読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Gamer Blog [Loxley-Note]

スクエニ・任天堂のゲームを中心としたサブカルチャーブログです。たぶん。

FF11復帰者の日記(04)「サンドリアM2-2を終え、チョコボ乗り免許証とジョブ獣使いをゲットしました」

FF11復帰者のプレイ日記です。復帰して新規にキャラを作成して遊んでいます。

サンドリアM2-2「ダボイ調査報告」

前回、バタリア丘陵を経由してジュノに到着し、今回は後回しにしていたサンドリアM2-2「ダボイ調査報告」に行ってきました。

loxley-note.hatenablog.jp

既にOutpost付近のワープを開通させていたのでジャグナー森林までひとっ飛びです。 

f:id:Loxley:20160920020538j:plain

この便利なワープを使っていると、8年前は国間の移動に飛空艇待ち時間+移動時間がかかっていたり、テレポ屋が繁盛していたのに時代は変わったなーと実感します。

飛空艇の待ち時間はオートラン状態にして放置し、自キャラを飛空艇に乗り込ませていたりしましたよね。待ってるキャラが船着き場でキョロキョロしていて面白かった。(*‘ω‘ *)

 

ダボイへ 

ジュノに行くまでにある程度レベルを上げておいたのでダボイ入り口の敵は楽表示ばかりです。 

f:id:Loxley:20160920020549j:plain

さくっとクリアしてサンドリアに戻ればいいのですが、そういえばこの近くに虎のPOP場所があったことを思い出しました。 

f:id:Loxley:20160920020556j:plain

川を辿っていくとありました。ここに二匹虎がいるんですよね。黒虎の牙を入手してクエスト「トラの牙」を終わらせたい。称号は「ファング」 、懐かしい。

この奥にはアイアンハートの残した石碑があるんですよね。当時、世界のいろんなところに石碑が用意されていたFF11の細かい設定描写に感心した記憶があります。

 

チョコボ乗り免許証をゲット

ジュノに戻って今後の移動を便利にするためにチョコボクエストを受けることにしました。 

f:id:Loxley:20160920021308j:plain

ジュノ上層のチョコボ厩舎に行ってみると見慣れぬ生き物が・・・。なんだろうあれ。(=ω=)? 

f:id:Loxley:20160920021316j:plain

数年前にやっていたようにゴゼビの野草を競売で買おうとしたんですが1個4000Gっていったい何事!?

【FF11】金策2016 復帰者向けの簡単金策まとめ

システムから引き出されるギルが増加したのでインフレでも起きているんでしょうか(今の金策はエミネンス装備を店売りするらしい)。パライズ・サイレスなどのドロップ品魔法も競売では高値です。

始めたばかりでギルを持っていないのでダングルフの涸れ谷のWadiHareを狩ってゴゼビの野草を集めてきました。

f:id:Loxley:20160920021322j:plain

今のチョコボクエストはトレードを一分おきにできるようです。すぐにチョコボ乗り免許証を入手できました。 

f:id:Loxley:20160920021327j:plain

なんでもスピード化されているんですねぇ。 

昔はリアル0時またぎだったような、このクエスト。

 

ジョブ「獣使い」をゲット

戦士のレベルが30を超えていたのでExジョブを取ることにしました。まずは獣使いから。じつはFF11を休止して心残りだったのは獣使いを途中でやめてたことなんですよね。ペットジョブ面白いし。

で、FF11を休止して根性版FF14(ベータからやってます)に移ったわけですがそれはもう酷い有様で・・・。 

吉田の日々赤裸々。 『ファイナルファンタジーXIV』はなぜ新生できたのか

吉田の日々赤裸々。 『ファイナルファンタジーXIV』はなぜ新生できたのか

 

FF14根性版から新生エオルゼア・リローンチの話はこの書籍で説明されています。けっこう面白かったですよ。過去例のなかったMMORPGのリローンチに関する書籍として興味深い内容でした。

 

ジュノ下層に移動するとイベント

というわけでジュノ下層に獣使いクエスト「息子に罪はない」を受けに向かいましたが、

f:id:Loxley:20160920021408j:plain

なにやらイベント発生。 

f:id:Loxley:20160920021415j:plain

ヴァナ・ディール コレクション4にはDLCも含まれているのでした。今思えば短いDLCのわりに高かったなーという印象です。不評だったのかその後続編となるDLCは出ておらず、拡張パッケージばかりだった記憶があります(PS2の容量のせいかもしれない)。 そういえばアビセアもDLCでしたね。

f:id:Loxley:20160920021420j:plain

ジョブ「獣使い」取得クエストを受注しました。

 

