Gamer Blog [Loxley-Note]

ゲーム・自作PC・動画などの記事を中心としたサブカルチャーブログです。たぶん。

『FFXIV 光のお父さん』TVドラマ版第一話を視聴した感想を書く

Sponsored

光のお父さんのTVドラマが関東でも始まった!

オンラインゲームを題材としたTVドラマ「FFXIV 光のお父さん」、関西から数日遅れでTBSで放送された番組を視聴しました。 

f:id:Loxley:20170419113035j:plain

MBS/TBSドラマイズム「光のお父さん」公式ウェブサイト

第一話のあらすじ

主人公・稲葉光生(千葉雄大)はある日、父・博太郎(大杉漣)にオンラインゲーム「ファイナルファンタジーXIV」をプレゼントする。

何気なさを装って渡したこのプレゼント、じつは光生にはある思惑があり・・・。 

第一話の感想

第一話冒頭のTVゲーム「FF3」を親子が一緒に買いに行った後、ゲームをプレイしているところでTVドラマのオープニングが始まるシーン、壮大なスケールのエオルゼアとよくマッチしていて感動しました。

ドラマを見る前に気にしていたドラマパート・ゲームパートの切り替えですが、コメディタッチで進んでいき、楽しませていただきました。(きりんちゃんかわいい)

 

ゲームパートのカクツキ的なところは気になりますが、TVとゲームはフレームレートが違うのでこれはしかたないですね。着替えマクロや戦闘エフェクトなどプレイヤーサイドでけっこうしっかり作っていらっしゃったようだったので、スキップ気味に流れていたのが惜しい。後でメイキング映像とかで補完されそうですね。

 

ドラマパートは大杉さん、千葉さんがわざとぎこちない親子関係を演じているのが良かったですね。話数が進むごとに昔のように話せるようになり、最終話ではついに・・・となるのだと思います。大杉さんは最近「シンゴジラ」の総理役で見ていたのでそっちのイメージが強かったです。母親役の石野真子さんも穏やかな表情でホームドラマに最適なキャスティングでした。

 

ドラマの構成はホームドラマかつコメディタッチで小気味いい感じで進んでいきますね。面白いです。脚本もいいんでしょう。

 

ブログ・書籍も読んでいるので先の展開は知ってはいますが、今後のストーリー展開が楽しみです。 個人的には他作品のようなアニメ化より、今回のTVドラマ化のほうが幅広い年齢層が視聴でき、間口が広がるかなとも思います。ファイナルファンタジーってけっこう年齢層が広いゲームですからね。子供時代にFC・SFCで遊んでいて今はお父さん・お母さんになった方々が見るのも意識しているのだと思います。

スクエニFFXIV開発・運営スタッフも見てました

 

 

TVドラマ「FFXIV 光のお父さん」、原作はプレイヤーブログ、単行本化もされています。

ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん

ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん

 

 


調べるブログ(サブブログ) / YouTube Loxley Channel / エフエフアンテナ / FF14アンテナ / FF11ブログアンテナ / TOPに戻る

  • このページでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。
  • 当ブログ記事の2ch系まとめサイトへの無断転載を禁じます。
  • 投稿した記事内容は私的なものであり、所属する組織・団体に関連性はありません。
  • Loxley-Noteは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。