読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Gamer Blog [Loxley-Note]

スクエニ・任天堂のゲームを中心としたサブカルチャーブログです。たぶん。

自作PCをKabyLake(Core i5 7500+H270)とGeForce GTX1060で組んだのでレビュー

PCパーツ届きました

先日発注した噂のKabyLake関連のPCパーツが届いたので早速組んでみました。

↑Z270・H270・B250の違いがわかりにくいので調べた内容を記載しています。

Amazonと楽天(ソフマップ)で

  • Intel Core i5 7500
  • ASUS PRIME H270-PLUS
  • UMAX DDR4-2133-16GB
  • WD M.2 SSD 512GB

を購入し、ビデオカードはZOTAC GTX1060 6GB AMP  EDITIONをそのまま流用しました。

以下、組んだ際の備忘録です。 

 

最新CPU「KabyLake」で組んだ場合の問題点はあったか?

発売されたばかりの第7世代CPU「KabyLake」とIntel200チップセットの組み合わせですが、組んで動作確認するまで問題はありませんでした。先にマザーボードのマニュアルを見て、引っかかりそうなM.2 SSDとSATA 6Gポートの排他利用を調べておいてよかったです。M.2 SSDを2つあるスロットのどちらに挿すかで使用できなくなるSATAポートが変わるんですよね。マザーボードのマニュアルを見ておかないとわかりません。 

f:id:Loxley:20170204181316j:plain

元々SSDを利用していたのでM.2 SSDとの速度の差は感じられませんが、Windows10のインストールはやたらと早かったですね。ちなみにクリーンインストールです。

 

トラブルに直面したのはWindows10をインストールした後からでした。

 

(1)GeForceドライバがインストールできない問題

Windows10を更新しないとGTX1060用のドライバのインストールに失敗していました。 

f:id:Loxley:20170204181302j:plain

Windows UpdateをしてからGeForceドライバのインストーラーを起動するとインストールが進みました。 

 

(2)流用したHDDの一部ディレクトリだけ参照できない

HDDを旧PCから流用したのですが、認識はしたものの一部のディレクトリだけ参照できなくなっていました。OSを変えるとよくあることですが、久々だと対処方法を忘れてしまいます。備忘録ついでに書いておきます。

これはアクセス権の問題なので次の対処を行います。

  1. 参照不可になったディレクトリを右クリックしてプロパティを開きます。
  2. セキュリティタブを開きます。
  3. 詳細設定ボタンをクリックします。
  4. セキュリティの詳細設定画面で「子オブジェクトのアクセス許可エントリすべてを、(略)」というチェックボックスがあるのでこちらをチェックして適用します。(管理者権限でログインしておく必要があります)

 

FF14のアップデートが長い

毎度のことながらFF14のアップデートは長いですね。

f:id:Loxley:20170204181328j:plain

待ってる間、暇なのでドラゴンクエストX(オールインワン+バージョン3)をインストールしてアップデートしましたが、先に完了してしまいました。 

 

Core i5 2500K環境と比べてベンチマークスコアは上昇した

一応、速報レベルでベンチマーク(ファイナルファンタジーXIV 蒼天のイシュガルド ベンチマーク)を実行してみました。モニターはFullHDで、グラフィックスは最高品質、DirectX11を選択しています。

f:id:Loxley:20170204195854j:plain

SCORE:12720
平均フレームレート:97.757
評価:非常に快適
-非常に快適に動作すると思われます。お好みのグラフィック設定でお楽しみください。
ローディングタイム:
シーン#1 1.460sec
シーン#2 6.015sec
シーン#3 6.035sec
シーン#4 5.791sec
シーン#5 5.383sec
シーン#6 1.752sec
合  計 26.441sec

Core i5 2500K+Z77環境を使用していた時はGTX1060の性能を発揮することができませんでしたが、Core i5 7500+H270環境に変えるとスコアが上昇しました。

やはり古い世代の環境がボトルネックのようですね。あまりCPUの進化がないと言われている昨今ですが、DDR4メモリとM.2 SSDの恩恵は結構ありそうです。(KabyLake+Intel200チップからいろいろと新ハードに対応しています)

近日中にその他のベンチマークや温度上昇確認も実施したいと思います。

 

ちなみにBIOSやOSのパフォーマンス設定等はデフォルトのままなので、弄ったらもう少しスコアが伸びるかもしれません。

 

