読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Gamer Blog [Loxley-Note]

スクエニ、任天堂ゲームのファンブログです。たまにSteamと自作PCネタも。

『FF14』第115回「エオルゼアより愛をこめて」感想、世界設定本とパッチ3.5の話編

FF14 あいこめ

当ブログへのご来訪、誠にありがとうございます。

第115回「あいこめ」聴きました!

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/L/Loxley/20161224/20161224010509.jpg

毎週金曜日更新、南條愛乃さんがMCを担当するWebラジオ「エオルゼアより愛をこめて(あいこめ)」第115回の気になった点をピックアップしています。

あいこめについて

「あいこめ」はスクウェア・エニックス社提供のFF14公式Webラジオ番組です。

番組中で紹介するツイートはツイッターで「#あいこめ」のハッシュタグが付けられています。

この番組がきっかけでFF14の機能追加やグッズ、エオカフェメニューに影響も?

「あいこめ」はMCの南條さんがライト層としてプレイされているため、いわゆるガチ勢向けの情報はあまりありません。FF14をカジュアルにプレイされている方にオススメの番組です。

 

南條さんの年越しはいかがでしたか?

新生からFF14をやっている南條さん、今年は初の年越しエオルゼアだったそうです。

今までは所属するユニットの年越しライブに出演していたそうですが、今年はログインできたとのこと。オンラインゲーム好きな南條さんらしい話でした。

 

ネトゲ好きな南條さん、出演する番組でも作品中のセリフの言い回しについて講師役・助言もやったのだとか。(ブロント語とか)

ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った? 第1巻(初回限定版)(聴猫芝居書き下ろし文庫小説同梱) [Blu-ray]

ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った? 第1巻(初回限定版)(聴猫芝居書き下ろし文庫小説同梱) [Blu-ray]

 
ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った? (電撃文庫)

ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った? (電撃文庫)

 

 

さて、その南條さん、FF14でやりたかったことがあって、年越しのタイミングで星芒祭→降神祭のイベントが切り替わるのをプレイヤーのブログ・ロードストーンで知り、ぜひとも見てみたかったのだとか。実際参加してみると年明けからちょっと間を置いて変わったと報告されていました。(FF14の年末年始イベントはメンテを挟まず、リアルタイムに切り替わるんですよね)

大晦日はTVで某笑ってはいけないを見ていたそうで、吉田Pの出演していた座談会は見てなかったとか。

座談会の後の年越しイベントは大変なことになってましたが・・・。

 

FF14の世界設定本が紹介される

南條さんも先日FF14の世界設定本「Encycropedia Eorzea」が届いたらしく読んでいるところだそうです。この本吉田Pも赤ペン片手にチェックしたらしく。

エオルゼアの地理に疎い南條さん、不明な点は読み返しつつ読み進めているそうで。 勉強熱心ですね。

Encyclopaedia Eorzea ~The World of FINAL FANTASY XIV~

Encyclopaedia Eorzea ~The World of FINAL FANTASY XIV~

 

 

「Encycropedia Eorzea」は以下の記事で紹介しています。 

 

パッチ3.5の話

Webラジオ「あいこめ」のMCかつFF14プレイヤーでもある南條さん、喜々としてパッチ3.5情報の書いてある台本を読んでいました。

1月17日公開予定のパッチ3.5 PART1 情報はこちら。

 

新アライアンスレイド

奇数パッチはライト層寄りの内容が多いのですが、その中で南條さんが注目していたのは24人アライアンスレイドの影の国ダン・スカー。 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/L/Loxley/20161130/20161130001446.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/L/Loxley/20161130/20161130001631.jpg

ゴシック調の美しいビジュアルに相当感心があるようで、ドロップ装備にも言及されていました。特に(ヒーラー装備の)足の裾の部分が気になるらしく。

http://img.finalfantasyxiv.com/t/296f068db5f33f0b9ea3532c342d7b217b6d1551_58.png

確かに、よくあるゲームのローブ装備だと裾がキレイに揃っているものですが、FF14の場合こういった表現も行われているわけですね。設定が細かい。デザイン・アイテム班いい仕事しますね。

 

マウント

馬(麒麟)はコンプした南條さんですが鳥(鳳凰)はまだ入手していないそうです。そろそろソリも欲しいなーとのこと。(要望をぶっこんでいくスタイル)

 

新エモート

眼鏡を正すも言及がありました。

サブコマンド"/spectacles"が実装されるんですね。

 

ふつおた(普通のお便り)

ゴールドソーサの「ふんが~」でクリアしやすい場所を教えて!

