Gamer Blog [Loxley-Note]

ゲーム・自作PC・動画などの記事を中心としたサブカルチャーブログです。たぶん。

『FF14』公式フォーラムで数あるジョブスレの中でも学者スレは平和そうに見える件

Sponsored

最近FF14に復帰して学者ばかりやってます。今回は久々に公式フォーラムを覗いてみた感想です。

FINAL FANTASY XIV Forum

TANK、DPSは相変わらず場外乱闘戦でギスッているようですが、そんな中で学者スレは平和です。

投稿される内容も、
「フェアリーにもミラプリできたらいいな」
とかほのぼのしたもので。

学者とフェアリーの絆

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/L/Loxley/20161017/20161017120558.jpg

その中でも学者はジョブクエスト的にフェアリーとの絆が強く、召喚士のようにエギの姿を変えるのは違和感があるという意見が多数でした。(近々、召喚士のエギはミラプリ機能が付くそうです)

で、代わりにフェアリーにリボンを付けたいだとかそういう平和な意見が多いようでした。

学者と過去の遺跡関連の設定は、今月末発売予定の「Encyclopedia Eorzea」に詳しく載っているのでしょうか。ジョブクエストやってるとわかりますが、じつはマハにも関係あるんですよね。

loxley-note.hatenablog.jp

 

学者はソロ・パーティでの能力で満足のいく性能になっている

それだけ学者が強く、ジョブ性能面であんまり不満がないということでしょうか。

同じHEALERフォーラムでも、白魔導士と占星術師のスレッドはまだまだ意見交換が活発です。(占星術師ってパッチ3.0時代と比べるとかなり強化されたそうですけど)

 

私の場合は、正直言ってまだまだ学者のジョブ性能を使いきれていなくて、いまだにフェアリーの操作はピース、フリーファイトくらいしか使えていません。でもIDや真蛮神戦、NORMALレイドくらいだとこれで十分なんですよね。左手でPC(プレイヤーキャラクター)、右手でフェアリー操作なんて零式くらいの難易度で初めて必要になりそうだし。

 

イメージ:ファンネルを操りながらビームサーベルで斬り合うクシャトリアみたいな学者

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/L/Loxley/20160417/20160417103317.jpg

ROBOT魂 [SIDE MS] クシャトリヤ

ROBOT魂 [SIDE MS] クシャトリヤ

 
merry-go-round

merry-go-round

  • CHEMISTRY
  • ポップ
  • provided courtesy of iTunes

 

ただ、学者はパッチ2.0時代では真タイタン戦などであまり評価が高くなかったんですよね。白魔導士と比べて瞬間的な回復能力で劣っていたので。今では蒼天のイシュガルドで追加実装されたアビリティ等で回復能力も向上していますが。

 

ロール・ジョブとしてまだまだ調整が必要なものは公式フォーラムでHotな話題になるのは復帰前と変わらないようです。

 

のんびりミラプリを楽しみたい

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/L/Loxley/20161207/20161207000154.jpg

最近はID・レイド通いが多くなって装備が法典→禁書→伝承と数日しないうちに変わっていくのであまりミラプリをやっていませんが、落ち着いたらオシャレ装備を入手して(ミラプリを)楽しみたいですね。

 

パッチ3.4~3.5でFF14復帰予定の方向けに装備取得記事を書いたのでよろしければご参照ください。

loxley-note.hatenablog.jp


調べるブログ(サブブログ) / YouTube Loxley Channel / エフエフアンテナ / FF14アンテナ / FF11ブログアンテナ / TOPに戻る

  • このページでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。
  • 当ブログ記事の2ch系まとめサイトへの無断転載を禁じます。
  • 投稿した記事内容は私的なものであり、所属する組織・団体に関連性はありません。
  • Loxley-Noteは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。