「FFXIV 紅蓮のリベレーターベンチマーク」も近々リリース予定のようですが、4~5月頃になるのでしょうか。待ち遠しいですね。

 

FF14実行時の動作は

アップデートが終わった後、実際にFF14をプレイしてみました。

町中、GS、討伐ルーレット、フロントラインでそれぞれ動作させてみましたが、Windows10環境は安定していますね。

討伐ルーレットに行ってきた際のハードウェアモニタの表示内容を以下に載せています。(正確ではないのであくまでも目安です)

f:id:Loxley:20170205002633j:plain

クリックすると拡大表示します

 

使用したPCケースの情報

温度の話が出たのでケースの情報も書いておきます。

Fractal Design DEFINE R4を使用しました。訳あり品(箱に傷、中身は新品)を購入したのでかなり安かったです。

ケース上部(パネルで閉じた箇所)にケースファンコントローラーもついていて便利です。静音仕様の製品ですね。

 

対人戦のフレームレート 

フロントライン(72人砕氷戦)での描画は62fps付近をキープしていました。(仮想フルスクリーン)

ゲーム用途としてはミドルレンジ構成のわりに満足のいく結果になりました。

 

KabyLakeの所感

比較対象が第二世代Core iのSandy Bridge(Sandy Bridge)でも大幅な性能向上は得られません。ここ数年はCPUの性能面の進化が鈍化しており、多コア化・省電力化が図られ、ベンチマーク等の比較では芳しい結果が出にくいようになっています。

では買い換えなくていいかというと、そう結論付けもできずというかSandy-Bridge世代だと最新のGPUの性能は発揮できないケースが多々あります。また、5年も立つとハードウェアも老朽化し、私のようにいつマザーボードが故障するかわかったものではありません。旧世代ハードウェアを使用している方なら、紅蓮のリベレーター発売まで余裕のある今の時期にKabyLake環境へ移行しておくのもいいかもしれません。

ハードウェアの老朽化による故障って突然くるので、性能面で不自由なくともメインストリームなら3~4年で変えたほうが無難だと思います。 

PC自作の鉄則! 2017(日経BPパソコンベストムック)

PC自作の鉄則! 2017(日経BPパソコンベストムック)

 

 

購入したパーツ

今回購入したPCパーツを以下に記載します。いつもはAmazonを使用していますが、今回はAmazon・楽天・ヨドバシカメラを比較し、ポイント等を考慮して購入しました。

パーツがバラバラに来ると困るので、在庫が潤沢なM.2 SSD以外は楽天ソフマップ店で揃えました。一つのパーツだけ入荷が遅れるとそれだけ待たされるので、なるべく同一店で在庫を確認して発注したほうがいいと思います。 

 

Intel CPU Core i5-7500 3.4GHz 6Mキャッシュ 4コア/4スレッド LGA1151 BX80677I57500 【BOX】

Intel CPU Core i5-7500 3.4GHz 6Mキャッシュ 4コア/4スレッド LGA1151 BX80677I57500 【BOX】

 

UMAX DDR4-2133 8G*2 デスクトップ用 288pin U-DIMM UMAX DCDDR4-2133-16GB HS

UMAX DDR4-2133 8G*2 デスクトップ用 288pin U-DIMM UMAX DCDDR4-2133-16GB HS

 
WD Blue M.2 500GB Internal SSD Solid State Drive - SATA 6Gb/s - WDS500G1B0B

WD Blue M.2 500GB Internal SSD Solid State Drive - SATA 6Gb/s - WDS500G1B0B

 

ミドルレンジ構成ですが、FF14だけでなくSteamのほとんどのゲームを快適にプレイできると思います。

 

高パフォーマンスを求めるなら

予算を気にせずエンスージアストモデルにするなら以下の構成になると思います。オーバークロックするのであれば耐性に優れた製品を選んだほうがいいです。

ASUSTeK Intel Z270搭載 マザーボード LGA1151対応 Z270-A 【ATX】

ASUSTeK Intel Z270搭載 マザーボード LGA1151対応 Z270-A 【ATX】

 


調べるブログ(サブブログ) / ゲーム用周辺機器を探す(Amazon) / エフエフアンテナ / FF14アンテナ / FF11ブログアンテナ / TOPに戻る

  • このページでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。
  • 当ブログ記事の2ch系まとめサイトへの無断転載を禁じます。
  • 投稿した記事内容は私的なものであり、所属する組織・団体に関連性はありません。
  • Loxley-Noteは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

(C)LOXLEY-NOTE