Gamer Blog [Loxley-Note]

ゲーム・自作PC・動画などの記事を中心としたサブカルチャーブログです。たぶん。

『FF14』世界設定資料集「Encyclopaedia Eorzea」が届いたので早速チェックしました!

Sponsored

f:id:Loxley:20161225152056j:plain

先日、このブログでも紹介したFF14世界設定資料集「Encyclopaedia Eorzea」が今日届きました! 

loxley-note.hatenablog.jp

楽天での予約で発売日より一日早くの配達です。 

世界設定資料集「Encyclopaedia Eorzea」

梱包箱を開けてみると、どっしりとした本が出てきました。

f:id:Loxley:20161225152120j:plain

ファイナルファンタジーXIVマガジン2016秋号より一回り大きいです。 

ファイナルファンタジーXIVマガジン 2016年秋号 (SE-MOOK)

ファイナルファンタジーXIVマガジン 2016年秋号 (SE-MOOK)

 

 

本を開くと皇都イシュガルドの絵が印刷されており、ページの端は古い書物的な装飾が施されています。

f:id:Loxley:20161225152128j:plain

 

最後のページは白亜の宮殿です。 

f:id:Loxley:20161225152135j:plain

監修にはプロデューサー兼ディレクターの吉田氏、執筆者の一人には石川夏子さんの名前も。(この方、クエスト・ストーリーの出来のよさで人気らしいです)

 

気になっていた大魔法時代(学者やマハシリーズに関連)の説明も載っていました。これは嬉しい!古代の文明とか、ジョブクエストやアライアンスレイド・クエストだけでは内容がよくわからなかったんですよね。時間をみつけてじっくり読んでいくことにします!(*‘ω‘ *)

 

FF11の時は世界設定資料集を購入せず後で後悔したので、FF14では発売日に買っておくことにしました。思い入れのある作品の書籍は後々気になるものなので買っておいたほうがいいという判断です。

 

特典はミニオン:ネミングウェイ

購入特典は「ミニオン・ネミングウェイ」でした。 

アイテムコードは巻末袋閉じになっていました。

f:id:Loxley:20161225152141j:plain

伝説の放浪者「ネミングウェイ」を模した魔法人形。月に住む風変わりな民の生き残りとも言われ、各地を旅しながら出会った者に片端から「あだ名」を付けていくらしい。手にした書物には、命名した者たちの名がしるされている 

f:id:Loxley:20161225152200j:plain

f:id:Loxley:20161225152207j:plain

ミニオンというと放置時の動作が気になりますが、しばらく放置していると本を取り出して読み始めました。

 

ネミングウェイはファイナルファンタジー4のマスコットキャラクター的存在ですね。

今はスマートフォンでファイナルファンタジーの過去作がプレイできます。

FINAL FANTASY IV 

FINAL FANTASY IV 

  • SQUARE ENIX INC
  • ゲーム

 

Encyclopaedia Eorzea、店頭では明日12月26日発売です。

Encyclopaedia Eorzea ~The World of FINAL FANTASY XIV~

Encyclopaedia Eorzea ~The World of FINAL FANTASY XIV~

 

調べるブログ(サブブログ) / YouTube Loxley Channel / エフエフアンテナ / FF14アンテナ / FF11ブログアンテナ / TOPに戻る

  • このページでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。
  • 当ブログ記事の2ch系まとめサイトへの無断転載を禁じます。
  • 投稿した記事内容は私的なものであり、所属する組織・団体に関連性はありません。
  • Loxley-Noteは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。