Gamer Blog [Loxley-Note]

スクエニ・任天堂のゲームを中心としたサブカルチャーブログです。たぶん。最近はFF14の記事中心です。

『FF14』「絶狼<ZERO>-DRAGON BLOOD-」放送記念イベントにスクエニ吉田Pも出演、コラボイベント新情報も

「絶狼<ZERO>-DRAGON BLOOD-」のイベントに吉田Pも出演

f:id:Loxley:20170107195322j:plain

ニコ生で1月6日に「絶狼<ZERO>-DRAGON BLOOD-」イベントを生中継していました。 

【第1部】放送直前トークイベント
【第2部】ファイナルファンタジーXIV×牙狼<GARO>スペシャルゲストコラボトーク
出演
雨宮慶太(原作・総監督)/藤田玲(涼邑零役) /青島心(尋海アリス役)/松山メアリ(烈花役) /スペシャルゲスト: 吉田直樹 (スクウェア・エニックス ファイナルファンタジーXIV プロデューサー兼ディレクター)

本イベントにはFINAL FANTASY XIV(FF14)プロデューサー兼ディレクターの吉田直樹氏も出演し、FF14コラボイベントに関する新たな情報も発表されていました。 

 

牙狼とFF14のコラボのきっかけ

元々、GAROスタッフと吉田Pが知り合うことになったきっかけは藤田さん、和田さん達と食事したことが始まりで、その後藤田さん達が雨宮監督達を紹介したようです。肘井さんとお会いした吉田P、恥ずかしい挨拶をしてしまったと赤面されていました。 

FF14のガチプレイヤーでもある藤田さん・和田さん、トイレのために席を立った時、雨宮監督と吉田Pを引き合わせたことに、してやったりだったそうで。(笑)

 

藤田さん達のFF14プレイヤーとしてのガチっぷりはこちらの記事でも紹介しています。 (撮影にPS4を持っていくほどです)

 

FF14チームのGARO風デザインも雨宮監督がチェック

ゲーム内に登場するコラボイベント装備にはいくつかFF14のデザインチームが検討したGARO風デザイン(魔戒法師がベース)もあるとのことで、全て雨宮監督のチェックが入っているそうです。以下、ファンフェスで登場しなかった装備群を中心に紹介します。 

 

モンク

f:id:Loxley:20170107193316j:plain

松山メアリさん:「烈花だぁぁ!」

藤田さん:「あ、やっぱり自分のキャラが出るとかわいい!ってなるよね(笑)」

吉田P:「拳にも監督がデザインしたような筆文字を表示しています。これを纏って戦ってもらいます」

松山メアリさん:「私も次、こういうのやりたい!」

雨宮監督:「(ちょっと大変な作業になるのかタジタジ)」

→烈花役の松山メアリさん、精巧に作られているモンク装備がお気に召したらしく大喜びされていました。

 

黒魔道士

f:id:Loxley:20170107194218j:plain

吉田P:「FF14プレイヤー間であれは筆なのか箒なのかで論争になったらしいです」

→作中登場する魔導筆の説明を補足でされていました。

f:id:Loxley:20170108003929j:plain

魔戒法師は魔導筆を使用しホラーと戦います。

 

吟遊詩人

f:id:Loxley:20170107191059j:plain

藤田さん:「この詩人の女子、美人ですね。まぁオレには負けるけど」

吉田P:「そうね、玲くんのキャラは世界一可愛いもんね」

※藤田さんのメインキャラはミコッテ女子です。

 

機工士

f:id:Loxley:20170107191454j:plain

今回やっと待望の短銃が追加されることになりました。

雨宮監督:「この銃が斬新らしくて」

吉田P:「これまで機工士の銃は長モノが多くて、世界中から短銃が欲しいと要望がありました」

f:id:Loxley:20170108003515j:plain

魔戒法師が使用している銃がベースだと吉田Pが発言していました。

 

 召喚士

f:id:Loxley:20170107191932j:plain

吉田P:「こだわったのは本にちゃんと魔導筆がついているところです」

藤田さん:「(本の)中も魔導文字ぽいですね」

吉田P:「デザイナー一生懸命書いていました(笑)」

雨宮監督:「これいいなぁパクろうか(笑)」

藤田さん:「お願いします(笑)」

→吉田P、苦笑いでした。本家にデザインが逆輸入されたらいいですね!(私もGAROファンなもので)

