読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Gamer Blog [Loxley-Note]

スクエニ、任天堂ゲームのファンブログです。たまにSteamと自作PCネタも。

『FF14』SCRAP&吉田P「大迷宮バハムート」に挑戦スペシャル、モルボルさんのHUDをチェック

FF14

当ブログへのご来訪、誠にありがとうございます。

ニコ生の番組にスクエニ吉田氏とコミュニティチームのモルボルさんこと室内氏が出演するそうで、タイムシフト予約して見てました。 

今回は珍しく配信中に室内氏のプレイを見ることが出来たのでHUDをチェックしました。この方、メインはヒーラーなんですよね。最近私もヒーラーを上げているので参考にしようと思いまして。

大迷宮バハムートに挑戦

今回はリアル脱出ゲームに挑戦するわけではなく、SCRAPの方とFF14のコンテンツである「大迷宮バハムート」に挑戦されていました。

この企画、室内氏がUIの準備をしているのをたまたまツイートで見かけて知ったんですよね。 

 

けっこう良さげなゲーミングノートにセットアップ中の様子。

 

私はPC自作派なものでゲーミングノートPCは詳しくないんですが、「G-Tune 」というブランドのようです。

 

吉田氏も出張の際はゲーミングノートを持っていくそうです。これは他社製ですね。

 

番組が始まってリアル脱出ゲームの話などを挟みつつ攻略が始まりました。 

f:id:Loxley:20161208202312j:plain

バハムートの攻略は6時間に及んだので割愛します。(放送終了10分前にクリアし、大盛り上がりでした!)

 

室内氏のHUDレイアウト

お目当ての室内氏のHUDレイアウトです。

f:id:Loxley:20161208200808j:plain

すごくすっきりした配置ですね。
ヒーラーなのでレイド用に見やすさを重要視したのでしょうか。
ミニマップが画面下中央に、ホットバーは右に寄せてあります。

室内氏のプレイは際立って上手く、安定したヒールでパーティを支えていました。

 

一方、吉田氏のHUDレイアウトはこちら。

f:id:Loxley:20161208204036j:plain

このレイアウトはいつもニコ生の吉P散歩で見ていますね。

ロジクールのゲーミングマウスG600を使うのにこの配置でよくプレイできるなぁと。私の場合、パーティリストは右にあると邪魔なので左に寄せています。 

Logicool ロジクール MMOゲーミングマウス G600t ボタン20個搭載 最高8,200dpi

Logicool ロジクール MMOゲーミングマウス G600t ボタン20個搭載 最高8,200dpi

 

 

室内氏はガチのオンラインゲーマー

室内氏は学生時代にディアブロにハマっていたらしく、大学生の頃にEAがウルティマ・オンラインのGM(ゲームマスター)を募集すると大学を中退してアルバイトとして入社したそうです。その後スクウェア社に移り、FF11のGMに。

スクエニでは仕事をしつつ仲間内でWoWのレイドもやっていたそうで、ずっとヒーラーがメインだったそうです。DQXのプロデューサー斎藤氏も一緒にプレイしていたそうですね。スクエニのニコ生の番組内でそんなことを斎藤氏が話していました。「ミラクルフラッシュ!」をモルボル氏がしつこくiPadで再生していた時だったかな。

 

おまけ:吉田氏、厳しいツッコミを受ける

邂逅編3層になぜボスがいないのか?

当時は開発が大変でとても3層のボスまでは作れなかったそうです。でも3層の道中のギミック(ジャンプするあれです)はこの層にしかないものであり、せっかく作ったんだからとボスのいない3層を実装してしまいました。

で、世界中のプレイヤーが「3層には何か秘密があるんじゃないか?」と探すことになりました。

その後、吉田氏が正式にフォーラムで「3層には何もなくただの通過点である」と公表することになりました。

f:id:Loxley:20161209193714j:plain

このこぼれ話を聞いたSCRAP代表の加藤氏は、

  • 「自分が社長だったら怒っていましたね」
  • 「みんな頑張ったから出してしまった、これは一番やっちゃいけないことですね。お客さんには関係ないことだし」

とプロらしい返事をされていました。

これを聞いた吉田氏、タジタジです。(=ω=;)<加藤氏、真顔でした・・・。

f:id:Loxley:20161209200301j:plain

その後、無事ツインタニアを倒して最後に感想を述べられている加藤氏、無事クリアできた余韻に浸っていらっしゃいました。邂逅編クリア、おめでとうございます!


調べるブログ(サブブログ)  ゲーム用周辺機器を探す(Amazon)  GARO Project  光のお父さん  TOPに戻る

  • このページでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。
  • 当ブログ記事の2ch系まとめサイトへの無断転載を禁じます。
  • 投稿した記事内容は私的なものであり、所属する組織・団体に関連性はありません。
  • Loxley-Noteは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

(C)LOXLEY-NOTE