ジュノ港でまたイベント

獣使い取得クエストではNight Flowersを取りにクフィムに向かう必要があるので、ジュノ港に移動すると

f:id:Loxley:20160920021427j:plain

またイベント発生です。(=ω=;) <なんだったかなーこれ。

f:id:Loxley:20160920021446j:plain

FF11はアップデートが多すぎて憶えきれていません。休止後に追加されたコンテンツでしょうか。

 

クフィムへ

ジュノ港でのイベントを見終わってクフィムに移動しました。運悪く夜間だったので骨・お化けに注意して進みます。 

f:id:Loxley:20160920021456j:plain

おおーい、なんだアレ!?Σ(゚Д゚)

獣使いクエストポイント付近に変なMobやら高速で移動するゴブリンが追加されていたりとなかなかカオスな状況です。あれー初年度に獣使いを取ったときはこんな大変じゃなかったはずだけど・・・。(Exジョブクエストといえば、ナイトはフルアラでダボイ向かって祭りだったなぁ)

f:id:Loxley:20160920021531j:plain

高速移動するゴブリンを始末しつつ獣使いクエストのイベントを見ます。心温まるいい話なのですが、 

f:id:Loxley:20160920021538j:plain

イベントムービーが終わったら阿鼻叫喚の地獄絵図。必死に戦います。

 

デルクフの塔にもちょっとだけ行ってきました

せっかくクフィムまで来たのでデルクフの塔前のワープを開通させてきました。デルクフの塔の中にもワープないかなーと地図もないのにちょっとだけ覗いてみたら、

f:id:Loxley:20160920021544j:plain

拡張パッケージ「プロマシアの呪縛」が始まりました。なんだろう、この開始からして陰鬱感が漂うというか。

説明しよう!「プロマシアの呪縛」とは!

当時、拡張パッケージ「ジラートの幻影」を発売したFF11はアクティブユーザー数で絶頂期を迎えていました。気を良くしたスクウェア社(プロマシアの呪縛が発売された頃にはエニックスと合併していました)は満を持して新拡張パッケージ「プロマシアの呪縛」を発売します。しかしこの拡張パッケージの内容にはライト層がついていけず、多数の解約者を出すことになりました。(当時所属していたLSでも解約者が出たなぁ・・・)

プロミヴォンとか特に酷くて週末にフルアライアンスで徹夜しかけたっけ・・・。

「簡単にクリアされたら悔しいじゃないですかw」

この言葉をゲーム誌で言い放ったディレクターは今ではFF14のコアメンバーになっています。

↓FF14新生エオルゼアは3周年だそうです。

loxley-note.hatenablog.jp

f:id:Loxley:20160920021619j:plain

プロマシアミッションのストーリー自体はとても良く、FF11のオープニングムービーに登場したタブナジアを舞台にしていてコアなファン層には人気があったと思います。通称「海」と呼ばれていたアル・タユも非常に美しい景色であったことを憶えています。

難易度の高かった「プロマシアの呪縛」も今ではレベル制限を撤廃し、フェイスを使ってソロでクリアできるようになったそうです。そのため、長らく休止していた人達も戻ってきているとネットの情報で見かけました。

 

Odinのサーバー人口調査

2016年9月18日22時1分のサーバー人口は1455人でした。人はけっこういますね。全域shoutも1分間に何回かありました。日本語でのパーティ募集が活発です。コンテンツやジョブポの募集が特に多いですね。

募集shoutを見ていると黒魔道士と風水士がやたらと人気のようですが、復帰者にはよくわからんです。(=ω=)

 

「THE STAR ONIONS FINAL FANTASY XI -Music from the Other Side of Vana’diel」新品注文しました

「THE STAR ONIONS」CDの新品未開封の在庫があったので注文しました。

THE STAR ONIONS FINAL FANTASY XI -Music from the Other Side of Vana’diel

THE STAR ONIONS FINAL FANTASY XI -Music from the Other Side of Vana’diel

  • アーティスト: THE STAR ONIONS,Aundrea Hopkins,Micheal-Christpher Koji Fox
  • 出版社/メーカー: スクウェア・エニックス
  • 発売日: 2005/08/24
  • メディア: CD
  • クリック: 5回
  • この商品を含むブログ (9件) を見る
 

先日購入した「The NaNaa Mihgo's: Stolen Hearts, Final Fantasy XI 」とは異なる楽曲も収録されているので楽しみです。(*´∀`) 

 

以上、FF11復帰者のプレイ日記、というか回顧録でした。 



調べるブログ(サブブログ) / ゲーム用周辺機器を探す(Amazon) / エフエフアンテナ / FF14アンテナ / FF11ブログアンテナ / TOPに戻る

  • このページでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。
  • 当ブログ記事の2ch系まとめサイトへの無断転載を禁じます。
  • 投稿した記事内容は私的なものであり、所属する組織・団体に関連性はありません。
  • Loxley-Noteは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

(C)LOXLEY-NOTE