Gamer Blog [Loxley-Note]

ゲーム・自作PC・動画などの記事を中心としたサブカルチャーブログです。たぶん。

第35回 FFXIV PLLで吉田Pが30周年記念ワインギミック解除に失敗!スタッフに出荷される事態に

第35回「FFXIV プロデューサーレターLIVE(PLL)」をニコ生のタイムシフトで視聴した。マリオカート8デラックスに夢中だったのでPLLは後回しだったのだが、ゲームの新情報よりスタッフ間のやり取りが楽しい、いつものPLLだった。(FFXIV PLLの配信は企業が配信する中では最高に面白いと思う)

live.nicovideo.jp

吉田P、ファイナルファンタジー30周年記念ワインのコルク抜きに挑戦する!

PLLの生放送中に販促コーナーがあったのだが、ファイナルファンタジー30周年記念ワインも登場した。今回は生放送中にこのワインを開けて飲むことになっていたようだが、 ここで吉田Pの暴走が始まる。(誕生日が近いってことで誕生日企画に変わる)

f:id:Loxley:20170430110509j:plain

念のためワインの裏には付箋が貼ってあり、生放送で登場する前に剥がしておく必要があっただが、そのまま手渡すところがFFXIVスタイル。通常運転である。 

なぜか高い方のアニバーサリーワインを開け始める吉田P、焦る広報

安い方のワインを開けるよう、付箋まで貼って念入りにスタッフから指示が出ていたのだが、そこはFFXIVプロデューサー兼ディレクターの吉田直樹氏。いつものように暴走する。(新拡張パッケージ「紅蓮のリベレーター」でよほど忙しいのかストレス発散のようにも見えた)

f:id:Loxley:20170430110517j:plain

外装を解いたところで

広報:「吉田さん、ホントまずいッス。それ会社に一本しかないッス」

吉田P:「なにが?オレ誕生日だもん」

容赦なくアニバーサリーワインを開けていく吉田P、最高。(吉田Pは自費でも1本アニバーサリーワインを購入しているので会社の展示・撮影用には最悪それを使ってもらうつもりだったのだろう)

 

悪戦苦闘のコルク抜き

しかし、さすがに30年モノのコルクを見て怖くなったのか、モルボル氏に開けてみないかと促す。

f:id:Loxley:20170430110524j:plain

吉田P:「30年モノワイン、コルク千切れそうで怖い。開けない?」

モルボル氏:「そ、そんなこわいことできませんよ・・・」 

この時点でgdgd感は出ていた。通常運転である。

 

f:id:Loxley:20170430110607j:plain

コルクを抜こうとして「ミシ、ミシ、パキッ」と苦戦中の音が隣から聞こえてきて困った様子のモルボル氏。全力で巻き込まれている。

吉田P:「うわ、コワー」

広報:「吉田さん、戻しましょう!まだ戻れます!」

吉田P:「いや戻れねーよ、これ」

モルボル氏:「被害者増やすのやめましょう!」

アドリブでも安定のFFXIVスタッフ。モルボル氏のこの表情、やらせではない模様。

 

吉田P、本気出す!

なかなか抜けないコルクに業を煮やした吉田P、本気を出す。なんとトレードマークのジャラ(シルバーアクセサリ)を外し始める。

f:id:Loxley:20170430110615j:plain

第一回FFXIV PLLから見ているが、ジャラを外したところを見るのはこれが初めてだ。役員会でも付けていくそうなのに。

吉田P:「(これまでの人生で)こんなに集中したことない!」 

→今、「紅蓮のリベレーター」の最終調整真っ最中のはずだが、安定のFFXIVスタッフである。全力で通常運転。

 

モルボル氏、あきらめる

隣から不穏な音が聞こえる中、モルボル氏はついに観念したらしい。

モルボル氏:「さて、コルク開けチャレンジ中ですが、これはもうしかたないですね」

f:id:Loxley:20170430110627j:plain

モルボル氏、生放送中に諦める。 ちなみに隣でコルク抜きに夢中になっているこの人物、スクエニの執行役員だったりする。

 

吉田氏、極コルク抜き討滅戦に挫折し出荷される

コルク抜きギミックの解除はさすがに無理だと判断したのか、控えているスタッフに後を託す吉田P。

f:id:Loxley:20170430110637j:plain

出荷待ちの表情を御覧いただきたい。あきらかに憔悴している。 

 

吉田P、モルボル氏ワインを楽しむ

裏でコルク抜きをやってくれた超優秀なスタッフのおかげで無事ファイナルファンタジー30周年記念ワインは開封された。

f:id:Loxley:20170430110644j:plain

手酌で注いでいく吉田P。

吉田P:「(感銘を受けた様子で)うまい!」

羨ましそうなモルボル氏の表情が特に面白かった。

 

過去最大級のピンチを迎えたPLL、場を繋いだモルボル氏にも労いのワインがグラスに注がれる。

f:id:Loxley:20170430110651j:plain

モルボル氏:「私、一番得なポジションですね」 

どうみても共犯。ニコ生のコメントも同じ感想らしい。

 

f:id:Loxley:20170430110656j:plain

モルボル氏:「30年モノワインおいしいです!」

吉田P:「橋本さん、あざーす!」

ファイナルファンタジー30周年記念ワインは4本売れていて会社で保有しているものはこの一本しかないそうだ。この後、撮影とか記念品展示で使う予定だったようだが、

吉田P:「橋本さん(スクエニの専務執行役員の方)がなんとかしてくれると思います!貸しあるんで!」

 

それにしてもモルボル氏の笑顔がいい。妖怪コラボ発表時の白魔道士の武器が決まった瞬間のようだ。(あの「やったー!」からドボンゲームは始まった)

loxley-note.hatenablog.jp

 

開封されたワインはスタッフにも好評だったらしい。 

 

 

「紅蓮のリベレーター」発売前の国内PLLはこれが最後だそうで、次は海外からの配信になるのだとか。国内PLLは発売後のお楽しみに。

 

番組視聴後、FFXIV PLL中に発表された新ベンチマークも実行してみた。PS4版はベンチマークはないものの、PS4テーマが配信予定とのこと。

loxley-note.hatenablog.jp


調べるブログ(サブブログ) / YouTube Loxley Games / エフエフアンテナ / FF14アンテナ / FF11ブログアンテナ / TOPに戻る

  • このページでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。
  • 当ブログ記事の2ch系まとめサイトへの無断転載を禁じます。
  • 投稿した記事内容は私的なものであり、所属する組織・団体に関連性はありません。
  • Loxley-Noteは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。