Gamer Blog [Loxley-Note]

ゲーム・自作PC・動画などの記事を中心としたサブカルチャーブログです。たぶん。

『FF14』紅蓮のリベレーターベンチマークを実行する

Sponsored

第35回「FFXIVプロデューサーレターLIVE」の配信中に新ベンチマークが発表されたので筆者も早速実行してみた。

f:id:Loxley:20170429231104j:plain

live.nicovideo.jp

蒼天のイシュガルドの時もそうだったが、新ベンチマークが出てくるといよいよ新拡張パッケージの発売が近いのだな、秋葉原のPCショップも賑わうかな、などと考えてしまう。FF14のベンチマークソフトはプレイヤーだけでなく、自作PCパーツ業界にもそれだけインパクトのあるソフトなのだ。

jp.finalfantasyxiv.com

ところで久々に見た祖堅氏のベンチ写真は完全にすべっていたと思う。ニコ生のコメント欄が一瞬にしてギスギスムードになったのには少し笑ってしまった。 

f:id:Loxley:20170429230930j:plain

新ベンチマーク実行結果 

ベンチマークの実行結果は「11820」、「非常に快適」であった。 

f:id:Loxley:20170429230120j:plain

SCORE:11820
平均フレームレート:80.937
評価:非常に快適
-非常に快適に動作すると思われます。お好みのグラフィック設定でお楽しみください。
ローディングタイム:
シーン#1 2.653sec
シーン#2 3.555sec
シーン#3 2.779sec
シーン#4 3.917sec
シーン#5 7.118sec
シーン#6 1.750sec
合  計 21.773sec

 

スコアの目安は以下に。 

f:id:Loxley:20170429231601j:plain

 

実行したPCの環境はこちら。 

loxley-note.hatenablog.jp

 

推奨環境は想定していたよりもリッチな構成を要求

FFXIV 紅蓮のリベレーターからPS3版のサポートを終了し、Windows版の推奨動作環境にも変更が入っている。

特に、以下の記載にはちょっと驚いた。

  • CPU Core i7 3GHz 以上
  • GPU GTX970 以上

PCゲームをプレイする層にはこの条件を満たすことは難しくない。大作タイトルはだいたいこのくらいを要求してくるからだ。しかし、MMORPGの場合、必要SPECはわりと低めに抑えられているものなのだ。それはプレイヤー層を広げるためである。

loxley-note.hatenablog.jp

ずいぶん強気な推奨環境にしてきたものだと思う。元々、新生FF14のクライアントは描画エンジン周りが軽いと高評価であった。必要なGPU性能的にはGTX960で十分だったと思うが、ネックだったのはVRAM不足と帯域不足だろうか。リッチなコンテンツを提供するにはGTX960標準のVRAM 2GBとバス幅では足りなかったのであろう。(GTX960には4GB版もありますが、あれはベンダーオリジナルモデルである)

GTX970を推奨にした理由はもうひとつあって、VRゲームの要求SPECでもあるからかもしれない。FF14ではVR(PSVR含む)に対応するよりも、大多数のプレイヤーが遊べるコンテンツの開発を優先すると吉田氏が発言していたのであくまでも基準にしただけだとは思う。PCゲームの推奨環境はGTX970以上のものが多いから。

 

CPUの推奨ハードウェアをCore i7以上にしたのはGPUの性能を発揮させるためだと思う。Core i5 2500クラスだとGPUを変えてもスコアが頭打ちになるので。Core i5 7500クラスでやっとGTX1060の性能をフルに発揮できるようになる。これについては以下のレビューで実測を行っている。数パーセントの差ではあるが、古いCPUではGTX1060の性能をフルに発揮できない。

loxley-note.hatenablog.jp

 

以下にWindows版推奨環境の情報を引用しておく。

jp.finalfantasyxiv.com

推奨動作環境 DirectX® 11
OS Windows® 7 64 bit, Windows® 8.1 64 bit, Windows® 10 64 bit
CPU Intel® Core™i7 3GHz 以上
メインメモリ 8GB以上
ハードディスク/SSD空き容量 60GB以上
グラフィックカード NVIDIA® Geforce® GTX970 以上
AMD Radeon™ RX 480 以上
画面解像度 1920x1080
インターネット ブロードバンド接続
通信ポート ルーターを利用している場合は、下記の番号でパケットが通過できるようポートの設定を行ってください。
[使用する可能性があるポート番号]
TCP:80, 443, 54992~54994, 55006~55007, 55021~55040
サウンドカード DirectSound® 対応サウンドカード(DirectX® 9.0c以上)
DirectX® DirectX® 9.0cおよびDirectX® 11

引用ここまで。

 

FF14 新拡張パッケージ「紅蓮のリベレーター」は6月20日発売です。

 


調べるブログ(サブブログ) / YouTube Loxley Channel / エフエフアンテナ / FF14アンテナ / FF11ブログアンテナ / TOPに戻る

  • このページでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。
  • 当ブログ記事の2ch系まとめサイトへの無断転載を禁じます。
  • 投稿した記事内容は私的なものであり、所属する組織・団体に関連性はありません。
  • Loxley-Noteは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。