Gamer Blog [Loxley-Note]

ゲーム・自作PC・動画などの記事を中心としたサブカルチャーブログです。たぶん。

単行本「FFXIV 光のお父さん」読了と感想

当ブログへのご来訪まことにありがとうございます。

4月からTVドラマも始まる単行本「ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん」を読みました。

loxley-note.hatenablog.jp

読みやすく、発売開始から1時間とかからずに読み終わりました。(電子書籍版購入者です)

書籍の内容としては、Webラジオ番組「エオルゼアより愛をこめて(あいこめ)」でも紹介されているようにTVドラマの原作となるダイジェスト版といったところでしょうか。

loxley-note.hatenablog.jp

あいこめではマイディーさんの書籍紹介コメントにもふれられていて、

  • ブログはTV版のガンダム
  • 単行本は映画版のガンダム

だそうです。つまり単行本はダイジェスト版、総集編なわけですね。ブログ連載時から投稿された記事を読んでいましたが、いくつかカットされた話もあるようです。バハムートのあたりけっこう面白かったんですが、TVドラマであまり詳しく描写してしまうとゲーム内専門用語だらけになってTVドラマや単行本から入ってきた人にはわかりにくいものになってしまいますよね。そのあたりを考慮してこの内容にしたのだと思います。

 

原作のブログの方の話をすると、毎回続きを楽しみにしていたこと、お父さんの天然ボケ?が面白かったこと、最終話が出るまで長かったこと、最初は光のお父さんもタグもなかったなー(後で要望を受けて追加された)といったことが思い出されます。

 

MMORPGは黎明期(ウルティマオンライン)から遊んでいますが、ついに親子でMMORPG作品を遊ぶ時代が来たのだなーと思うとちょっと感慨深いですね。しかもゲーム内で親孝行していらっしゃいますし。

全年齢対象のドラゴンクエストXだと家族で遊んでいらっしゃる方もいるようですが、まさか「ファイナルファンタジーXIV」を親子で一緒にプレイされる方が出てくるとは思いもしませんでした。(けっこう難易度が高いコンテンツもあるし)

ゲーム作品の実写化となると抵抗も強そうなものですが、宣伝ムービーを見るかぎり、この作品はあまり気にならないですね。むしろ人間ドラマが主のようだし。

 

気になるのは新生リローンチ以来、何度かプレイヤーもCHATで叫んだであろう、「よしだぁぁぁ!」のシーンがあるかですね。(笑)

ベヒーモス、オーディンのFATEではプレイヤーの皆さん、めいっぱい叫んでましたよねー。(*‘ω‘ *)<エリアサーバーダウンも経験したし。

 

「光のお父さん」続編も読みたいなぁ。

 

以上、書籍の感想でした。

 

電子書籍版を購入しました

単行本「光のお父さん」は電子書籍版を購入しました。購入特典のURLも書籍内に記載されており、問題なくアクセスできました。購入特典は「光のお父さんは室町きりんに叱られた」ページの閲覧(期間限定)でした。

ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん

ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん

 

Kindleなら書籍を何百冊も入れておけるので、かさばらなくて非常に便利です。 

Fire HD 8 タブレット 16GB、ブラック

Fire HD 8 タブレット 16GB、ブラック

 

 


調べるブログ(サブブログ) / YouTube Loxley Channel / エフエフアンテナ / FF14アンテナ / FF11ブログアンテナ / TOPに戻る

  • このページでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。
  • 当ブログ記事の2ch系まとめサイトへの無断転載を禁じます。
  • 投稿した記事内容は私的なものであり、所属する組織・団体に関連性はありません。
  • Loxley-Noteは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。