Gamer Blog [Loxley-Note]

ゲーム・自作PC・動画などの記事を中心としたサブカルチャーブログです。たぶん。

AMD新CPU「RYZEN」日本国内の発売は3月3日、深夜発売も

当ブログへのご来訪まことにありがとうございます。

AMDの新CPU「RYZEN」が話題となっています。 

f:id:Loxley:20170223155205j:plain

「Zen」のコア・アーキテクチャー

RYZENの何が注目されているのか?

RYZENの注目する点はマルチコア・マルチスレッドでの処理性能とコストパフォーマンスです。ベンチマークの種類によってはIntelのCore i7を圧倒する性能を出しています。

www.4gamer.net

ここで比較するCPUは「Ryzen 7 1700X」と,競合の6コア12スレッド対応CPU「Core i7-6800K」。つまり北米市場におけるメーカー想定売価で399ドル(税別)対425ドル(税別)の戦いだ。それ以外のハードウェアはメインメモリ容量が32GB,GPUが「Radeon RX 480」,ストレージが容量240GBのSSDで共通だが,その所要時間はRyzen 7 1700Xが91.3秒なのに対してCore i7-6800Kは112秒と,なんと21秒弱もRyzenのほうが速いという結果になっていた。

ラインアップはRYZEN 7 1800X/1700X/1700 

3月3日に発売されるRYZEN、当初のラインアップは以下になるようです。

AMD RYZEN 7

  • 1800X:8Core/3.6GHz/TDP 95W
  • 1700X:3.4GHz/TDP 95W
  • 1700:3.0GHz/TDP 65W

f:id:Loxley:20170223155431j:plain

FXシリーズの泣き所だったTDPも改善されているのがわかります。元々FXシリーズのマルチスレッド性能は前々から評価されており、発表当時はOS側がマルチコアの性能を十分に活かしきれていなかった時代でした。

なお、RYZENにはGPU機能は内蔵されていないそうで、別途GPU(ビデオカード)が必要になります。

 

RADEONビデオカードはミドルレンジ以下が強く、特にRX470等が人気です。

Sapphire Nitro+ RX 470 8GD5 グラフィックスボード VD6107 SA-RX470-8GD5NOC001

Sapphire Nitro+ RX 470 8GD5 グラフィックスボード VD6107 SA-RX470-8GD5NOC001

 

 

国内発売価格

秋葉原のPC SHOPでは既にRYZENの価格を公表しているところもあるようです。 

※価格は予価。 

 

深夜発売情報

PCショップのドスパラが3月3日0時から深夜発売を行うそうです。

shopevent.dospara.co.jp

 

以下はGPU関連の情報です。

FF14用途ではRADEONをお勧めしない、その理由は?

CPUにRYZENを使うとなるとGPUは同じAMD社のRADEONを使いたい人もいると思いますが、Core i5 2500K + RADEON R9 380利用時、FF14 DirectX11モードでID・蛮神戦に突入すると100%クラッシュする問題がありました。DirectX9モードは問題ありませんでした。

loxley-note.hatenablog.jp

R9 280 でのDirectX9/11モード利用時はクラッシュはなかったため、新しい世代のRADEON GPUコアでFF14のDirectX11モードを利用するとクラッシュしやすいのかもしれません。※最新世代のRX480は持っていないので試していません。今もクラッシュするかは確認していません。

 

FF14はGeForce推奨

FF14は前プロデューサーの田中弘道氏の時代からNvidia GeForce推奨です。

SteamやEA Originのゲームをプレイするなら、コストパフォーマンスに優れたAMDハードウェアで固めるのもいいですが、FF14をプレイするならちょっと事情が変わってきます。

ファイナルファンタジーXIV コンプリートパック【予約特典】オリジナルPC壁紙配信

ファイナルファンタジーXIV コンプリートパック【予約特典】オリジナルPC壁紙配信

 

 

AMDerです

ちなみに、過去記事を読んでもらうとわかりますが、私はIntel or NVIDIA派ではなく、AMDerですので誤解のないようにお願いします。DirectX11モードでFF14をプレイするためにGeForceを使っているだけです。

FF14根性版の初期の頃はPhenom IIx6 + RADEON HD6870でプレイしていました。後にそれでも性能不足でHD6950に換装しましたが。

同じくMMORPG作品のTeraが軽快に動作するマシンでも根性版は重かったですね。

 

ドラクエ10はRADEON推奨

FF14はプレイしておらず、ドラゴンクエストXとSteamゲームが主であればRYZEN+RADEONは非常にコストパフォーマンスに優れたマシンを組めると思います。まさに自作er向けですね。 

ドラゴンクエストX オールインワンパッケージ(ver.1+ver.2+ver.3)[WIndows][ダウンロード]

ドラゴンクエストX オールインワンパッケージ(ver.1+ver.2+ver.3)[WIndows][ダウンロード]

 

ドラゴンクエストXは元々Wii版でサービスを始めたこともあって、ロースペックなPCでもそこそこ動作します。RYZENはさすがにオーバースペックとなりますが、SteamやEA Originで大作ゲームをプレイするのならいい選択かもしれませんね。 

バトルフィールド 1  [オンラインコード]

バトルフィールド 1 [オンラインコード]

 

 

AMD Phenom II 以来、久々にAMDのCPUが欲しくなりました。

年明け早々にマシンが壊れなければRYZENを買ってAMDerに戻ったのになぁ。

 

以下の記事はKabyLakeで組んだ環境のレビューです。

loxley-note.hatenablog.jp


調べるブログ(サブブログ) / YouTube Loxley Channel / エフエフアンテナ / FF14アンテナ / FF11ブログアンテナ / TOPに戻る

  • このページでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。
  • 当ブログ記事の2ch系まとめサイトへの無断転載を禁じます。
  • 投稿した記事内容は私的なものであり、所属する組織・団体に関連性はありません。
  • Loxley-Noteは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。