Gamer Blog [Loxley-Note]

ゲーム・自作PC・動画などの記事を中心としたサブカルチャーブログです。たぶん。

FF11復帰者の日記(37)「限界クエスト、星の輝きを手に」

Sponsored

FF11に復帰してのんびり獣使いメインでプレイしています。

アトルガンエリアで監視哨開通

皇国軍戦績を稼ぎながら経験値も稼ごうと思い、移動を便利にするために残りの監視哨を開通してきました。 

↓アズーフ島監視哨だけは以前開通していました。

loxley-note.hatenablog.jp

f:id:Loxley:20161018150536j:plain

訪れる監視哨は、

  • マムージャ監視哨
  • ナイズル監視哨
  • ドゥブッカ監視哨
  • ハルブーン監視哨
  • イルルシ監視哨

の計五ヶ所。ハルブーン監視哨はエスケプがないので移動が大変でしたが、2時間以内で全てまわれました。イルルシ監視哨は完全に迷路ですね。移動時間の大部分をここで使ったような・・・。獣使いなのでインプは汁ペットを当てて楽に通過できました。

今後は移送の幻灯を使えるので移動が楽になりそうです。アトルガンジョブのコルセアも取りたいですね。

ハルブーンで獣使いレベル上げ 

ハルブーン監視哨を開通するついでにレベル上げ用の狩場をチェックしておきました。 

f:id:Loxley:20161018150546j:plain

芋虫はけっこう稼げますね。しかしブレス攻撃がかなり痛い・・・。 

f:id:Loxley:20161018150558j:plain

トロール族を合間に倒して「偉大な獣使いの証」をゲットしておきました。後の限界クエストで必要になります。

獣使いのレベルは68になりました。

 

限界クエスト「星の輝きを手に」

獣使いのレベルが68になったのでそろそろ限界クエストを受けておこうと、ル・ルデの庭のMaatからクエストを受注しました。

クエスト詳細は→星の輝きを手に/FF11用語辞典

f:id:Loxley:20161018150721j:plain

既に証は入手しているのでBFへと移動します。 

f:id:Loxley:20161018150727j:plain

昔は(特に赤魔道士が)大変なBFでしたが、今はフェイスも呼べるし、汁ペットも大幅に強化されています。

昔のこの限界クエストはなんというか各ジョブを使いこなしている玄人向けの難易度設定だったんですよね。特に赤魔道士や獣使いは開発が上手いプレイヤーを前提にしていたためか、難しかったように思います。証取りも大変でした・・・。 証取りのお手伝いに何回も行ったっけ。遠慮する人が多くてみんなここで時間を取られていましたね。FF11の限界クエストは毎度毎度の阿鼻叫喚の地獄絵図だったんですが、このクエストがリアルタイムで見ていて一番酷かったかな。他のクエストはまだお祭り要素がありましたからね。このクエストはひたすら自分との戦いでもありました。(=ω=)

f:id:Loxley:20161018150732j:plain

BFに突入して汁ペットとフェイスを呼び出して、Maatのペットに汁ペットを当てて戦闘開始。サポートジョブは使えません。

Maatを殴るとタンクフェイスが挑発してくれます。

フェイスを呼び出せる、かつ汁ペットが強力なため、にっくきMaatもあっさり倒せました。

 

ジョブによっては冗談でなく本当にMaatが嫌いな人もいるんですよね。私は忍者や戦士でクリアしたので楽でしたが。(=ω=;)

 

以上、FF11復帰者のプレイ日記でした。

 

お知らせ

先日、FF14に復帰しました。FF11のほうはひと段落ついたものですから、しばらくはFF11を休止してFF14メインでプレイしていきます。同じくスクエニのMMORPG「ドラゴンクエストX」は学園の追加で今後どうなるかわからないのでしばらく様子見です。

FF11の再開は闇の王戦になりそうです。


調べるブログ(サブブログ) / YouTube Loxley Channel / エフエフアンテナ / FF14アンテナ / FF11ブログアンテナ / TOPに戻る

  • このページでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。
  • 当ブログ記事の2ch系まとめサイトへの無断転載を禁じます。
  • 投稿した記事内容は私的なものであり、所属する組織・団体に関連性はありません。
  • Loxley-Noteは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。