Gamer Blog [Loxley-Note]

ゲーム・自作PC・動画などの記事を中心としたサブカルチャーブログです。たぶん。

AMDがミドルレンジGPU「RADEON RX480」を発表、噂のPolarisアーキテクチャを採用

Sponsored

AMDがPolarisアーキテクチャを採用した新GPU「RX480」をComputex2016 Taipeiで発表しました。

北米での想定価格は$199、ミドルレンジのビデオカードになります。

 出荷開始は6月29日のようです。

RX480はミドルレンジのGPUでありながらVRスターターを謳う

f:id:Loxley:20160601213840j:plain

RX480はこれまでハイエンドのビデオカードを必要としていたVRゲームにも対応しています。VRというとハードウェアの要求スペックが高く、ユーザー数の伸びについて懸念される意見も多かったですよね。また、一時的に過熱しているだけではないかとも。Computex2016のRadeonセクションではAMD社のRaja氏がまさにこのVR普及に向けた発言をしていました。

今後のAMDのPCゲーミングの戦略は明確だ。今後のGPUのコードネームは恒星名となる。Polarisは北極星を意味し、今後の戦略を示す重要な役割を担う。まずは2億5,000万人いると言われるゲームコンソールのゲーマーをPCゲーマーに変える。そして最高で幅広いコンテンツをできるだけ早くPCゲーマーに届ける。さらに、真のVR体験を最初の1億人に届ける。この中で最大の挑戦になるのが、真のVRを1億人に届けることだ。

私もPCゲーマーですからVRには期待はしていたのですが、必要なハードウェアがとにかく高価なことに疑念を持っていました。

しかしRX480のような安価に設定されたビデオカードが登場すればVRの飛躍的な普及も期待できます。

また、最近のゲームではGTX970以上を必要とするタイトルも多くなってきたので、$199のRX480は多くのSteamゲーマーに歓迎されそうです。

RX480CFXでGeForce GTX1080を超える

4Gamer誌の記事では以下の記載もありました。

DirectX 12対応ゲームの「Ashes of the Singularity」で比較した場合,NVIDIAの「GeForce GTX 1080」が58.7fpsであるときに,Radeon RX480搭載カード2枚を使ったCrossFire構成では,62.5fpsを実現可能とのこと。

CFXはフルスクリーンでのみ有効であり、SLIと比べると使い勝手が悪いのでシングルカードでの運用がお勧めではありますが、システムのアップグレードパスが用意されているのはいいことですね。

私はSapphire製のオリファンモデルが出るまで待とうと思います。

じつは所有しているR9 280、R9 380もSapphire製なんです。

Sapphireは日本ではあんまり知られていませんが、Radeonビデオカードではトップシェアを誇り、ハードウェアの品質も非常に良いです。

ちなみに、6月にはGTX1070が発売されます。

GTX1080は一番安いものでも9万円を超えています。 

玄人志向 ビデオカードGEFORCE GTX 1080搭載 GF-GTX1080-E8GB/BLF

玄人志向 ビデオカードGEFORCE GTX 1080搭載 GF-GTX1080-E8GB/BLF

 

今後はハイエンド・演算処理向けのGeForce、 メインストリーム向けのRadeonになっていくのかな。

ここ数年のGeForceのミドルレンジビデオカードの出来はあまりよくなく、アッパーミドルのGTX970は3.5GB問題で熱心なユーザーからクレームが発生し、メインストリーム向けのGTX960はメモリIFの帯域幅をケチって残念なことになっていました。

このようなある意味NVIDIAに裏切られたユーザーがミドルレンジビデオカードの新たなデファクトスタンダートとなりうるRX480に期待するのは無理からぬことと言えます。

 

Twitterでもトレンド入り

$199のRX480x2のCFXでGeForce GTX1080を超える性能を発揮するというニュースが流れたため、一時Twitterでもトレンド入りしました。おそらくSteamゲーマーが敏感に反応したようです。

ミドルレンジの注目カードがGeForceに先駆けて発表されましたが、AMDはメインストリーム系で一気にシェアを拡大する意図があるようですね。

Radeonの逆襲に期待します。

NVIDIAとAMDが正常な競合関係に戻ってくれると、価格面でも競うことになるのでユーザーにもメリットがあるわけです。

個人的にはRSCEになってドライバの更新間隔も短くなり、人気タイトルはすぐに対応してくれるのでRadeonはお勧めですね。価格も安めだし。GTX600世代からGTX900世代まで負け続けた暗黒時代は過ぎ去ったように思います。

追記:2016年6月29日「RX 480解禁」

深夜発売が行われ、レビューも解禁されたようです。

性能的にはR9 390と競っていますね。ライバルは前世代のGTX970あたり?DirecX12環境では前世代のハイエンドに迫る性能のようです。しかもまだドライバは正式版ではない様子。

気になる価格ですが、最初はいつものご祝儀価格で高いものだと3万円後半のようです。 

GIGABYTE ビデオカード AMD RADEON RX480搭載 GV-RX480D5-8GD-B

GIGABYTE ビデオカード AMD RADEON RX480搭載 GV-RX480D5-8GD-B

 

玄人志向あたりだと3万円前半ですかね。(玄人志向は付属品をいろいろ削っているのとサポートコストを抑えているので少し価格が安いです)  

玄人志向 ビデオカード AMD RADEON RX480搭載 RD-RX480-E8GB

玄人志向 ビデオカード AMD RADEON RX480搭載 RD-RX480-E8GB

 

7月にはオリファンモデルも発売されるでしょうし、価格が下がるのを待とうかと思います。

関連リンク

【速報】[COMPUTEX]AMD,新型GPU「Radeon RX480」を発表。想定売価は199ドル - 4Gamer.net

【イベントレポート】PCでのVR体験を1億人に届けるための「Radeon RX 480」 - PC Watch

 


調べるブログ(サブブログ) / YouTube Loxley Channel / エフエフアンテナ / FF14アンテナ / FF11ブログアンテナ / TOPに戻る

  • このページでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。
  • 当ブログ記事の2ch系まとめサイトへの無断転載を禁じます。
  • 投稿した記事内容は私的なものであり、所属する組織・団体に関連性はありません。
  • Loxley-Noteは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。