f:id:Loxley:20170510190448j:plain

www.famitsu.com

FF11の15周年を記念してファミ通2017年5月25日号(明日発売)では16ページもの特集を組んだようです。久々にファミ通を買ってみようかなと思います。 

週刊ファミ通 2017年5月25日号

週刊ファミ通 2017年5月25日号

 

ファミ通のででお氏発言騒動と当時大人気だった電撃の旅団

などと書いておいてなんですが、当時のFF11プレイヤー達にファミ通はあんまり評判がよくなかったんです。発端はででお氏の「赤魔だけかな。最悪なのは」発言だったと思います。全国誌でプレイヤー向けに、それも赤魔道士プレイヤーを狙い撃ちしての発言だったため、それはもう景気良く炎上しました。

この騒動以降、 

「だいじょうぶ!ファミ通の攻略本だよ!」

「だいじょうぶ?ファミ痛の攻略本だよ?」

などと揶揄されたり。

 

さて、ファミ通の当時のFF11プレイヤーからの不人気ぶりはご理解いただけたと思うので、次は他誌のライターにもふれてみます。当時人気があったのは電撃の旅団です。その独特な特集記事の内容と構成の他に、団長、オショー、キティ、みー子、ザンゲツとライター陣が個性的で本誌だけでなく4コマ漫画も人気がありました。  

ファイナルファンタジーXI 電撃の旅団編 電撃・えふえふいれぶん・4コマ・マンガ NO.1

ファイナルファンタジーXI 電撃の旅団編 電撃・えふえふいれぶん・4コマ・マンガ NO.1

  • 作者: ファイナルファンタジーXI電撃の旅団,江本聖
  • 出版社/メーカー: メディアワークス
  • 発売日: 2004/02/20
  • メディア: コミック
  • クリック: 3回
  • この商品を含むブログ (9件) を見る
 
ファイナルファンタジーXI 電撃の旅団 編 電撃・えふえふいれぶん・4コマ・マンガNo.2

ファイナルファンタジーXI 電撃の旅団 編 電撃・えふえふいれぶん・4コマ・マンガNo.2

 

懐かしい。当時筆者も電撃の旅団本は買い漁っていたものです。

 

筆者も当時はオーディン在住だったので寝落ちしていた団長をホラのゲートクリスタル付近でよく見かけました。ザンゲツ氏はタブナジア地下壕でよく放置していましたね。旅団人気が原因かはわかりませんがオーディンが過密サーバーになってしまい、アトルガン白門付近はよくサーバーダウンしていたものです。

 

最近のオーディンの状況はこちらの記事で紹介しています。

loxley-note.hatenablog.jp

 

上述したファミ通本の特集には「リディル中村」こと、声優の中村悠一さんのインタビュー記事も掲載されているそうです。中村さんも最近復帰して遊んでいるみたいですね。(筆者も復帰した時にミッションがソロプレイ可能になっててビックリしました)

現在、中村さんは同じくスクエニのMMORPG作品「ファイナルファンタジーXIV」にサンクレッド役として出演されています。 そしてFF14でも著名な廃プレイヤーとして活躍されています。

loxley-note.hatenablog.jp

中村さんがFF14のニコ生番組に出演する際は「吉Pに物申す」コーナーとなるので大人気ですね。

FF14は大縄跳びコンテンツに対して賛否両論あるものの、今の時代に合わせた仕様のMMORPG作品となっており、月額課金のサービスとしてはグローバルでもWorld of Warcraftに次いで人気があるようです。

ファイナルファンタジーXIV コンプリートパック【予約特典】オリジナルPC壁紙配信

ファイナルファンタジーXIV コンプリートパック【予約特典】オリジナルPC壁紙配信

 

 

そういえば中村さんがFF11を始めたきっかけやどうやってのめり込んでいったのかは知りませんでした。今回の特集ではそのあたりも紹介されているそうなのでじっくり読んでみたいと思います。売り切れそうなら電子書籍版にしようかな。

電子書籍版はBOOK WALKERで取り扱っているそうです。 

BOOK WALKER (電子書籍)

BOOK WALKER (電子書籍)

  • BOOKWALKER
  • ブック
  • 無料

 

「リディルとはなんぞや?」という方にはこちらの動画が参考になるかと思います。

www.nicovideo.jp


調べるブログ(サブブログ) / エフエフアンテナ / FF14アンテナ / FF11ブログアンテナ / TOPに戻る

  • このページでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。
  • 当ブログ記事の2ch系まとめサイトへの無断転載を禁じます。
  • 投稿した記事内容は私的なものであり、所属する組織・団体に関連性はありません。
  • Loxley-Noteは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

(C)LOXLEY-NOTE