読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Gamer Blog [Loxley-Note]

スクエニ、任天堂ゲームのファンブログです。たまにSteamと自作PCネタも。

『Battlefield1』コンクエストで1位を取れるようになりました

PC GAME Battlefield

当ブログへのご来訪、誠にありがとうございます。

先日BF1の記事で看護兵の立ち回りの記事を書きました。

その後平日は毎日ログインできないものの、週末にやりこんで上位に食い込むようになっています。

loxley-note.hatenablog.jp

コンクエで1位を取れるようになってきた

上記の記事に書いた立ち回りに注意して主に拠点占拠と防衛、蘇生・回復を頑張っているとついにコンクエストラウンド終了時のハイライトにも表示されるようになりました。めっちゃセンターでちょっと恥ずかしい・・・。(*‘ω‘ *) 

f:id:Loxley:20161122002925j:plain

ハイライトで表示される各自のアイコンはかなりフリーダム。
私は名作「Darc Age of Camelot」のアイコンにしています。

しかしK/Dは低い

数年前と比べるとFPSゲームのプレイ時間が減ってしまってAIM力が格段に落ちてしまいました。K/Dは悲惨なありさまで、じつはこのハイライト表示されている時、K/Dは1に満たなかったのです。

f:id:Loxley:20161122002932j:plain

このK/Dで上位に、たまに1位になっているのは主に立ち回りが良いからだと思います。看護兵でも1位を取れるのがBFシリーズのいいところですよね。

コンクエで1位を取るコツ

何度かコンクエストで1位を取ってポイントを稼ぐコツを理解したので書いておきます。

  • 分隊長を率先して担当する
  • 指揮をしない分隊に参加してしまった場合は命令要求をして自分が分隊長になる機会を待つ
  • 周囲を警戒して無駄な死亡時間を減らす
  • 分隊と共に行動し、無理にKillを狙わず、蘇生・回復に注力する
  • 分隊に命令を出すときは分隊のメンバーが集合しやすい位置を指定する
  • 裏取りは起死回生の打開策であって、むやみやたらと裏に回ろうとせず常道で攻めたほうがいい
  • 敵と偶発的に遭遇する場合を想定して(視界の悪い移動時は)サブウェポンにして照準を敵の胴体上部に合わせておく
裏取りより常道を勧める理由

コンクエストだと裏取りしたくなるものですが、BFシリーズはFPSゲームというより多人数での戦術シミュレーションの色合いが強いです。つまりセオリーどおりに戦線を押し上げていく戦い方のほうが勝ちパターンになりやすいです。

なぜ移動時はサブウェポンなのか

看護兵のメインウェポンは主に中遠距離で威力を発揮するライフル、BF4でいうDMR系です。接近戦だと突撃兵や偵察兵(突砂)に勝てません。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/L/Loxley/20161114/20161114221755.jpg

そこで近距離での威力に優れるサブウェポンの「Auto Revolver」を移動時には装備しています。

f:id:Loxley:20161122011524j:plain

弾数は6発と少ないものの、近距離なら2発で敵を倒せるので、ある意味看護兵の最強武器とも言えます。

サブウェポンを使いこなせるようになって初めて看護兵のK/Dが改善されましたね。やはり看護兵の泣き所は接近戦に弱いことだったわけです。

ぼっちプレイでも上位に入れます

昔と違ってあまりFPSゲームのプレイ時間を取れなくなったため、現在はクランにも所属しておらず、野良プレイオンリーです。サーバーによってはクランが片方の勢力を占める場合もあるようですが、レンタルサーバーでノンクランのところもあるようですし、野良勢が多いところを選んだほうが一方的に倒されることもなく、楽しくプレイできると思います。

最近のお気に入りサーバー

2ch Vipper's Serverに人が多いときは参加しています。

まだRankも低く、Killもあんまり取れない私ですが、砲弾の飛び交う戦場を半泣きで駆け回っています。(=ω=;)  

分隊でご一緒した時はよろしくお願いします。

動画とか実況とかは緊張してスコアを稼げそうにないのでやってません。(ヽ´ω`)<看護兵地味だし・・・。

バトルフィールド 1 Premium Pass|オンラインコード版

バトルフィールド 1 Premium Pass|オンラインコード版

 

↑プレミアムパスを持っていると優先キューに追加されます。 


調べるブログ(サブブログ)  ゲーム用周辺機器を探す(Amazon)  GARO Project  光のお父さん  TOPに戻る

  • このページでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。
  • 当ブログ記事の2ch系まとめサイトへの無断転載を禁じます。
  • 投稿した記事内容は私的なものであり、所属する組織・団体に関連性はありません。
  • Loxley-Noteは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

(C)LOXLEY-NOTE