Gamer Blog [Loxley-Note]

スクエニ・任天堂のゲームを中心としたサブカルチャーブログです。たぶん。最近はFF14の記事中心です。

KabyLake(Core i5 7500+H270)で自作PCを組む場合の参考、Z270・H270・B250の違い

Sponsored

Core i5 2500K + Z77MB環境が逝く

 先日、長らく使用してきたゲーム用PC(Core i5 2500K + Z77MB)がお亡くなりになりまして、最新CPU「KabyLake」で新たに一台組み直すことにしました。

KabyLakeについては前もって調べておいたので悩むことはなかったのですが、Intel200チップセットの選択は戸惑いました。

KabyLakeにするとソケット、メモリの規格が異なるものを使用することになるので、CPU・マザーボード・メモリを買い替えることになりました。

 

この記事ではそろそろPCの構成を変えたい自作er向けに、私のパーツ選択情報を書いています。 購入は全てネット通販を利用しました。

KabyLakeマシンの構成

f:id:Loxley:20170206124846j:plain

以下のPCパーツを購入しました。 

CPU

PCでのゲームプレイは90%を「ファイナルファンタジーXIV」と「ドラゴンクエストX」が占めるので、Core i5で十分だと思いました。 

Intel CPU Core i5-7500 3.4GHz 6Mキャッシュ 4コア/4スレッド LGA1151 BX80677I57500 【BOX】

Intel CPU Core i5-7500 3.4GHz 6Mキャッシュ 4コア/4スレッド LGA1151 BX80677I57500 【BOX】

 

2万円半ばで買えるCore i5 7500がベストバイだと思い、購入しました。

これでまた3~4年ほど使えるといいのですが。

ここ数年はCPUの進化が鈍化していて、Sandy-Bridgeを買った人は故障以外でCPUとマザーボードを買い替えることなく快適に利用できていました。私もここ数年で買い替えたのはメモリとGPUだけですね。(GPUの進化は非常に早いです)

 

マザーボード

マザーボードはメインストリーム向けのH270を選択しました。 

ASUSを選んだのは今まで使用していたASRockよりブランドイメージがあるからですね。

[rakuten:dtc:11134770:detail]

Intel200チップセットを採用するマザーボードにはいくつか種類がありますが、Z270、H270、B250の違いについてはこの記事で後述しています。

 

メモリ

メモリはDDR4-2400-16GBを購入しようと思ったのですが、あいにく在庫がなかったのでDDR4-2133-16GBを購入しました。 高クロックにしてもレイテンシの影響であんまり変わらないんじゃないかと思いまして。処理時間は結局、ストレージ等のより遅いパーツに影響されると思うんですよね。

UMAX DDR4-2133 16G*2 デスクトップ用 288pin U-DIMM UMAX DCDDR4-2133-32GB HS

UMAX DDR4-2133 16G*2 デスクトップ用 288pin U-DIMM UMAX DCDDR4-2133-32GB HS

 

メーカーは秋葉原でよく売られているUMAXにしておきました。相性問題起きないといいんですが・・・。 

 

ストレージ

M.2 SSDの512GBを購入しました。この規格の製品を使用するのは初めてです。 

WD SSD 内蔵SSD M.2 2280 500GB WD Blue WDS500G1B0B/SATA3.0/3年保証

WD SSD 内蔵SSD M.2 2280 500GB WD Blue WDS500G1B0B/SATA3.0/3年保証

 

SATAより速いそうですが、そのうちCDM(Crystal Disk Mark)でチェックしてみようと思います。

 

SSHDを選ぶか悩んだ

ギリギリまで選択に悩んだのがOSを入れるドライブです。

M.2 SSDかSSHDにするかで悩みました。

SSHDを買っておくと後々PS4にも流用できるのでいいかと思ったのですが、自作erらしく興味を優先させ、まだ使ったことのないM.2 SSDにしました。転送速度が速いらしく、新しもの好きなので試してみたくなりまして。 

今使用しているSSD 512GBはデータを吸い出した後、PS4に流用しようと思います。

 

電源

電源は長年愛用しているSilverStone製(750W Gold)を流用します。いいものを買っておくと長持ちしますし、電力効率もよいので安物を買うよりしっかりお金をかけたほうがいいパーツです。

 

SilverStoneの電源は1200W Goldモデルも所有していますが、最近はハイエンドGPUでSLI構成をしないので押入れで眠っています。

 

Z270・H270・B250の違い

ネット通販で購入する前に、Intel200チップの違いをざっと調べておきました。

  • Z270・・・高パフォーマンス(エンスージアスト)
  • H270・・・メインストリーム
  • B250・・・企業ユース

もうちょっと詳しく書くと、

  • オーバークロックできるか(Z270のみ)
  • RAIDの有無(Z270、H270のみ)
  • USB等のポート数
  • PCIEのレーン数(B250はレーンがx12でGPUの性能を発揮できない)
  • SLI/CFX(性能を出すならZ270)

となると思います。

詳しい仕様を知りたい人はIntelのサイトARKが詳しいです。

 

上記を比較してH270を選択しました。

以下が選択の理由です。

  • オーバークロックしない
  • GPU二枚挿ししない
  • シングルGPUの性能は出したい

GTX1060を所有しているのですが、じつはこれまでCore i2500K+Z77環境では性能を発揮できなかったんですよね。これでやっと100%の性能を発揮できるわけです。

H270はメインストリーム向けだけあって必要な機能がそろっていますね。 

 

B250を選択する理由は?

私はH270を選択しましたが、

  • GPUが必要でない(もしくは性能を発揮できなくてもいい)
  • RAIDもいらない

という人ならB250がいいと思います。mATXマザーボードが充実しています。

また、故障時の予備用にB250を買っておくのもいいかもしれません。数年後にはマザーボードの価格が跳ね上がっていることがあって、予備を用意していないと今回の私のようにパーツを総買い替えすることになります。

Sabertoothのようなタフネスモデルを買うといいのでしょうが、高いんですよね・・・。(=ω=)

 

注意点

マイクロソフト社のサポートポリシーが変わり、新しいCPUには最新バージョンのWindowsのみサポートすることになったそうです。

というわけでWindows8.1→10に移行することになりました。

なお、上記に関してはあくまでもマイクロソフト社のサポートポリシーの変更であり、マザーボードメーカーのサイトにはWindows7/8.1等のドライバはアップロードされているようです。

 

以上、KabyLake構成への買い替えを検討している方の参考になりましたら幸いです。


調べるブログ(サブブログ) / エフエフアンテナ / FF14アンテナ / FF11ブログアンテナ / TOPに戻る

  • このページでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。
  • 当ブログ記事の2ch系まとめサイトへの無断転載を禁じます。
  • 投稿した記事内容は私的なものであり、所属する組織・団体に関連性はありません。
  • Loxley-Noteは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。