Gamer Blog [Loxley-Note]

スクエニ・任天堂のゲームを中心としたサブカルチャーブログです。たぶん。最近はFF14の記事中心です。

『Tree of Savior(ToS)』アルケミストへの転職を目指していろいろ試したこと

Tree of Saviorオープンベータテストでは、1stキャラをR6でアルケミストに転職させようとあらかじめビルドを決めておきました。

loxley-note.hatenablog.jp

クラスシミュレーター - ゲームガイド|Tree of Savior

f:id:Loxley:20160829154141j:plain

が、いくつか情報を追い切れず無駄なシルバーとスキルポイントを使ってしまったので備忘録としてメモを残しておきます。

アルケミスト転職までのクラス選択

R6で転職可能なアルケミストまでは
ウィザードC1→ウィザードC2→リンカーC1→ウィザードC3→リンカーC2
と転職していこうと考えていました。今はリンカーC1に転職したところです。

私は韓国版も国際版もプレイしていなかったので、いろいろと試しつつ育てているのですが、やはり予想と違うこともけっこうありました。

エナジーボルトは特定条件下で撃つとじつは強い

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/L/Loxley/20160826/20160826115826.jpg

パイロマンサーやクリオマンサー、エレメンタリストに進む人には不人気のエナジーボルトですが、ウィザード・リンカーを経てアルケミストに進む人には手数を増やせる貴重な攻撃手段です。

パイロマンサーのファイアーボールと比べると素のダメージで劣るのでいらない子扱いのエナジーボルトですが、じつはエナジーボルトにはダメージを増強できる手段があります。

スリープ時にエナジーボルトを当てるとダメージが増加する特性があり、これを強化していくとなかなか強いんです。さらにリンカーのジョイントペナルティと合わせるとこれが複数の敵にダメージが乗るのでSP消費を考慮すると抜群のコストパフォーマンスを発揮します。

また、ウィザードC3まで育てるとクイックキャストが使えるので特性を上げるごとに特性レベルx10%のダメージ上昇の恩恵をうけることができます。

このように弱いとされていたエナジーボルトですが、じつはC3前提で調整されていたわけなんですよね。

リンカーのジョイントペナルティはソロでもパーティでも強力

R3で転職可能になったので早速リンカーに転職したわけですが、ジョイントペナルティを使いこなせると本当に強いです。(ビックリ)

パーティでは敵集団との戦闘開始時に、ジョイントペナルティでリンクさせた敵をハングマンズノットで近くに集めると殲滅速度が上がりますし、ソロでも複数の敵にダメージを与えやすくなり非常に便利な支援魔法です。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/L/Loxley/20160828/20160828191519.jpg

C2になるとジョイントペナルティでリンクできる敵の数と効果時間を増やせますし、C2までは取っておきたいですね。

アースクエイクは弱い上にパーティでは邪魔になる

序盤のソロプレイでは優秀な攻撃手段だったアースクエイクですが、レベルが上がってくるとあまり強くない上に、パーティでアースクエイクを撃つと敵を打ち上げてしまうので非常に邪魔になります。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/L/Loxley/20160829/20160829011515.jpg

アースクエイクはスキルリセットができるようになったら「1」に振り直そうと思います。

ウィザードC3になるのは大変だけどその分強い

ウィザードC3のクエストは大変ですが、C3になると「マジックミサイル」、「クイックキャスト」が使えて一気に強くなります。単体でも強いマジックミサイルですが、「ジョイントペナルティ」と併用すると一気に殲滅速度が上がります。

f:id:Loxley:20160831104933j:plain

C3で強くなるとはいってもスキルの強化は必要です。シルバーを多く使うことになるのでHP回復・SP回復ポーションは節約していました。

loxley-note.hatenablog.jp

また、他職の誘惑もありました。パイロマンサーやクリオマンサーといったウィザード系の他のクラスもかっこいいですよね。でも転職を我慢してウィザードC3、リンカーC2からのアルケミスト転職を目指しました。ゲームの作り的にあれもこれもと手を出し始めると微妙なキャラクターになってしまいそうだったんですよね。

ステータスはCON:INT=1:3

魔法攻撃職なのでINT(知能)に多めに振っていますが、比率で言うと1/3をCON(体力)に振っています。

IDに行く時に必ずしもヒーラーがいるわけではないので、ある程度HPはあったほうがいいんですよね。

クラス特性はプレートを取るべきだった

魔法使いということで特性は「クロース」を取っていたんですが、「プレート」を取ったほうがよかったですね。プレート装備だとHPと物理防御力を増やせますし、IDに行くレベルになったら敵に囲まれた時のために装備しておきたいところです。

50ID付近だとまだ「スワッシュバックリング」を使える「ペルタスト」はなかなかいないんですよね。敵に囲まれて殴られて戦闘不能になることもありました。

魔法使いがプレート系を装備すると違和感がありますが、このゲームは外見に影響するのはコスチュームくらいですし、有効なステータスが上がることを優先したほうがいいですね。

ルーンキャスター(IMC Games MAGGIさんのイラストより) 

R8でアルケミストC3に期待

まだ未実装ですがR8ではアルケミストC3にスキルが追加されるそうです。

f:id:Loxley:20160901133327j:plain

なんでもホムンクルスが利用可能になり、スキルを設定できるとか。ホムンクルスは10日間連れ回すことができるようです。

マジックミサイルをホムンクルスが使うことができるようになるとかなり火力が向上する気がします。

クラフト専門で育てるつもりだったアルケミストですが、今後もいろんな楽しみ方がありそうですね。

 

以上、ToS アルケミストのビルドメモでした。

 

ToS関連の記事は以下のページにまとめています。

loxley-note.hatenablog.jp


調べるブログ(サブブログ) / エフエフアンテナ / FF14アンテナ / FF11ブログアンテナ / TOPに戻る

  • このページでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。
  • 当ブログ記事の2ch系まとめサイトへの無断転載を禁じます。
  • 投稿した記事内容は私的なものであり、所属する組織・団体に関連性はありません。
  • Loxley-Noteは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

(C)LOXLEY-NOTE