Gamer Blog [Loxley-Note]

ゲーム・自作PC・動画などの記事を中心としたサブカルチャーブログです。たぶん。

『FF14』パッチ3.3を導入した韓国運営、初月以降では過去最高の売上高を記録!

FF14韓国サーバーにパッチ3.3導入

サーバー統合などネガティブな情報が記憶に新しい韓国版ファイナルファンタジーXIV(FF14)ですが、先日パッチ3.3が導入され、商用サービスを始めて初月以降では最高の売上高を記録したそうです。韓国のゲーム情報サイト inven にインタビュー記事が掲載されていました。

パッチ3.3というと「最後の咆哮」ですね。蒼天のイシュガルドのストーリー的にも盛り上がるところです。ニーズヘッグ征竜戦は面白かったですね!

f:id:Loxley:20170405100612j:plain

jp.finalfantasyxiv.com

韓国でも竜誌戦争のストーリー性が話題になり、新たな広告の効果もあって新規冒険者の流入が拡大しているのだとか。この後パッチ3.5ではクロスワールドパーティ募集も追加されますし、運営的にはまずは一安心といったところでしょうか。

インタビューは(FF14韓国版サービス運営会社の)プロデューサー、チェ氏が対応していました。

※韓国でのサービス運営はSQEXではなく、EYEDENTITY MOBILE社です。

以下、インタビュー記事を読んで気になった点をピックアップしています。 

 

妖怪ウォッチとのコラボは?

韓国では妖怪ウォッチコラボのニュースはまだ更新されていないそうです。いくつかリリースするまでに解決しなければならない問題もあるのだとか。

loxley-note.hatenablog.jp

妖怪ウォッチコラボといえば、発表当時にモルボル氏が白魔道士の武器を見て

「やったー!セーフ!(^O^)」

と叫んだのが記憶に残っています。

当時機工士メインだった私もセーフ!とか思ってたなぁ。

 

光のお父さんの配信はどうなる?

FF14韓国運営としては字幕等の費用や契約金等がかかるので、TVドラマ「光のお父さん」については特別何かをする気はないようです。

オンラインゲームのTVドラマ化、しかもプレイヤーブログが原作ということであちらの国でも話題になっているようですね。

loxley-note.hatenablog.jp

 

アイテム課金に疲れ、定額課金に人が流れる現象

アイテム課金に誘導するようなゲームに疲れた・飽きた人達が、月定額を支払うと全てのコンテンツを遊べるFF14のようなオンラインゲームに戻ってきているようです。そこに好評な広告の効果もあって新規冒険者が増えたのだとか。

また韓国の著名人もFF14をプレイしているようで、口コミ効果によるプレイヤー増にも寄与しているのだとか。日本の著名人だとガチプレイヤーが多い印象ですが、あちらの国も似たような感じなのでしょうか。

 

このゲーム特有の「シャキ待ち」さえ解決できれば人気が出る要素はあると思うんですよね。ライト層的にも24人レイドとフロントライン、ハウジングは楽しめてるし。

韓国はオンラインゲームの競争が激しい国ですけど、一度売上が落ちて存続も危ぶまれたタイトルが復活するのは非常に珍しいケースだと思います。このあたり根性版→新生の流れにも似ていてFF14ぽいなぁと思いました。

 

情報元

inven

 


調べるブログ(サブブログ) / YouTube Loxley Channel / エフエフアンテナ / FF14アンテナ / FF11ブログアンテナ / TOPに戻る

  • このページでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。
  • 当ブログ記事の2ch系まとめサイトへの無断転載を禁じます。
  • 投稿した記事内容は私的なものであり、所属する組織・団体に関連性はありません。
  • Loxley-Noteは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。