Gamer Blog [Loxley-Note]

ゲーム・自作PC・動画などの記事を中心としたサブカルチャーブログです。たぶん。

FF11復帰者の日記(26)「こんなにうまくていいの?エスカ-ジ・タでレベル上げ、獣使いのレベルは54になりました」

Sponsored

FF11に復帰して獣使いメインで遊んでいます。 

前回、AF武器も入手してレベルは40後半になったのでエスカ-ジ・タでレベル上げしてみました。 

f:id:Loxley:20161009100702j:plain

レベルを上げながら入り口付近から徐々に奥に進み、地図の赤枠の部分で狩っていました。

序盤はミミズ(Worm)

序盤はエスカ-ジ・タエリア入り口のミミズとリーチを主に狩っていました。

f:id:Loxley:20161009100715j:plain

ミミズが相手だとフェイスのセミ・ラフィーナが強くて積極的に使いたいところですが、このキャラは範囲攻撃を持っているので、エスカ-ジ・タのMobが密集する地帯で使用するのはかなり危険です。というわけでもっぱら単体攻撃を使用するフェイスを呼び出して戦っていました。

主戦力は苗床から呼び出す汁ペットのファンガーで、フロッグキック・スポア・マヨイタケなど単体攻撃技を中心に使用しました。(範囲技は巻き込みが怖い)

汁ペットの詳細は→ファンガーのしもべ/FF11用語辞典

ミミズのほうが強いのかな?序盤はリーチのほうが(狩るのに)楽でした。

 

NM?に注意

単純作業になってくるとMobの名前を確認せずに攻撃してしまうのですが、なんだか妙に強いな?と思ったら「はかりしれないつよさ」の敵でした。これはNM?

倒せそうにもないので逃げました。

 

しだいにクロウラーを狩るように 

f:id:Loxley:20161009100724j:plain

ミミズやリーチに「ちょうど」が混じってくるとチェーンができず経験値的においしくないので記事冒頭の地図の赤枠エリアに移動してクロウラーを狩っていました。

昔の「とて2」敵を倒すより、「つよ」相手の連戦をしていったほうがおいしいですね。星唄ミッションを進めていると経験値アップもあるみたいだし。

詳細は→星唄の煌めき/FF11用語辞典

 

連戦に次ぐ連戦で、獣使いのレベルは54になりました。レベル47から54なんて昔では考えられないほどのレベル上昇緩和ですね。

ル・ルデの庭でパーティ希望を出しながら膝を抱えていた暗黒騎士時代が懐かしいです。(※1)

 

(※1)当時、庭で膝を抱えていても仕方ないので、同じく誘われない暗黒騎士同士6人でパーティを組み(サポ白の暗黒騎士)、クフタルの蟹相手にチューチュー吸ってました。全員で殴って全員で座る。パーティでの合言葉は「さすが暗黒さん^^」。その後、暗黒騎士はレベル60まで上げて挫折しました。

 

明日は限界クエとアーティファクト・クエストをやりにいこう 

レベルが54に達したので、限界クエストとアーティファクト・クエストを受注しておきました。

f:id:Loxley:20161009100735j:plain

限界クエスト2「すべての高い山に登れ」 を受注しました。

 

f:id:Loxley:20161009100742j:plain

ボルグヘルツの魔手クエと獣使いアーティファクト・クエスト「闇に散りしものたち」を受注しました。

 

Odinサーバー人口調査

2016年9月29日(木) 22時5分頃にサーチしたOdinサーバーのプレイヤー数は1168人でした。安定して1000人超えてますね。

スクエニの損益分岐点的にはどれだけのプレイヤーが契約更新していればいいんでしょう。気になりますね。今のFF11の開発規模はメンテを主とし、黒字が出るレベルに人員を抑えているので「契約者が減る=バージョンアップのボリュームと頻度が減る」と思っていたほうがいいです。

 

以上、FF11復帰者のプレイ日記でした。


調べるブログ(サブブログ) / YouTube Loxley Channel / エフエフアンテナ / FF14アンテナ / FF11ブログアンテナ / TOPに戻る

  • このページでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。
  • 当ブログ記事の2ch系まとめサイトへの無断転載を禁じます。
  • 投稿した記事内容は私的なものであり、所属する組織・団体に関連性はありません。
  • Loxley-Noteは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。