サブカルブログ [Loxley-Note]

ゲーム・自作PC・動画などの記事を中心としたサブカルチャーブログです。たぶん。

『FF14』欧州ファンフェス後の囲み取材で吉田Pが今後追加される?仕様をポロリ。GC小隊と共にIDで戦闘やブリッツボールの企画等

初日の「FFXIV 欧州ファンフェス」の後、吉田Pが各種メディア誌のライターから取材を受けたようです。モルボル氏がツイートしていました。 

FFXIVへのインタビューとなると鋭い切り口を見せることで定評のあるGameWatch誌もインタビュー記事を掲載していたので引用しつつ見ていきたいと思います。 

【インタビュー】「FFXIV: 紅蓮のリベレーター」プロデューサー吉田直樹氏ミニインタビュー - GAME Watch

GC小隊と共にIDで戦闘

――グランドカンパニー小隊について、今後ダンジョンを一緒にこなせるようになりますか?

吉田氏: すでに仕様の策定は完了していて、彼らがダンジョンで戦うためのAIの制作が始まっている。ただ、今は「紅蓮のリベレーター」の準備を進めているので、実装はリリースの後になると思いますが、準備は着々と進んでいます。

GC小隊と共にIDに行けるのは期待している人も多いと思います。他スクエニ作品だと「ドラゴンクエストX」のサポート仲間システム、「ファイナルファンタジーXI」だとNPCを連れていけるフェイスシステムがありますが、FF14にも実装されるとこれまでの問題点であった「ソロで遊べない」件がある程度解消できるような気がします。

 

新たに発表された東州オサード小大陸、ドマ側のボリュームは?

――今回、新しいエリアが発表され、プレーヤーの注目がアラミゴから、ドマ、ひんがしの国に移ってしまった印象がありますが、アラミゴが忘れられる心配はありませんか?

吉田氏: アラミゴも結構フィールドを紹介していて、アラミゴの冒険も結構大きいですよ。基本的に半分がアラミゴで、半分がドマ側だと思って貰えればいいと思います。。それ以上はシナリオに触れてしまうのでお答えできませんが。

ファンフェスまで秘匿されてきた東州オサード小大陸での冒険ですが、気になるボリュームはアラミゴ側とドマ側で半分ずつ程度だそうです。 

 

PS4 ProやNintendo Switch、新たなハードウェアへの対応は?

――PS3のサポートが終わり、今後はよりハイスペックな方向にフォーカスできる環境が整ったと言えますが、PS4 Proへの対応や、Nintendo Switchの移植の可能性はありますか?

吉田氏: PS4 Proのマシンパワーは、単純に4Kみたいな解像度を高めるより、パフォーマンスアップに使いたいと思っています。正直、テストはもう始まっていますので、近いうちに正式なアナウンスが出せるのではないかと思います。それからNintendo Switchに関しても、以前から質問されているXboxについてもそうですが、できるだけ多くのプラットフォームに対応したいと考えていますが、クロスサーバー、クロスマッチングで、どのハードで遊んでもすべてのひとが同じ世界にログインできることを目指しているので、そこが解決されれば可能性はありますが、現時点でこれ以上言えることはないです。

個人的にはゲーマーであれば既にPC・PlayStation3・4でプレイしていると思うので、仮にNintendo SwitchやXbox OneにFF14を対応させたとしてもユーザーの大幅な増加は見込めない気がします。(海外ならXbox Oneユーザーを取り込めるので意味はありますが、日本語版で黒字が消えそう)

さらに、対応ハードウェアが増えるとそれだけ検証の工数もかかるので、現行プレイヤーが新コンテンツを遊べる機会はさらに遅れるのではないかと思います。新規者は口コミを気にすると思うのであまりに現行プレイヤーの意見が不満ばかりだと二の足を踏みそうです。負のスパイラルになりそう。

PlayStation 4 Pro ジェット・ブラック 1TB (CUH-7000BB01)

PlayStation 4 Pro ジェット・ブラック 1TB (CUH-7000BB01)

 

 

潜りシステムを活用したブリッツボールの企画 

f:id:Loxley:20170219164736j:plain

――今回、泳ぎ、潜りのシステムが入りますが、それに合わせてブリッツボールも可能になりますか?

吉田氏: 正直に言うと、企画はしています。ただ、ちょっと難航しているのも事実で、おそらく「FFX」のブリッツボールをそのまま実装して欲しいと思っていると思いますが、1回遊んだらあんまりプレイしなくなるんじゃないかという懸念があります。そこで逆にMMOならではのブリッツボールを作ろうというアイデアもありますが、それは果たして想い出の中にあるブリッツボールなのか、という問題もあって、どういった形で「FFXIV」の中にブリッツボールを実装するのがベストなのかというところで、企画としてはそこまでで止めてあります。ただ、せっかく水の中に冒険が広がるので、いずれ実現したいとは考えています。

FF10のミニゲーム「ブリッツボール」ですが、FF14でも企画はしているようです。しかしFF14では過去に作ったはいいものの誰も遊ばないコンテンツが複数存在し、それを考慮してゴーサインは出せないようです。

実際、私もFF10ではろくにブリッツボールを遊んでいませんし、 FF14で実装されてもやるのは最初だけかなと。

 

ジャンピングポーションの進捗

――ジャンピングポーションのその後の進捗状況について教えて下さい。

吉田氏: 今開発チームで最終の議論をしているところで、決まり次第アナウンスさせていただく予定です。最終調整中なので現時点ではハッキリしたことは言えませんが、決まったらプロデューサーレターライブ等でお話しさせていただく予定です。

グローバル展開する以上は必須とされているレベルアップアイテムの販売ですが、最終調整まで進んでいるようです。

ジャンピングポーションについては当ブログでも過去に記事にしています。 

loxley-note.hatenablog.jp

 

バトルシステムの改良

f:id:Loxley:20170219164909j:plain

――4.0で行なわれるバトルシステムの改良ですが、現時点で言えることはありますか?