 

白魔道士

f:id:Loxley:20170107192455j:plain

雨宮監督:「このまま(作品に)出てきてもおかしくないよね」 

吉田P:「GAROの世界には杖は出てきませんが、もし(雨宮)監督がデザインしたらこうなるだろうと想定して作ってもらっています。みんなこのあたりは四苦八苦していましたね」

藤田さん:「この杖は光るんですか?」

吉田P:「光ります」

 

学者

f:id:Loxley:20170107192941j:plain

雨宮監督:「この子の太ももが昔のメアリっぽいね」 

松山メアリさん:「ちょっと!(笑)」 

 

占星術師

f:id:Loxley:20170107194509j:plain

吉田P:「武器では一番コストがかかっています。」

藤田さん:「すごいですね。武器の周り、札が回るんですね」

 

雨宮監督が装備デザインを絶賛

装備デザインをひととおり確認された雨宮監督、
「スクエニすげーな」
と絶賛されていました。

なんとスクエニスタッフ陣、素材の質感の情報を得るために取材とかもやってたそうです。

FF14の場合、上記の武器・防具類を装備した上でインゲームで動くわけですからクリエイターでも確かに驚くだろうなと。

 

f:id:Loxley:20170108004545j:plain

牙狼本編もアクションシーンが多く、白熱したバトルがあるのでゲーマーも楽しめる作品です。

 

牙狼(GARO)に興味がある方はコミック版もあります。 

牙狼〈GARO〉 - 魔戒ノ花 - 1巻 (ガムコミックスプラス)

牙狼〈GARO〉 - 魔戒ノ花 - 1巻 (ガムコミックスプラス)

 

人気特撮ドラマシリーズ『牙狼-魔戒ノ花-』が苺野しずくによりコミカライズ化!!
“陰我"の闇に寄生する、“ホラー"と呼ばれる魔界の住人。
人間の世界で仇なる“ホラー"を打倒す運命を定められた存在こそが黄金騎士“牙狼"である--。 石版に封じられていた古の魔獣・エイリスが、何者かの手によって共に封印されていた9体のホラーと共に解き放たれた。
黄金騎士・ガロの称号を継ぐ若き魔戒騎士・冴島雷牙は、元老院から派遣された謎の少女・マユリと共にエイリスの再封印に挑む。

 

※記事中使用した実写画像は「牙狼<GARO>-GOLD STORM-翔」から、作品紹介のため引用しました。

 

藤田玲さん、新情報を聞き出すことに成功! 

FF14プレイヤーでもある、藤田さん、すでにPvPの戦績をMAXまで貯めてしまったそうです。さらにコラボイベントに関する新情報(PvP戦績交換)を聞き出すことに成功します。

 

藤田さん:「でもお高いんでしょ?」

吉田P:「複数ジョブやっている人だと何日で何週間でやっと取れると思うと疲れてしまうので、毎日ルーレットに行くと週一で一つはそろうくらいに設定しました。(藤田さんは)カンストしてるみたいですし、最初からけっこうなパーツを取れると思います。」

藤田さん:「本当!?」

吉田P:「私はメイン黒魔ですけどデザイン的に欲しい装備があるのでそちらを優先し、二周目に黒魔の装備を取ろうかと」

 

これまでの戦績交換と比べるとかなりお手軽に取れるくらいに設定したようですね。

 

藤田さんお手柄でした!新番組もちろん見ます! 

 

パッチ3.5特設ページでもGAROデザインの装備は公開されています! 

f:id:Loxley:20170107184000j:plain

f:id:Loxley:20170107184007j:plain

イベント放送内で紹介された装備デザインは上記のページでも紹介されています。

 

FINAL FANTASY XIV パッチ3.5トレーラー「宿命の果て」

パッチ3.5 PATR1は 1月17日リリース予定です。


調べるブログ(サブブログ) / エフエフアンテナ / FF14アンテナ / FF11ブログアンテナ / TOPに戻る

  • このページでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。
  • 当ブログ記事の2ch系まとめサイトへの無断転載を禁じます。
  • 投稿した記事内容は私的なものであり、所属する組織・団体に関連性はありません。
  • Loxley-Noteは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

(C)LOXLEY-NOTE