Gamer Blog [Loxley-Note]

ゲーム・自作PC・動画などの記事を中心としたサブカルチャーブログです。たぶん。

2万円台のミドルレンジビデオカード選び(GeForce/Radeon)

Sponsored

Battlefield1プレイ目的で先日「GeForce GTX1060」を購入しました。他にも実際に幾つかのタイトルをプレイし、その性能には大変満足しています。

loxley-note.hatenablog.jp

最新環境でなければGPU本来の性能が発揮できない

しかし、Sandy-Bridge世代のCPU(Core i5 2500K)を使用している私の環境ではミドルレンジ帯のGTX1060でさえCPUがボトルネックとなるようです。

loxley-note.hatenablog.jp

ではCPUやマザーボードに旧世代の製品を使用している場合、どの程度のビデオカードであればボトルネックにならずに性能を発揮できるのでしょうか。

GTX1060以下の性能のビデオカードとなると概ね3万円を切るモデルが主流です。

GeForce GTX1060 3GB、Radeon RX470あたりが候補になりそうですね。

2万円~3万円という価格帯の製品は、SteamなどのPCゲームにおいてハイエンドクラスまでは必要としないものの、ミドルレンジクラスで設定を変えてそこそこ快適にプレイしたいという選択になると思います。(わりと現実的な選択かと)

GeForce GTX1060 3GB登場

3万円以下のミドルレンジ帯でゲーム目的というと先日発売されたばかりのGTX1060 3GBが注目の品、となるのですが・・・。  

ZOTAC GeForce GTX 1060 3GB Mini グラフィックスボード VD6137 ZTGTX1060-3GD5Mini01

ZOTAC GeForce GTX 1060 3GB Mini グラフィックスボード VD6137 ZTGTX1060-3GD5Mini01

 
MSI GEFORCE GTX 1060 GAMING X 3G (GTX1060 3GB) [並行輸入品]

MSI GEFORCE GTX 1060 GAMING X 3G (GTX1060 3GB) [並行輸入品]

 
玄人志向 ビデオカードGEFORCE GTX 1060搭載 GF-GTX1060-3GB/OC/DF

玄人志向 ビデオカードGEFORCE GTX 1060搭載 GF-GTX1060-3GB/OC/DF

 

  

GTX1060 3GBモデルと6GBモデルの差異

GTX1060の3GBモデル、6GBの差はVRAMだけではありません。演算ユニットが減らされています。

 3GBモデル6GBモデル
シェーダプロセッサ数 1152 1280
演算ユニット数 9基 10基 
テクスチャユニット数 72基 80基 
VRAM 3GB 6GB 

演算ユニットが減らされている分性能は劣ることになりますが、旧世代のCPUを使用している場合、GTX1060 6GBを購入してもオーバースペックとなってしまうため、だったら安いGTX1060 3GBを購入するのもありだと思います。ただし3GB、6GB両モデルともSLIには対応していないので後からビデオカードを追加して性能アップすることはできません。 

また、VRAM3GBは大作タイトルやMODを入れて楽しむタイプのゲームの場合、若干容量不足となる懸念が拭えません。また、VRタイトルの推奨モデルはGTX970以上となっています。

RADEON RX470が人気

上記の問題を解決できそうなのが、AMD製GPUを搭載したRadeon RX470(VRAM 4GB)です。

loxley-note.hatenablog.jp

元々、上位モデルのRX480の発売が期待されていたのですが、オリファンモデルの発売が遅れに遅れ、先にオリファンモデルが発売されたのは後から発表されたRX470となってしまいました。しかしこのRX470が大ヒット。RX480リファレンスから性能の落ち込みが少ない割に安いので(2万円半ばが多い)一躍人気モデルとなりました。

loxley-note.hatenablog.jp

Radeon RX470オリファンモデル
PowerColor ビデオカード AMD RADEON RX470搭載 AXRX 470 4GBD5-3DH/OC

PowerColor ビデオカード AMD RADEON RX470搭載 AXRX 470 4GBD5-3DH/OC

 
玄人志向 ビデオカードAMD RADEON RX470搭載 RD-RX470-E4GB

玄人志向 ビデオカードAMD RADEON RX470搭載 RD-RX470-E4GB

 

旧世代CPUを利用したマシン構成の場合、2万円半ばのミドルレンジビデオカードを購入したほうがボトルネックがない分、お得かもしれません。GTX1070クラスのハイエンドビデオカードを購入しても確実にCPUがボトルネックとなってしまいます。 

FinalFantasy XIV や Tree of Savior をFull HD環境で遊ぶ場合、それほど高スペックは要求されないので上記のミドルレンジビデオカードから選択していいと思います。

Battlefield1(OBT)もGTX1060 6GBで快適にプレイできました。

バトルフィールド 1  [オンラインコード]

バトルフィールド 1 [オンラインコード]

 

 

4K環境でのプレイには

4K環境で遊びたい場合はマシン構成から見直しになりますね。GTX1080クラスでも1枚だと60fpsを出すのは困難だと思うのでSLIが必須になると思います。 

そうなると二枚構成で効率のよいCFXが使えるRX480が活躍します。なるほど、NVIDIAもAMDも製品構成をよく考えていますね。

Intel CPU Core i7-6700K 4GHz 8Mキャッシュ 4コア/8スレッド LGA1151 BX80662I76700K

Intel CPU Core i7-6700K 4GHz 8Mキャッシュ 4コア/8スレッド LGA1151 BX80662I76700K

 
ASUSTeK Intel Z170搭載 ゲーミングマザーボード LGA1151対応 Z170-PRO GAMING 【ATX】
 

次にビデオカードを買い換えるときにはCPU、マザーボードから買い直しになりそうです。登場時から活躍してきたCore i5 2500Kもさすがに足回りが古く、新世代GPUのボトルネックとなってきました。

DirectX12を考慮すると

私が買い換えるときにはWindows10のシェアが増えているでしょうし、DirectX12対応タイトルも増えていることでしょう。となるとDirecX12環境で性能が向上するRadeonが有利かな。

loxley-note.hatenablog.jp

関連リンク

「GeForce GTX 1060 3GB」レビュー。199ドルの「RX 470キラー」が持つポテンシャルに迫る - 4Gamer.net

 


調べるブログ(サブブログ) / YouTube Loxley Channel / エフエフアンテナ / FF14アンテナ / FF11ブログアンテナ / TOPに戻る

  • このページでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。
  • 当ブログ記事の2ch系まとめサイトへの無断転載を禁じます。
  • 投稿した記事内容は私的なものであり、所属する組織・団体に関連性はありません。
  • Loxley-Noteは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。