Gamer Blog [Loxley-Note]

ゲーム・自作PC・動画などの記事を中心としたサブカルチャーブログです。たぶん。

『Tree of Savior(ToS)』OBTプレイ6日目、50IDに通うもののフィジカルリンクがよくわからない件

Sponsored

PC用オンラインゲーム「Tree of Savior」オープンベータテスト6日目のプレイ日記です。

本日は午前中から昼過ぎまでメンテナンスが行われ、IDとサーバープロセスの最適化が行われたようです。 

【完了】8月29日 臨時メンテナンスのお知らせ - メンテナンス|Tree of Savior

プレイヤーから、ID突入時に落ちてしまいデイリーの突入回数が消費されてしまうと問題報告が行われたようでその対処を行ったようです。 

帰宅してログイン待ちの列に並びます。(200人くらいの時に所用で待機放置してました)  

あと二人のはずがけっこう待たされましたね。 

本日から公式サイトで待機人数も表示されるようになりました。

が、何か意味があるんだろうか。待機人数なんか表示させて・・・。

いまいちなんだかずれてる気がする運営です。

レベル90手前まで50IDに通ったほうがお得らしい

昼間、ネットでToS関連の情報を探っていると、レベル40差までは経験値が入るようで、(経験値ペナルティこそあるものの)だったら50ID突入したほうがお得だね、ということでパーティ自動検索で遊んできました。

f:id:Loxley:20160829234049j:plain

さすがにレベル50~60の時ほどはうまくはないようですが。 

パーティ自動検索だとヒーラーさんがいないときもあってちょっと怖い。自分でヒーラーやろうかな・・・。

フィジカルリンクがよくわからない件

リンカー(C1)に転職したのでダメージ軽減のためにフィジカルリンクを使ってみましたが、どうも動作がおかしい?リンク数が増えればその分ダメージが軽減されると思っていたんですが、戦闘不能者続出です。あわわ。(´;ω;`)

どうやらフィジカルリンクは使わないほうがいいみたいですね。なんのためにあるスキルなのかよくわからないです・・・。 

ID突入上限に達する

f:id:Loxley:20160829233908j:plain

周回しすぎて突入上限に達してしまいました。レベル90手前まで毎日コツコツ通うことにします。

ちなみにトークンを使用していると突入回数上限が+1されるようです。

クバイラスの森のメインクエスト・サブクエストをこなす

敵の取り合いがきっついクバイラスの森のクエストを終えると女神ライマの啓示を受け取ることができました。しかしフィールドでの取り合いがきついですね。クバイラスの森ではジョイントペナルティ→ハングマンズノットを使った直後にパイロマンサーの横入り魔法攻撃が飛んで来るという・・・。(´・ω・`)

f:id:Loxley:20160829234348j:plain

啓示を受け、新しいエリアへ行くことになりました。 これから王陵というエリアに向かうようです。歩いて行くには距離があるそうで女神様が飛ばしてくれるそうです。

f:id:Loxley:20160829234355j:plain

飛んだ先は大王の関門でした。たしかにMAPではこれまでのエリアから随分離れていますね。

ネットで調べた情報では、王陵はレベル90まで上げるために通うことになるそうです。

お使いクエストが続くが

Tree of Saviorはストーリーに沿ってお使いクエストが続きます。単調なサブクエストが多いんですが、世界観を確認しながら進めているので今のところ飽きてはいないですね。ゲームの外面だけ見ているとまるでSFC時代のスクエニのゲームのようです。どこか懐かしさを感じるところも人気なのでしょうね。

(IMC Games ROAR氏のイラストより) 

以上、Tree of Savior日本語版オープンベータテストのプレイ日記でした。

 


調べるブログ(サブブログ) / YouTube Loxley Channel / エフエフアンテナ / FF14アンテナ / FF11ブログアンテナ / TOPに戻る

  • このページでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。
  • 当ブログ記事の2ch系まとめサイトへの無断転載を禁じます。
  • 投稿した記事内容は私的なものであり、所属する組織・団体に関連性はありません。
  • Loxley-Noteは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。