早々に「フンガー!」の称号を得ていた南條さんにリスナーからクリアしやすいポイントについて質問がありましたが、教えてくれませんでした。これはおそらくスクウェア・エニックス社提供の公式番組で攻略方法をMCが言うわけにはいかなかったからですね。

↓「フンガー!」の称号の話は前回書いています。

 

南條さん、FF14プレイヤーしかわからない内容をたまにツイートしてる件

たまにですが、いきなり「リムサ」とかツイートされていて、FF14やってない人わからんだろうなーと心配になることも。

 

サンクレッド中村氏もやっていた 

いやしかし、サンクレッド役のこの人の場合はトレンド入りしちゃう勢いですからね。 

吉田氏のふるさと症候群説だとリディル中村さんの故郷はFF11なんだろうなと。 

f:id:Loxley:20170115110239j:plain

空とAA知っている人、今どれだけいるんでしょう。FF11ファンとしては非常に嬉しい。

番組・CM出演の関係で仕事としてさらっとプレイする人はいるんでしょうけど、FF14の場合はやりこんでいる人もいますからね。忙しい中プレイしてくれているのはゲームのファンとして嬉しい限り。

余談でした。

 

答えてよしだぁぁぁ!のコーナー

ファイナルファンタジーXIV プロデューサー兼ディレクターの吉田氏が毎週リスナーの質問に答えるこのコーナーですが、今回は年越し座談会からそのままスノボに出かけて録音したようです。

 

吉田Pに隠れて制作されていたもので一番驚いたのは?

ミニオン同盟を始めとして、FF14ではなぜかプロデューサー兼ディレクターの吉田Pにも内緒でコソコソ実装されているものがあります。今回はリスナーから他にどんな機能が実装されて驚いたか質問がありました。

吉田Pが一番驚いたのは「グループポーズ機能」だそうです。

しかし、あまりにも高機能になってしまい、使用するのはSSを加工したい人が主なのでそちらにコストを割くよりは全世界のプレイヤーが待っている機能を優先させようと、これ以上のグループポーズ機能の拡張はストップがかかったのだとか。現時点でもMMO作品に実装された機能としては世界一なのでこれ以上は必要ない、他を優先させたいとの判断だったようです。

 

辛いこと、やりたくないことを乗り越えるには

リスナーからやりたくないことをどう乗り越えるか質問された吉田氏曰く、「自分にご褒美を設定して楽しくしよう」だそうです。

でも社会に出ると上司と決めたスケジュールで結果を出さねばならないので、その最初の試練と思うのもいいかも、とのこと。これには南條さんも共感。

吉田Pからは、「ゲーム開発者にとってはマスターアップに相当する」話として紹介されていました。 

FF14話としては南條さんが(死んだ魚のような目をして)妖怪FATEを駆け回って終わらせたことを紹介されていました。

 

他のガチ勢著名人プレイヤーと違い、比較的ライト層に位置する南條さんは零式に行かないそうなので奇数パッチ、コラボイベントに感心が高いようです。(ゲーマーなので感心は高いようですが、ライブ等の公演があるのでハイエンドコンテンツの固定・野良パーティ含めて練習時間は取れないのだと思います)

 

FF14では所謂定食パッチと言われていて、偶数パッチがハイエンドコンテンツでガチ勢コア層向け、奇数パッチが24人レイドなどカジュアル層向けのコンテンツになっています。

 

吉田PのFF14新生苦労話はこちら。読み物として面白いです。さすがディレクターというかシナリオも書けるので文章が上手いです。

吉田の日々赤裸々。 『ファイナルファンタジーXIV』はなぜ新生できたのか

吉田の日々赤裸々。 『ファイナルファンタジーXIV』はなぜ新生できたのか

 

 

個人的には吉田氏の作るドラクエ10の続きも見たかったですね。(昨日2キャラ目でバージョン1をクリアしました) 

f:id:Loxley:20170115120040j:plain

吉田氏はドラクエ10のα版まで担当されて他の新規プロジェクトへ、そしてFF14へと配置転換されていきます。タフネスですね。(=ω=)

 

正式コーナー化「エオルゼア カルタ」

FF14を題材にしたカルタ、じつはグッズ化を目論んでいるそうです。南條さんも1~2枚くらいは絵を書きたいそうで。

今回のお題はかるたの「か」でした。

非常に複数の提出作品はあったのですが、最終的に3作品に絞られました。

  1. かばってくれたナイトにときめく
  2. カーバンクルを山に捨てないで
  3. 帰ったらみんなが待ってるエオルゼア

1、3は番宣的に入れるでしょうが、2を入れてくるあたりがネトゲ好きな南條さんといったところでしょうか。 

ちなみに私は学者でフェアリーを使いこなせていません。(=ω=;)

 

次回のお題は「あ」とのことでした。

番組最後の南條さん、エオルゼアの世界設定本押しでした。ホントFF14好きなんですね。

 

次回のあいこめ配信予定

次回のあいこめ配信は1月20日とのこと。収録はパッチ3.5 PART1のリリース前かもしれませんが、おそらく最新パッチの話題が中心となるでしょう。


調べるブログ(サブブログ)  ゲーム用周辺機器を探す(Amazon)  GARO Project  光のお父さん  TOPに戻る

このページでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。
当該画像の転載・配布は禁止いたします。
当ブログ記事の2ch系まとめサイトへの無断転載を禁じます。
投稿した記事内容は私的なものであり、所属する組織・団体に関連性はありません。
Loxley-Noteは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

(C)LOXLEY-NOTE

アンテナリンク
エフエフアンテナ  FF11ブログアンテナ  エフエフ14アンテナ