吉田氏: まず、作り直しではありません。バトルシステムの改修は大きく2つの目的があります。1つは3.xシリーズになって各ジョブのスキルローテーションが難しくなりすぎてしまって、トップユーザーとカジュアルユーザーのDPSの格差が大きくなりすぎたことです。テクニカルになりすぎているので、改修によってカジュアルな人でもある程度使いこなせて、トップだとさらに一段伸びるという、あまりにも難しくなっているところを一段楽にするという全体調整がひとつ入ります。  

もう1つは、「FFXIV」はゲームパッドでプレイされている方が非常に多いのですが、あまりにもアクションが多くなりすぎて、使いこなすのが難しくなっていることです。今回、レベルキャップが70になり新しいアクションが増えますが、今と同じ数のアクション数に収まるように、使いづらい、使ってないアクションは統廃合して、よりジョブが使いやすくなるように調整していきます。  

また、あまりにもバフアイコンをみなければならないシチュエーションが増えたので、4.0からはジョブ毎に専用のインジケーターを追加して、バフを見て遊ぶのではなく、ジョブにあったUIを見ながら戦って行くという風に全体を調整しています。これらは開発チームがギリギリまで調整して、最後まで見やすく調整していきますので、おそらくこれ以上の詳細は、実際のゲーム画面が必要になってくると思いますので、それは5月中旬から下旬ぐらいになるかもしれません。ギリギリにはなってしまいますが、ちゃんと事前にお伝えするタイミングは作ろうと思います。

 FF14はスキル・魔法等のアクションが非常に煩雑になってしまっていて、今のままパッチ4.0でアクションが追加されると収集がつかない事態になりそうです。そのためバトルシステムの見直しが計画されていました。

キーボード+マウス(G600等)の人ならホットバー活用でまだ余裕はあるのですが、ゲームパッドだと辛い。私もPS4版FF14を持っていますが、ゲームパッドで学者のプレイは無理そうです。

新バトルシステムはパッチ4.0リリース直前に公開されるようなので、紅蓮のリベレーターでは新ジョブ(赤魔道士・侍)で新システムに慣れつつレベル上げを楽しんだ方がいいかもしれませんね。既存ジョブだとスキル回しなど憶え直しになるので面倒でストレスに感じるかも?

蒼天のイシュガルドでは吟遊詩人に「旅神のメヌエット」が追加され、公式フォーラムでは大多数のプレイヤーが不満を持っていたように記憶しています。(私も一時期、吟遊詩人のプレイヤーをやめてしまったほどでした) 

loxley-note.hatenablog.jp

バトルシステムの担当者は誰なんだろう?

バトル関連は吉田P、権代氏、中川氏、須藤氏はメディアに登場しているものの、バトルシステム担当者は表に出てこないんですよね。他の開発者の方は開発パネル等で一般プレイヤーの前にも登場しているのですが、あんまり批判されたくないのかな?

吟遊詩人と機工士のパッチ3.0当初の仕様は酷かったです。滑り撃ちが自由自在に扱えるようになった今ならさほどではありませんが。

須藤氏は極タイタンなどで休止者からいろいろヘイトを集めていますが、私はああいうキャラクターだと思ってしまって不思議と憎めないんですよね。

権代氏の憶えゲーレイドは面白くないのでやらなくなりました。最近だと極・零式はスルーしています。これらのコンテンツに費やす時間でドラクエ10を遊んでたほうが楽しいので。

個人的にはミスターオズマこと中川氏のコンテンツはわりといいなと思います。

loxley-note.hatenablog.jp

 

PSVR対応について

――PS VRへの展開について何か進展はありますか?

吉田氏: テストはしましたが、やっぱりまずVRの場合は最低でも60fps、できれば120FPSないと酔ってしまうという大きな問題があります。そうなってくると専用のコンテンツを作らないと遊べませんが、それをやってしまうとPS VR持ってないと楽しめないということになります。そこには多くのコストが投入されるので、それを作るぐらいならみんなが遊べるコンテンツを作ってくれと思うだろうし、そのお金は誰が払ってくれるんだという問題があります。

PSVRに対応すると専用コンテンツになってしまい、他の持っていないプレイヤーから不満が出そうです。それならその工数で皆が楽しめるものを作って欲しいというのがFF14プレイヤーの期待なわけですね。かくいう私もPSVR対応よりは他の皆が遊べるコンテンツが増えてほしいと思っています。

PSVR対応、極ナイツとか出されてもクリアできる気がしない・・・。

 

以上、GameWatch誌のインタビュー記事感想でした。

 

吉田Pへの取材は後で実現することが多々ある

今回の欧州ファンフェスで発表された新ジョブ「侍」はその基本的な内容を蒼天のイシュガルドのリリース時期にはコメントしていました。

loxley-note.hatenablog.jp

囲み取材をグイグイやっていけば、案外ポロリが期待できそうなのでGameWatch誌のライターの方、今後も取材をがんばってください!

次の新ジョブは踊り子・風水士・陰陽師、さて何がくるでしょうか。獣使いが魔物を使役してタンクとかやれたら面白いんですけど。


調べるブログ(サブブログ) / YouTube Loxley Games / エフエフアンテナ / FF14アンテナ / FF11ブログアンテナ / TOPに戻る

  • このページでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。
  • 当ブログ記事の2ch系まとめサイトへの無断転載を禁じます。
  • 投稿した記事内容は私的なものであり、所属する組織・団体に関連性はありません。
  • Loxley-Noteは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。